Cork light (コルクライトスピーカー)をボトルに挿すことで重低音の効いた音楽を楽しむ事ができます。また下部にライトを付けたことでインテリアとしてもお洒落な演出ができます。アウトドアではキャンプなどランタンスピーカーとしても大活躍!操作はスマホで簡単に使用できます。

プロジェクト本文


音楽とインテリア照明を同時に!  ”ライト付きBluetoothスピーカー”
「Cork light (コルクライト)」  アウトドアでも大活躍!

 

Cork light (コルクライト)とは

ボトルに挿すことで重低音の効いた深みのある上質な音楽を楽しむことのできるスピーカーです。

また下部にライトを付けたことでインテリアとしてもお洒落な雰囲気で音楽を楽しめます。

屋外ではテラスやキャンプなどでランタンスピーカーとして幅広いシーンでの使用も可能です。



特徴①音質

CORK LIGHT(コルクライト)は瓶の振動を活かして音質をアップします。

取り付け部分は柔らかいシリコン素材でできており、瓶と密着されることで魔法のように音が変化します。

(音質はボトルの素材、サイズによって音の深さが変わります。)


特徴②ライト

暗い室内ではお洒落な間接照明スピーカーとして素敵な雰囲気の中で音楽をお楽しみください。

屋外ではランタン(照明)としてスピーカーとして2役お使いいただけます。

アウトドアでも大活躍!キャンプにスキーの雪山でも!夏はビーチでも気軽に楽しめます。

カラーバリエーション

Black、Whiteの2種類です。

(ライトをONにした場合、Whiteモデルは下段のシリコンも明るくなります。)


イベントやシーンに合わせてお洒落に楽しくお使いいただけます。


使用イメージ

室内シーン

・リビングで間接照明のようにライトをつけて音楽と雰囲気を楽しむ

・BGMを聴きながら読書や料理

・ベッドサイドで雰囲気良く音楽を流しながら休む

・クリスマスやハロウィンなどイベントを盛り上げるアイテムとして

屋外シーン

・キャンプではランタンスピーカーとして一石二鳥!灯りと音楽を楽しむ

・プールやビーチでは手軽にペットボトルに刺して仲間と音楽を楽しむ

・テラス席などで雰囲気良く音楽を聴きながらムードのある一杯を!


ボトルへ挿し込むシリコン部分は、

様々なタイプの瓶やペットボトルなどに対応できるよう

2つのタイプのクレードルを同梱しております。

シリコンクレードル (プラグタイプ / マウントタイプ)

*ボトル上部の形状と直径によっては取り付けができない場合があります。

※ボトルだけではなく、テーブルや床など平面な所でもご使用いただけます。


仕様

【スピーカー出力】:1.7W

【周波数帯域】:20Hz ~ 20kHz

【Bluetooth】:4.1

【充電時間】:約2時間

【駆動時間】:約12時間 ( 同時照明作動使用時 3時間30分 )

*ボリュームの調節は接続されたスマートフォンからコントロールできます。


リスクとチャレンジについて

このプロジェクトは、日本での製品安定提供を目指すための購買型クラウドファンディングの提案です。

昨年、初期タイプを日本での販売し始めた矢先、日本でお願いしておりました販売代理店様が倒産されてし

まうといったトラブルに見舞われ弊社も大打撃を受けてしまいました。

再度日本の皆様にご支持頂けますようコルクスピーカの改良を行い、より深みのある音に!また下部に

ライトをつける事でより多くのシーンでご利用いただけますようリニュアルしております。

納品はクリスマスといった一大イベントに間に合いますよう生産しております。

ご支援のほどよろしくお願い致します。

Q&A

Q:日本で販売できる技術認証をとっていますか?
A:Bluetoothに必要なTELEC「技術基準適合証明書」は取得済です。

Q:保証期間はどのようになっていますか?
A:出荷時点から1年間保証致します。

Q:購入後のサポートはどのようになっていますか?
A:日本の総代理店が決まりました。info@j-bs.bizにてサポートを対応致します。

Q:購入後のキャンセルができますか?
A:原則としてキャンセルを承りません。ご了承お願いします。


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2019/11/14 10:30

    工場にて品質チェックなど確認してきました。来週には日本に届きます。ご支援くださいました皆様、もう少しお待ちください。これからイベントも盛りだくさんです。クリスマスなどいろいろなシーンでお使い頂ければと思っております。よろしくお願い致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください