1.保温・保冷機能を持ち合わせた、通勤、ジム通い、自転車での外出、近所へのお出かけ等に大活躍。2.大容量収納でレジャーから日常まで使えるデザインバッグ。取り外し可能なウエストポーチ。3.外側・内側は撥水加工が施され清潔に保ちやすく、自転車に取り付け可能で様々な利用用途に使用可能。

プロジェクト本文

1.保温・保冷機能を持ち合わせた、通勤、ジム通い、自転車での外出、近所へのお出かけ等に大活躍。 
2.大容量収納でレジャーから日常まで使えるデザインバッグ。取り外し可能なウエストポーチ。
 3.外側・内側は撥水加工が施され清潔に保ちやすく、自転車に取り付け可能で様々な利用用途に使用可能。


従来の箱型のクーラーボックスは大きくて重たく、形も角張った四角で、保冷だけの機能しかなく、シーズンが去れば置く場所に困るなどといった存在でした。

そこで、持ち運びに便利で大容量、そして日常でも使いやすい“デザイン+オールインデイパック”として様々なアクティブなライフスタイルのニーズにお応えした『トウリト ズームトレイラー』が誕生しました。

アウトドアはもちろん保温・保冷機能だけでは留まらず、通勤、ジム通い、自転車での外出、近所へのお出かけ等、シーンを選ばないバッグが完成。幅広い用途で普段のお買い物の保冷バッグとしても使用できます。

この度、日本での正規輸入販売代理店をたて、皆様にトウリト ズームトレイラーをお届け致します。
トウリト ズームトレイラーとともに皆様のアクティブライフスタイルが充実することを祈っております。



保冷剤を使用すれば最大で24時間、冷たさをキープします。


350mlの缶を20本収められ、大人数でのレジャー時でも大活躍。スナック、小物を収納できるフロントポケットもあるので、食べ物やそれ以外のものも一緒に持ち運び可能です。

普段の日常使いであれば、15.6インチのノートPCが入り、財布や充電器、家や車のカギもしっかりと分けて収納ができるので、必要なときにすぐに取り出せます。

様々な形や大きさのものが、すっぽりキレイに収まります。


製品のフロント部分は取り外しができ、ウエストポーチとしても活躍。ランニングや近所へのお出かけ時の貴重品入れに最適


ストラップで自転車のフロント部分に取り付けることができ、カゴなしの自転車に乗る際には、肩の負担を軽減してくれるので、自転車でのレジャーでも大活躍。

簡単に装着できて、快適なサイクルを楽しめます。



バッグの底には2本のストラップがあり、ブランケット、衣類、タオル、ヨガマットなどを取り付けられます

別持ちで両手がふさがりがちなヨガマットも、バッグに取り付けられるので移動中も邪魔になりません


外側はもちろんのこと、内側も撥水加工が施されています。内側が汚れた場合は、気にせずに水を入れて洗い流すだけ。いつでもキレイで清潔な環境を保てます


特殊な3本のストラップによって、ストラップ部分がずれ落ちてくることがなく、歩行を楽にしてくれます。装着も簡単で、収納した大切なものも守ってくれて安心。

安定感があり移動中も気になりません。




従来のクーラーボックスのような限定されたシーンでのみの利用だけでなく、ライフスタイルに寄り添った機能追加により、様々なアクティブなライフスタイルのニーズにお応えすることが可能となりました

限定された利用用途から抜け出して、さらに機能的で使いやすさを追求した結果、アウトドア、自転車の外出はもちろん、通勤、ジム通い、お出かけ時にもご使用頂ける製品となっております。




生産国:中国



夜間の安全性に配慮して、GRAYカラーのみリフレクト素材(反射)を使用しております。

日中は、GRAYですが、夜間に車のライトなど強い光を当てるとカモ柄が浮き上がってくる素材となっています。





環境保全の観点でみてもこちらの商品は優れており、TPU(熱可型性ポリウレタン)という素材を使用しているので、プラスティックゴミ軽減という強みを持っています。

年間4500万トン~9000万トンのプラスチックが製造されています。そして毎年、製造されたプラスチックの推定10%が海洋に行き着くと言われています。現実に目を背けず、今こそ環境負荷を減らし、皆様に良質材料を提供するよう努力しております。



FDAとは【アメリカ食品医薬品局】のことで、日本の厚生労働省にあたる公的機関です。 安全・保健・環境・品質などの分野において、私たちは米国FDAの認可を取得しています。Tourit Zoom Trailerは、皆様に最高の品質の商品を提供するために、徹底的な認証プロセスを経て誕生いたしました。






Q. バッグの内部の防水性はどうなっていますか?水を直接入れた場合、もれますか?

A.バッグの内部は断熱・撥水加工されており、水が漏れることはありません。


Q.自転車の前かごに入りますか?

A.標準サイズのカゴであれば縦向きに収納可能です。


Q.使用後のメンテナンスはどのようにすればよいですか?

A.水や汚れに強く耐久性に優れた防水生地ですので、普段は水拭きなどでメンテンナンスをお願いいたします。


Q.ワインボトルは立てて入りますか?

A.750mlのワインボトルであれば10本程度立てて入れることができます。


Q.2Lのペットボトルは立てて入りますか?

A.形状にもよりますが4~5本立てて入れることができます。


Q.商品が届いた段階でバッグに破損やファスナーの故障があった場合、交換できますか?

A.ご到着日より7日間以内の商品は返品交換を承りますのでご安心ください。




Worthfind社は中国で2005年に設立され、14年間、複数のブランドで幅広くバッグ製品をデザイン、製造、販売してきました。現在ではアモイで最大のカバン会社の一つとして認識されています。


デザイン:長くお使いいただけることを前提にデザインしています。

11年以上の経験を持つ社内の設計チームは、アイデアを現実のものにし、機能的かつスタイリッシュな製品を作り上げます。


製品情報:私たちは、私たちの製品をお使いいただくことによって、皆様の旅行や毎日の生活が、より便利でシンプルになるようにと考えています。

毎日の荷物の持ち運びが、より簡単でスタイリッシュになるよう、最もシンプルで機能的な解決方法をご提供します。

旅行オーガナイザー製品ライン(例えば旅行オーガナイザー製品ラインでは、ユーザー様が旅行を最大限に楽しめるように、”旅行パッキングの時間を短縮できる”旅行荷物セットを生産。どこまでもお客様の暮らしをバックアップすることを念頭に、製品の開発に取り組んでいます)常に検討しています。

サンプルワークショップ:多種多様な多機能バックパックや旅行用ガジェットオーガナイザーを作成するために、サンプルワークショップがあります。社内のCAD型紙システムを利用するだけでなく、私たちの縫製スタッフは平均15年の経験を持っています。わが社の縫製は専門知識であり芸術であると信じています。それは質、効率、熟練度、につながっています。

社会監査:世界市場での豊富な経験により、私たちは製品の品質と安全性の重要性を理解し、徹底した生産と品質管理システムを確立しました。

Worthfindは、旅行をよりスマートで簡単にすることに専念しています。私たちの使命は、機能とスタイルを1つのバッグに完璧に組み合わせ、各製品のあらゆる細部にわたって高品質を保証することです。私達はあらゆる製品で、最も簡単で理性的な解決を提供します。ラップトップバッグから、旅行バッグ、カメラバッグ等、すべての製品で、長くお客様のお役に立つために、高品質な製品を提供しています。


プロジェクト実行者:TNT.LLC

「デジタル時代のモノづくり×サービスで革新的な未来を創造」をVisionに掲げています。皆様の抱える様々な課題や悩みに対して優れた商品、サービスをオリジナリティあふれる発想と手法によって提供することで、関わる全ての人達を幸せにしていくことが私達のミッションです。また、私たちは平成30年6月新商品の開発や新たなサービス展開などの取り組みをする経営革新計画承認企業に認定されました。ミッションを達成すべく様々なサービスの提供を行っていきます。

この度、『トウリト ズームトレイラー』の正規輸入販売代理店として、ご支援いただきました皆様にリターンをお届けいたします。

今後ともご支援お願いいたします。


リスク&チャレンジ

【商品の不備による交換対応について】 海外工場生産のため、海上悪天候による船便遅れの影響で、入荷やご不備のある商品の交換がある際、商品をご用意するのにお時間を頂く場合がございます。 使用中の商品の破損に関しましてはTourit Zoom Trailerは消耗品となっているため、お手元に届いてから7日以内の商品に対して、交換ご対応をさせて頂きます。 お手元に届いてからすぐに商品のご確認をし、ご不備や破損があった場合、【info@tnt.co.jp】までお教えください。 7日以上の経った場合、原則として交換対応はできかねますので、予めご了承下さいませ。 

【カラーについて】 掲載製品は可能な限り実物の色味に近づけておりますが、ご利用のモニター等の環境により、色味が異なって見える場合がございます。 予めご了承下さいませ。 

【配送について】 正しい住所記載でない場合や長期不在によるお受け取りができなかった場合、商品が戻ってきてしまう可能性がございます。 再発送にかかる配送料はお客様負担となります。返金対応はできかねますので、ご注文の際、ご住所の確認などをお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください