今年5月に収穫した最高級の希少な狭山茶《狭山の星》現在品評会に備えて、丁寧に加工しております。令和元年に収穫したフルパワーのお茶を是非ご堪能下さい。

プロジェクト本文

『はじめに・ご挨拶』

日本茶を飲んで、美味しすぎて驚いたことってありますか?


薄い色合いのお茶から、想像を遥かに超える味わいが口に広がります。

一気に広がる旨味。

鼻を抜ける甘い香り。

私は衝撃を受けました。


この驚きと衝撃を皆様にも味わっていただきたい。

その為にこの企画を立ち上げました。


もう一つの理由

お茶屋から今の日本のお茶の現状を聞きました。


また農家が辞めたんだ。

また茶畑が畑を辞めた。

日本茶が売れないと嘆いている茶畑農家


現在減り続ける茶畑は、日本の伝統と文化がたくさん詰まっています。

そんな農家さんへの手伝いにもなればとこの企画を立ち上げました。


お茶で衝撃を味わってみませんか?

お茶への世界観が変わるかもしれませんよ。

私と飲ませた友達たちは、みんなお茶への認識が変わりました。


もしよろしければ、お茶畑の農家さんに素晴らしいものを作っているという客観的証明と、茶屋が本気で作る希少なお茶をぜひ味わってみてください。


希少なお茶の為、数量に限りがございます。

上限を超えて用意することが出来ませんのでご了承ください。

仕入れてすぐに、パックしてご郵送いたします。


『狭山の星について』

狭山茶は日本三大茶(静岡・宇治・狭山)の一つです。

通常、日本茶は年に3回摘めます。

狭山茶は年二回しか摘めません。


その中でも「狭山の星」は特別なお茶です。

年にたった一回しか収穫出来ない、本当に希少なお茶です。

限られたお茶農家の人が、育成環境などにこだわり総理大臣賞を受賞する為に日本一美味しいお茶を作るという情熱とプライドのもとに、味のみを追求して作られています。

日本の煎茶の0.1%程度しかない希少なお茶なのです。

最高級のお茶の樹を育てる

そのほんの一部から摘み取る究極のお茶

(普通の茶畑)

(最高級茶畑)


収穫方法は、贅沢な一芽ニ葉摘み

(一芽ニ葉)

この1回の収穫の為に茶樹を手間暇と情熱をかけて1年かけて育てているお茶になります。


是非一度、究極のお茶を試してください。


『最高級のお茶が知られない理由』

茶畑の関係者と仕事でお付き合いをした時に飲ませてもらったお茶が衝撃的に美味しかった。

これが本当にお茶なのか。

私の知っているお茶の味とは全く違うのですけれど、これはなんのお茶ですか?


これは大会に出すために作ったお茶なんだ。だから市販しているものではないんだ。


売ってない??

何故ですか?


このお茶は、日本最高級のお茶を決める大会に出すために作られた、お茶屋の技術と手間の結晶のようなお茶なんだ。

最高級のお茶を私達は作っているのだけど、値段が高過ぎて売れないから通常は市場に出回らないんだ。


では大会の後のお茶は、その後店頭などで販売しないのですか?

そう、急須一杯のお茶が驚くほど高額になってしまうから店頭に並ぶことは滅多にない。


リターンについて』

11月下旬に最高のお茶が手に入ります。

すぐにパックして、ご郵送致します。


『資金の使い道』

丹精に育て加工したお茶を購入して、小分けにパックして皆様にお届け致します。

お茶を美味しく入れる方法も記入しておりますので、お茶を淹れた事がない初めての方でもご安心下さい。


『最後に』

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください