ゲームマーケット2019春で発売したデッキ構築×TRPG「アイビーリンク」のアプリ版を開発したい!オンラインセッションでも遊べる/オフラインセッションでも役立つアプリの開発を行います。カード枚数が多いため価格が高めのアイビーリンクを、手軽に多くの人に遊んで欲しいと思い、本プロジェクトを立ち上げました

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめましての人ははじめまして、そうでない方、いつもお世話になっております!
ミライアソビ研究所のyouです。
はじめましての方に自己紹介致しますと、主にオリジナルTRPGを制作している同人サークル「ミライアソビ研究所」の代表をやっています。

ミライアソビ研究所は、「キミと未来を繋ぐサイバーワールドRPG アイビーリンク」をゲームマーケット2019春で発売致しました。

今回は、そのアイビーリンクをより手軽に遊んで頂ける補助アプリの開発をしたいと思い立ち、そのお手伝いをお願いできればと、プロジェクトを立ち上げました。


このプロジェクトで実現したいこと

本プロジェクトでは、戦闘システムにデッキ構築型ゲームを取り入れた、「デッキ構築型×TRPG」という、よくいえば意欲作、悪く言えばへんてこなTRPG「アイビーリンク」を、オンラインセッションでも遊べるようにする/オフラインセッションでも役立つ、補助アプリの開発を行います!

補助アプリは無料で公開する予定です。
ただし、補助アプリなので、アプリ内にルール説明等はなく、アイビーリンクのルールブックを持っている前提のものになります。


プロジェクトをやろうと思った理由

お陰様でアイビーリンクは大変ご好評頂いており、ゲームマーケット2019春ではあっという間に完売しました! 実際に遊んで頂いた方から、「楽しい!」という感想をたくさん頂いています。(ありがとうございます!!)

しかし、デッキ構築型という特性上、遊ぶためにはカードが必要となり、
・オンラインセッションで遊ぶことが難しい
・本体価格が高い
というハードルがあり、今以上にたくさんの方に遊んでもらうためには、上記課題をクリアする必要があると以前から考えていました。

そのために、今回アイビーリンク補助アプリを作成し、カード部分の価格を抑えることができればと考えています!!


ゲームの内容

<<アイビーリンクって?>>

あらゆる電子機器がAIにより制御され、ネットワークに繋がっている超高度AI化社会。
AI達と人間との協働により、この世界はとても便利で、豊かになった。
それでもしかし、課題や問題、事故や事件は、なくなるわけではない。
あなた達は、電子世界の管理者にして世界最高のAI「マザー」から、「まだ起きてない事件」の解決を依頼される。「エージェント」と呼ばれる存在となったあなた達は、現実世界を、電子世界を奔走することとなる。

あなた達は知る。まだ見ぬ事件と、自分達がエージェントに選ばれた理由、そのつながりを。
未来をつなぐサイーバーワールドRPG「アイビーリンク」
キミと未来を、つないでいく。

------------------------------------

という感じのオリジナルTRPGシステムです。
世界観は今より少し未来。AIの技術が発達し、「アイビー」という仮想空間でありとあらゆるサービスが受けられる世界です。(映画が好きな方は「サマーウォーズ」を、ゲームが好きな方は「ロックマンエグゼ」を、アニメが好きな方は「攻殻機動隊」を、思い浮かべるとわかりやすいでしょうか)


<<アイビーリンクの特徴>>

●その1 カードを使った戦闘システム!
このゲームの最大の特徴は、TRPGの醍醐味の一つである戦闘のパートが、「デッキ構築型ゲーム」と呼ばれるタイプのボードゲームとなっていることです。

------------
★デッキ構築型ゲームとは?
「ドミニオン」などに代表される、ボードゲームのジャンルの一つです。
通常のTCGでは予めデッキを構築して遊び始めますが、デッキ構築型ゲームでは遊びながら場のカードを組み込み自分のデッキを成長させていきます。
手札からなんらかの方法でコストを発生させ、そのコストでカードを獲得する。デッキは初期は10枚程度しかないが、徐々に増えていく。山札がなくなれば捨て札をシャッフルして再度山札にして、再利用する。そのような手順を繰り返して、よりデッキを強くしながら勝利を目指すゲームです。
------------

普通、デッキ構築型ゲームといえば対戦型ですが、このゲームは協力型です。
カードには「クラック」、「ハック」、「リカバリ」という3つの「クラス」があり、それぞれ攻撃・補助・回復を得意としています。プレイヤーキャラクター(以下、PC)にも同じ3つのクラスがあり、自分のクラスと対応するカードは扱いやすくなっています。そのため、攻撃・補助・回復の役割分担をしながら、協力して敵と戦うことになります。

「敵と戦う」と言いましたが、ではどこに敵がいるか? このゲームが普通のデッキ構築型ゲームと大きく違う点が、「場のカードが敵を兼ねている」ということです。上記カード画像の半分から上は手札から使用した時の効果ですが、下半分は敵としての効果が書かれています。
場のカードは放っておくとPCに攻撃を仕掛けてきます。敵を倒すこと=自分のカードとして獲得することです。前述の通り、PCには得意カードがあります。「このカードがもうすぐ攻撃を仕掛けてくるけど、自分の欲しいカードではない」などの状況が発生するのです。PCは相談して「どの順番で、誰が倒すべきか?」を考える必要があるのです。

●その2 「まだ起きてない」事件を解決する

PC達は、電子世界の管理者にして世界最高のAI「マザー」から、「エージェント」という存在に任命されます。エージェントの使命は、「まだ起きてない」とある事件を解決すること。
マザーは「未来予測エンジン」と呼ばれる、ほんの少しだけ未来を予知できる機能を持っています。マザーは未来予測エンジンを使って、事件が起きることを予測し、そしてその事件を解決するのにふさわしいであろう人物を「エージェント」に任命しているのです。

ゲームシステム的には、事件の調査はいわゆる「ハンドアウト」と呼ばれる裏表のある情報カードを調査していくことで進行していきます。このゲームではハンドアウトは「インヴィジブルリンク」と呼ばれます。事件とのまだ見えぬ繋がり、という意味です。
インヴィジブルリンクには事件にかかわる人・物・場所が書かれた場のインヴィジブルリンクと、PC個別に配られるPCのインヴィジブルがあり、それぞれ表と裏があります。
既知の情報は表に、調査することで明らかになる情報は裏に、書かれています。

PCのインヴィジブルリンクの裏には、そのPCがエージェントに選ばれた理由が書かれています。しかし、ゲーム開始時点では裏を見ることはできず、場のインヴィジブルリンクと違い調査もできません。
PCがエージェントに選ばれた理由は、シナリオが進むにつれ、徐々に明らかになっていくのです。


これまでの活動

アイビーリンクの他に、TRPGの補助ツール「ブーケを投げるアプリ」なども作成してきました。
https://peraichi.com/landing_pages/view/miraiasobi01bouquet


詳しくは公式ホームページの作品一覧をどうぞ!!
http://miraiasobi.com/index.php/introduction/


資金の使い道

今回は「ブーケを投げるアプリ」に比べ大規模なアプリになるため、サークル外部の方にシステムの開発を依頼する予定です。
そのためのシステム構築費として、今回集めさせて頂く資金を使わせて頂こうと思います。

具体的には、
システム開発費:25万円
サーバ初期費用、維持費等:5万円


リターンについて

リターンは、基本的には「アイビーリンクで気軽に遊べるようになる!」こととなります。
今回開発する補助ツール自体は無料で公開致します。補助ツール単体では遊べないため、リターンとしてアイビーリンクのルールブックをつけさせて頂きます!
各リターンに含まれるpdf版は一般頒布しない非売品です。既に書籍版をお持ちの方(本当にありがとうございます!!)も、お求め頂ければと思います。

※このプロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

【2000円コース】
・アイビーリンク ルールブック pdf版(基本セットに含まれるものと内容は同一です)

【3000円コース】
・アイビーリンク ルールブック pdf版(基本セットに含まれるものと内容は同一です)
・アイビーリンク プレイヤーズハンドブック pdf版(ゲームマーケット2019秋に頒布予定のものと内容は同一です)

【5000円コース】
・アイビーリンク ルールブック 書籍版&pdf版(基本セットに含まれるものと内容は同一です)
・アイビーリンク プレイヤーズハンドブック 書籍版&pdf版(ゲームマーケット2019秋に頒布予定のものと内容は同一です)

【10000円コース】※先着5名
・アイビーリンク ルールブック pdf版(基本セットに含まれるものと内容は同一です)
・アイビーリンク プレイヤーズハンドブック pdf版(ゲームマーケット2019秋に頒布予定のものと内容は同一です)
・カードアイデア提案権
アイビーリンクに今後追加されるカードのアイデアを提案できる権利です。(お一人様一枚まで)
提案者様と相談しながら一緒にオリジナルのカードを作成させていただきます。
(なお、追加時期についてはお約束できません。)
オマケとして、採用されたカードが含まれるセットのルールブック(orルール冊子)にお名前が載ります。

実施スケジュール

ゲームマーケット2019秋(11月23日、24日)に合わせての公開を目指します。

最後に

アイビーリンクは、(私が言うのもなんですが、)大変楽しいゲームです。
デッキ構築型ゲームが好きな方、近未来サイバーモノが好きな方、電脳世界を自由に歩き回れる世界観にときめく方、AIとの心の交流というワードにキュンとくる方、そういう方にハマること間違いなしです!!
是非是非、多くの方に遊んでもらうための本プロジェクトに、ご協力をお願い致します!!


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください