はじめまして。

当社は東京御徒町で時計修理工房を営む(株)クラウドトレーディングです。

我々が時計修理業で培った技術と経験をもとに展開するのが、この【組匠】シリーズです。

【組匠】シリーズは機械式手巻き時計を自分で組み立てるという画期的な商品です。

第1弾と第2弾はご好評のうちにすでに販売済になっていますが、

手巻き時計の仕組み(ムーブメント)にご興味のある方、あるいはいつか機械式時計を

自分で組み上げてみたいと思っていた方などにぜひ新たな体験をしていただきたい

そういう思いから、今回第3弾を製作すべくこのプロジェクトを立ち上げました。


プロダクトのご紹介



【使用するムーブメントについて】

まずはこのプロジェクトで一番重要なムーブメントについてご説明いたします。今回使用するのは毎時18000振動(いわゆる5振動モデル)の高性能手巻きムーブメントです。もともと懐中時計用のムーブメントでして、初心者の方でも組み上げられるサイズ(大きさ)とシンプルさを備えています。また、地板には美しいペルラージュ仕上げが施されています。


【キャリーバッグ】

キャリーバッグには必要なすべての物が収納されています。具体的には、組立に必要な工具類一式、分解されたムーブメント、時計ケース&裏蓋、ダイアル&針一式、ストラップ、組立マニュアル等です。作業スペースさえ確保できれば、このキャリーバッグをもって行ける場所があなたの時計工房になります。


【ダイアルデザイン】

今回第3弾用にご用意したダイアルデザインです。ミッドセンチュリーを意識してちょっと懐かしく、でも古臭くないデザインに仕上げました。


【ドーム型サファイアクリスタル】

今回よりついに、時計表面の風防ガラスにドーム型のサファイアクリスタルを採用することが決定しました。ご存知のようにサファイアクリスタルはダイアモンドに次ぐ硬度があり加工が大変困難な素材のため、今まではフラット(平面)な形状が主でした。実際に我々も組匠1.2にはともにフラット形状のサファイアガラスを採用いたしました。が、ついに契約工場の努力で念願のドーム型に加工することができるようになりました。スイス製の高級時計でもほんの少数モデルでしか味わえないこのサファイアドームをぜひお楽しみください。

【シースルーバックケース】


ご自分で組み上げたムーブメントをいつでもご覧いただけるように裏蓋をシースルー(フラット形状)にし、ガラス素材はもちろんサファイアクリスタルを採用いたします。


【ケース及び裏蓋デザイン】

(参考)組匠1の裏蓋デザイン

時計本体及び裏蓋は今回のプロジェクト用に新たにデザインいたします。使用するムーブメントの径が37mmありますので、時計本体の径(ケース径)は43mm~45mm程になると思われます。昨今は時計が大型化していますので大きく感じることはないと思われます。


【組立マニュアル】

組立マニュアルでは、分かりやすいイラストとともに丁寧に組立手順を説明します。ただし、マニュアルだけではそうしても伝わりにくい部分があります。そのために当社担当技術者が組立を行っている動画をYOUTUBEにて公開いたします。ぜひこの動画を参考にしながら組み立ててください。

以下は、【組匠2】の組立動画の一部です。



【組匠1】製作リポート

当社スタッフ(非時計師)が実際に組立をした際のリポートです。職人ではなくてもこのように組立られました。





こだわり

機械式手巻き時計を自分で組み立てるキット【組匠】シリーズは今までにない特徴を持った商品です。まずは、手巻き時計を自分で組み立てるといった商品は今までありませんでした。理由としては、素人でも組み上げることができるであろうムーブメントの存在、そしてアフターフォローの問題だと思われます。まずは、元々は懐中時計用に開発されたムーブメントを採用することです。サイズ感(大きさ)といい、サンプルさといい正に【組匠】プロジェクトのピッタリのこのムーブメントを採用することで、一気にプロジェクトが実現可能になりました。また、ここで重要なのは我々が時計修理専門会社であることです。機械式時計は組み立てて終わりではなく、その後のメンテナンスがとても重要です。このアフターフォローが完璧にできるということが、安心して組立に取り組める理由でもあります。

もし組立が完了できなくても、当社リペアセンターにお送りいただければ再組立て(オーバーホール)を行います。また、途中でパーツを破損、紛失しても全てのパーツをご用意しておりますのでご安心ください。(有料)


プロダクト誕生までのお話

当社は本来時計修理専門会社です。時計修理の現場での色々な話の中で、機械式時計の中身(ムーブメント
)に興味を持っている方がかなりの数存在することに気づきました。中にはご自身でご自分の時計を分解し、その後どうしようもなくなり我々のところにお持ちいただく方もいらっしゃいました。そこで、機械式時計を自分自身で組み立てられるように組立キットとして商品化してみたら面白いのではないかと思いました。


リターンのご紹介

機械式手巻き時計組立キット【組匠3】1セット

1:必要な工具一式

2:機械式手巻きムーブメント(分解済)

3:時計ケース/ダイアル/針/ストラップ

4:キャリーバッグ

5:製作マニュアル

これは【組匠1】です。【組匠3】もこのようなセットになる予定です。


製品情報・仕様

時計本体:SS製  ストラップ:カーフ製 キャリーバッグ:合成皮革

使用ムーブメント:高性能手巻ムーブメント/パワーリザーブ48時間

生産国:中国

使用ムーブメントは完成品を輸入後、精度規格に合うもののみを当社担当時計師がキット用に分解します。


会社の紹介

我々(株)クラウドトレーディングは2004年より主に時計専門店の時計修理を承る修理センターとして事業をスタートさせました。6年前には上野アメ横商店街内に一般客向けの修理窓口として【クラウドカフェ】をオープンいたしました。

2011年に第1弾である【組匠1】を、2013年には【組匠2】を製造販売しすでに完売しております。


Q&A

Q:本当に組み立てられますか?

A:過去2作品の例ですが、組み立てられずに当社に再組立て(オーバーホール)をご依頼されたケースは約1%、パーツの破損、紛失で再購入のご依頼ケースが8%ほどでした。もちろん作業自体は細かく大変ですが、プラモデル等の組立作業等に自信がある方でしたら組み上げられるのではないかと思われます。


Q:完成後普段使いできますか?

A:もちろんできます。ただし、ご自分で組み上げるという性格上、精度及び防水の保証ができません。ですのでまず水には気をつけていただくのと、完成後の精度に問題があった場合は当社リペアセンターに精度調整(タイミング調整)をご依頼ください。(有料:精度調整3000円税別)


Q:組立中にパーツをなくしてしまったらどうしたらいいですか?

A:ご安心下さい。全てのパーツのご用意があります。すべてのパーツには番号が当てられていますので、その番号を当社リペアセンターにお問い合わせください。(有料:後日パーツ価格表は当社WEBSITEにて公表いたします)


Q:万が一組み立てられなかったらどうしたらいいですか?

A:時計として完成させご使用いただけるようにサポートいたします。当社リペアセンターにお送りください。当社担当時計師が再組立て(オーバーホール)をしてお戻しいたします。(有料:オーバーホール12000円税別)


Q:組立にはどれくらいの時間がかかりますか?

A:過去2作品の例を申しますと、休みの日に少しずつ計数日をかけて完成させたという方が多かったです。ちなみに担当時計師が行えば1時間はかからない作業です。(もちろんプロの技あってのことです。)



本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください