ご挨拶

はじめまして、ベーシックインカムシネマズという動画配信事業を運営している

株式会社BasicIncome代表の池内慶(いけうちけい)と申します。

当プロジェクトをご覧になって頂き、ありがとうございます。

今回のプロジェクトは、ベーシックインカム受給者2人目のドキュメンタリー映像の制作費用を集めるため、そしてベーシックインカムシネマズの活動を広く知って頂くためのプロジェクトです。

まず最初に"ベーシックインカムシネマズ"というサービスについて説明させてください。


ベーシックインカムシネマズ (bicinemas.com)


ベーシックインカムシネマズとは、経済的な懸念に悩む人を解放し、誰にとっても気持ちの良い社会を創るという使命に基づき、民間ベーシックインカム制度を実現させることを目標にした動画配信サービスです。

具体的には公募で選出した一般の方に、1年間毎月20万円のベーシックインカムを支給し、ドキュメンタリー映像を配信しています。


▼ベーシックインカムとは

ベーシックインカムとは「全ての人が最低限の生活を送れるように、そのための収入を無条件で政府が支給する」という制度です。

ベーシックインカムのメリットとしては、貧困対策、労働環境の改善、社会保障制度の簡素化とコスト削減、少子化対策、自身が望む時間の使い方ができるようになるなどが挙げられ、デメリットには個人への責任負担が増大、労働意欲の低下、経済競争力の低下、財源の確保などが挙げられます。



▼ベーシックインカムシネマズが考える社会の課題

経済的な懸念によって、1日1日を暮らすプレッシャーを感じながら、過酷な労働環境で働き続けたり、生活苦から無理な残業をしたり、やりたいことに時間を使ったり、家族との時間も設けられない人がたくさんいることなどが今の社会の課題の一つだと考えています。


▼ベーシックインカムシネマズがもたらす解決策

そういった経済的な懸念に悩む人たちに対して毎月20万円のベーシックインカムを支給することで、1日1日を暮らすプレッシャーをなくし、個々人の生活の満足度を高めることで、ベーシックインカムシネマズ が考える社会の課題を解決し、誰にとっても気持ちのいい社会を創ります。


そして、

これまでにベーシックインカムシネマズでは1人目のベーシックインカム受給者を公開してきました。



1人目のベーシックインカム受給者である篠塚康介さんは

ベーシックインカムシネマズクラウドファンディング200万円以上の金額を集めることに成功し、現在もベーシックインカムを受給しながら生活しています。

篠塚さん自身もベーシックインカムが支給されてからは

「以前よりも経済的な懸念から解放され、毎日がよりクリエイティブで健全になった」と語っています。




▼より多くの人にベーシックインカムの原資を支給するにはどうするのか

最終的に、ベーシックインカムシネマズでは自社サービス内の月額課金によって継続的かつ安定的な収益によりベーシックインカムの原資を集めたいと考えています。

具体的には動画配信サービスであるベーシックインカムシネマズ内に多くドキュメンタリー番組を保有し、月額制に移行して加入者を増やすことで、より多くの人にベーシックインカムを支給していきたいと考えています。

だからこそ、使命に共感してくださる方たちの支援によって、まずはより多くのドキュメンタリー映像を配信していくための制作費用を集めたいと考えています。



▼2人目のベーシックインカム受給者の紹介およびプロジェクト概要

プロジェクト本文


初めまして、早稲田大学社会科学部3年のオカダダイキ(岡田大毅)です。現在、広告・PR系の会社にインターンをしながら、大学生活を送っています。「多くの人を笑顔にしたい」という目標の中で、報われていない人や魅力あるものを世の中へ発信していきたいと、広告・PRの腕を磨いています。


ここまでの経歴

1998年11月2日生まれ

山形で生まれ育ち、大学入学のタイミングで上京。

山形を愛しながらも、現在は東京で一人暮らし。


私は中学2年生の頃に、内臓の病気で、死にかけました。その際に、死にかけてる自分と楽しそうなその他の人達で世界が二分化されたことで、当たり前のように生活できることが幸せなことであること、こうして生活している間にも世界のどこかで当たり前のことが出来ていない人がいるということを実感しました。


高校にあがり、私は仲間や先生、先輩にも恵まれ、貴重な体験をたくさんすることができました。生徒会長を務め、東日本大震災のボランティアに従事しましたが、そこでも今まで送れていた生活が波に流され、当たり前のことができない人達がいました。私は無力感を味わい、こうして当たり前のことができない人達や笑顔ではない人達の「笑顔」を見たいと思うようになりました。「笑顔」にコミットしたい私は、その年に「M-1グランプリ」や「ハイスクール漫才」に出場し、人を笑顔にすることに注力しました。

高校を卒業すると、早稲田大学では起業を志しました。「多くの人を笑顔にする」ためには、サービスを作り、多くの人に提供すればいいんだ、と思ったからです。さまざまなビジネスコンテストに出たり、経営や起業家養成の授業を受講したりしました。

しかし、起業を志していく中で、「多くの人を笑顔にする」ことをしたいが、特に笑顔になった人を見れると嬉しいことがわかりました。

つまり、誰かを勝手に笑顔にするのではなく、一緒に笑顔を目指して頑張っていくことが好きなのだと気付いたのです。


また、東京での一人暮らしをしていた私は、ひさびさに山形へ帰り、多くの人と話すうちに、多くの才能ある人が夢を諦めていること、多くの魅力ある場所や行事が消えていることに気付きました。そこで私は、再び無力感を味わいました。無くなっていくものに、自分は何も作用できないのか。救うことはできないのか。ただ見るだけなのか。高校の時は学校や部活も忙しく、それを言い訳にしていましたが、今は大学生で、周りには働いてる人もいるし起業している人もいるし世界で活躍している人もいる。自分も負けじと、目を瞑らず、この人達を笑顔にしてやろうと決意しました。


そこで、始めたのが現在も活動しているYouTubeです。


とにかく影響力を持つことで、私の行動を注目してもらえる、私の声をみんなに聞いてもらえると思ったからです。その影響力によって、多くの人が巻き込まれれば、自分の力以上の力で多くの人を笑顔にできると思ってます。


また、私が所属しているサークルでも広報に力を入れようと思いました。人もいて、存続が特に危ぶまれている訳ではないですが、やはり魅力あるものを発信すること、多くの人を巻き込むことをしたいと思っていましたので、どうすれば人は巻き込まれるのか、日頃から考えるようになりました。


そこで、出したのが駅広告

私は魅力あるものを発信したい、報われていない人を後押ししたいと、影響力を持つこと広告することに興味を持ちましたが、実際にやってみようと、自分が所属しているサークルの新歓広告を大学の最寄駅に貼りました。そちらがこれです。



この駅広告を写真に載せたツイートは、12万リツイートを稼ぎ2600万インプレッションということで、多くの人に届きました。

そこで私はこれだ!と確信したのです。

もしもこのようなバズを再現性高く生むことができ、魅力あるものや報われていない人を発信することができれば、多くの人が救われるのではないか、笑顔になるのではないかと思いました。


インターンの毎日

私は現在、広告・PR系会社でインターンをしています。学校がない日は朝9時過ぎから夜の22時くらいまでそこで働き、己の広告・PR力を高めています。あのバズを再現性あるものにすること、情報が届くだけでなく届いた人が実際に動くような広告を作ることなど様々な課題を乗り越えるため日々学ばせていただいています。


ベーシックインカムシネマズ に応募した理由

1つは「多くの人を笑顔にするため」です。上に書いたように世界にはたくさん報われてない人がいて、消えている場所や行事があって、それを広告の力でなんとかしたいと思っています。だから私は毎月20万円のベーシックインカムのお金をそのような人やモノのための広告費に使いたいと思っています。例えば、駅に貼るような広告ですと1つの掲示板あたり安くて5万円くらいで出せます。20万円あれば、毎月2~4個出せる予定です。バズった経験もありますが、そのテクニックではなく、この情熱に支援していただければありがたいと思っています。


もう1つは、毎月20万円のベーシックインカムで、駅広告を月に2~4回出すことが決定すれば、その広告チームを作りたいと考えていて、私の思想をより多くの人に知ってもらい、出来ればチームのメンバーになってほしいと考えています。


ツイッターで動画投稿をし、約10万人フォロワーがいるくつざわさんにも声をかけ、

(https://twitter.com/kutsuzawa_desu)

プランナー兼マーケターとしてチームに入ってくれることが決まっています。多くの人の力を借りて、世の中に広告を出していければなと思っています。


将来私は山形県知事になります。自分の地元である山形もまた魅力あるものが消滅しかかっています。そこで私は広告・PRの力を山形に持って帰り、消えかかっているものに対して、無力感を味わうのではなく、なんとかしてやりたいと思っているのです。


そのような野望を叶えるためにも、とにかく今は広告の力を磨くしかないと思っています。ほかのクラウドファンディングのページにはサッカー選手になりたい人や貧しい国に学校を作りたい人がいます、私はその成功のためにその夢を広告したい人です。

報われていない人が沢山います、消滅しかかっている魅力あるものが沢山あります、それを世の中に発信して、なんとか救いたい、笑顔にしたいんです。


将来の夢

報われていない人達や魅力あるものを世の中に発信し、救い、笑顔にすること。

山形県知事になり、消滅しかかっている山形の魅力を世の中に発信し、山形を笑顔にすること。

夢を叶えるために力を身に付けたいです。

御支援宜しくお願いします。

長文読んでくださりありがとうございました!

頑張ります!!!!


▼資金の使い道

・「オカダダイキ」シーズン1のドキュメンタリー映像の制作費用(97万円)

ベーシックインカムシネマズをつくりあげる、クリエイターの人件費
(撮影カメラマン、動画編集者など)

・CAMPFIRE手数料17%


▼最後に

代表の池内から、今回のプロジェクトの”目的”についてもう一度深く説明させてください。


経済的な懸念とともに、満足度の低い生活をしている人はたくさんいると思います。

やりたいこともできない、十分に睡眠もとれない、家族との時間もない。

僕はそういった人たちのために毎月20万円のベーシックインカムを支給し、今いる状況から一歩抜け出せるようにしたいと考えています。


ベーシックインカムによって経済的な懸念から解放され、個々人の生活の満足度を高められるまでやり続ける覚悟があります。


今回のプロジェクトの目的は、シーズン1のドキュメンタリー映像の制作費用(97万円)とCAMPFIRE手数料17%にかかる費用の捻出です。

毎月20万円のベーシックインカムが支給されれば、

経済的な懸念から解放され、過酷な労働環境で働き続けたり、生活苦から無理な残業をする必要がなく、

一日一日を暮らすプレッシャーがなくなり、人はもっとクリエイティブになり、

やりたいことに時間を使ったり、家族との時間が増えたりと、個々人の生活の満足度を高められると信じています。


 これまで活動してきたベーシックインカムシネマズを、これからも長く、そして安定して運営できるように、より多くの方に知って頂き、支援をして頂きたいと思っています。

ベーシックインカムシネマズが目指すのは「民間ベーシックインカム制度を実現させ、経済的な懸念から解放し、誰にとっても気持ちのいい社会を創ること」です。


 想いを持った方々と連携し、ベーシックインカムシネマズの活動をより多くの人に知ってもらい、関わっていって頂ければと思います。

 ご支援のほど、よろしくお願い致します。


リターンについて

ベーシックインカムシネマズを一緒に盛り上げる共犯者となって頂けるようなリターンを用意させて頂きました。

今回のプロジェクトの目的は、シーズン1のドキュメンタリー映像の制作費用(97万円)はもちろんのこと、ベーシックインカムシネマズの活動を知って頂き、そして協力して頂くためのプロジェクトです。


重ね重ねのお願いになりますが、このプロジェクトを通して民間ベーシックインカム制度を日本に実現させるために、どうかご支援のほど、よろしくお願いします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください