私は去年強直性脊椎炎と言う難病指定の病の診断を受けました。日に日に歩けなくなっていき杖でも歩き辛く一人では外に出掛けることが難しくなりました。また外に出たい、一人でも出来ることがしたい。だけど今の生活では一生かけても無理だと思い作りました。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

初めまして。

ゆかと申します。

去年難病の強直性脊椎炎と診断を受けました。日に日に痛みで動けなくなり外にも一人では出れない、でも一人で外に出たい、また出掛けたいと思いました。そこで車椅子が買えたならと思うようになりました。ですが今の収入ではどうすることもできない。

そして買うにあたり私の病状では電動車椅子が必要です。どうか購入にご支援お願い致します。

このプロジェクトで実現したいこと

車椅子の購入、一人でまた外に出たい。

社会復帰目指して出来ることから始める事(ハローワークに行く・治療を少しでもするために病院に一人で通院する)

4月にある親友の結婚式に出る事。

プロジェクトをやろうと思った理由

私は去年、突然強直性脊椎炎と言う難病指定の病になりました。この病気にはまだ完全な治療薬はありません。

強直性脊椎炎について

http://www.nanbyou.or.jp/entry/4847

去年はまだ歩けていたのですが、日に日に痛みで動けなくなり、直ぐに疲れてしまい近くのコンビニすら一人で行くのが難しくなりました。熱が出たり全身の関節が痛くなり、首、背中、腰等も痛く一人で支えるのも難しくなりました。

一人で外に出たい、また出来ることがしたいと思いました。

ですが、私の家庭は母子家庭でまだ学生の妹もいます。

私も障害者年金で過ごしてます。

働きたい思いはあるのですが体が思うように動きません。

筋力も体力も落ちた今電動車椅子に頼るしかなくなってしまいました。

家は田舎で、砂利道や坂道がありなかなか電動車椅子では暮らせないと思っていました。ですが、今現在の車椅子技術も進んでおり対応できる車椅子があることを知りました。

障害者手帳もありますが、助成金もいくら出るかわかりません。むしろ出るかもまだわかりません。障害者手帳はまだ動けていた時に申請をしてしまったため等級は低いです。再申請も視野に入れてます。それでも助成金が全額免除になるかはわかりません。

ならなかった時に払える余裕すら家庭にはありません。勿論私にもありません。車椅子なんて買えないし、もう当分こんな生活が続くんだと諦めていました。

ですが、そんな時きっかけになったのが4月に親友の結婚式が沖縄で行うので招待されました。私はどうしてもこの式に出たいです。そして一人で外にまた出掛けたい。母の負担家族の負担を少しでも減らしたい。そのあとも社会復帰目指して治療していきたいと思いこのサイトに載せさせて頂きました。

これまでの活動

はじめは、内職や口コミなどの副業バイトをやってみたりもしたのですが、収入は微々たるもので私の考えは甘かったです。他にも副業バイトをしたのですが100円~300円にしかならず、副業のサイトを装った詐欺にもあってしまいました。

そして最も辛く思い、世間を知らなかったと思わされたのが金融機関、福祉機関でお金を借りようと思ったときです。

年金は収入が不安定で私は無職扱いになります。どこも貸してはくれませんでした。

資金の使い道

集まった資金は車椅子を買うお金に当てさせて頂きます。

リターンについて

・お礼のお手紙

・お礼のメール

・車椅子に乗ってまたはどれを購入させて頂いたか動画に上げさせて頂きます

・4月の親友の結婚式で行く沖縄での写真と現地での絵はがき、お礼のお手紙

実施スケジュール

○9月までに資金を集める

○それに見合う車椅子を買う・決める

○4月に親友の結婚式に車椅子で出る

最後に

ここまで読んでいただきありがとうございます。

どうか少しでも構いません。お力を貸してください!お願いします!



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください