授業をする、自分で考える、そんな塾では限界がある、質問が時間内に収まらない。そんな受験生たちを応援したい!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

こんにちは。大学在学中の女子大生です。

大学受験が終わり、自分の受験や、今までの学習法から、こんな塾かあったらいい、もっとこうしたらみんな勉強が好きになるのに、ってずっと思っていたことを実現したいと思い、始めました。


今までの私自身の通った塾は、全部で6つで、そのシステムも把握しています。


このプロジェクトで実現したいこと

私の考えている塾は、個別指導とも違う、集団の塾とも違う、今までにない方針の塾です。塾と呼べないくらい違うかもしれません。

まず、授業はしない。

ただ、授業のない塾は沢山ありますよね。個別指導などのように。

私が考えているのは、ただスペースを解放するだけ。でも、そんなシステムを取っているところも、ある。

スペースを解放しつつ、質問を受け付けて、生徒や保護者からの要望によって授業という形で時間を決めて(予約制)わからない部分のみ一緒に考えて、ヒントを与えます。

ここまでだったら、まだ、他のところもやってるんじゃないかって思う人もいるかもしれません。

もう1つ追加で考えていることがあります。それは、塾長(施設が増えてきたら施設長)が5科目できること。これになんのメリットがあるかというと、生徒1人から頂く費用を抑えられるということ。

それは、普通のパターンだと、質問を受け付けるために、現役大学生や、既卒の方など、アルバイトや講師を雇いますよね。

その方たちに払う費用は生徒さん達から頂いた費用になります。

だから、塾長自信が質問を受け付けることにより、その部分の費用を抑えられるので生徒1人の負担は減るので家庭の負担を減らすことができます。

生徒が増えてきて、塾長1人で対応できなくなった場合はもちろん、アルバイト等を募集しますが、生徒が増えている分、生徒1人あたりの費用は変わらずアルバイトを増やすことができます。

そして、この塾には決まった教材がなく、私自身が使ってよかったもの、塾長、アルバイト、生徒さん、などの意見から1番いい教材をおすすめし、もちろん自分の教材でも対応出来るようにしたいと思っています。

中学受験や、小学校受験などの塾では、似たようなシステムを取っているところもあるような気がしますが、浪人生、大学受験を応援している塾は少ないと思います。


大学受験は特に、自分の将来について考える大事な時期です。だから、勉強だけしていても、将来やりたいことに繋がらなければ、入学したところでそのままになってしまう人も多いと思います。だからこそ、このプロジェクトの中で、私自身や周りの塾関係者から、こんな資格もあるよ、こんな仕事もあるよ、どんな仕事に就きたい?など、語り合う時間も取れるスペースを置きたいと、考えています。



資金の使い道

広告宣伝費

スペース確保のための費用を生徒が確定したタイミング(2020.5より)

→スペースは東京都内の貸しスペース(マンション等のひと部屋など)を借り、始める。


実際に始めるにあたっての、教材費・机などの費用

→スペースを確保し、生徒数が決まったら購入。


リターンについて

このプロジェクトの利益に応じてお礼をお渡ししたいと考えています。

また、今後、このプロジェクトに関わることがあった場合に、割引なども考えています。


活動実績

いまはまだ、周りの人へのアンケートにより、こんな塾があったら良かったという声を集めている段階で、次のステップに進むための資金を集めています。



実施スケジュール

まず、より具体的にこんな塾にしたいというものをまとめ、広告・宣伝をし、生徒さんを募集します。


まずは、小さなスペースから始め、そこからスタートしたいと考えています


広告宣伝費として、ブログ開設、Twitter、Instagramなどの広告に載せるためにかかるもの。

椅子、机などの費用については、生徒さんの人数によるので、このプロジェクトにより生徒さんを集めてから再投稿にしたいと考えています。



最後に

これから、日本もどんどん外国の方が来て、グローバルになっていく時代。

日本人は自分の国の歴史を語ることがほとんど出来ません。全世界に誇れる大人に育って欲しい。

そんな私の夢をぜひ応援してください!

  • 2019/09/07 22:40

    はてなブログにて、資金が集まっていないので無料の投稿しかできませんが、紹介しました。これからも、少しずつ紹介していきます!URLが使えない場合は、nanase's blogとネットで検索してみてください!https://nanase-blog.hatenablog.jp/entry/2019/...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください