2018年からTHE JIVESが挑んでいる「四部作リリース」という挑戦もいよいよラストスパート!新メンバーの加入、バンド初のリリースツアーに初のワンマンショウ、新しい場所や新しい出会い、衝突や迷い・決意…メンバーそれぞれが人生をかけて挑む挑戦を、その総仕上げとして様々な形でパッケージングしたい!

プロジェクト本文

12/21(土)に開催された四部作第3弾EP『She Heard Out Usual Troubles』Release Tour FINAL「THE JIVES × Yellow Studs ツーマンショウ」の会場にて、THE JIVESのニューアルバムの発売が突如発表された。

発表されたのはTHE JIVESが2018年より挑戦している四部作リリースの第4弾となる10曲入りのオリジナル・フルアルバム。第1弾から「クラップ」「ストンプ」「シャウト」と、それぞれの作品においてSHOWの楽しみ方をコンセプトに掲げてきたTHE JIVESが、四部作の締めくくりに定めたコンセプトはスバリ「ダンス」。#踊盤 として先行リリースされたそのアルバムは「Audrey」(読み:オードリー)と名付けられ、12/21(土)の会場にて先行発売された。一般発売・配信リリースは12/28(土)から。

THE JIVES / Audrey ジャケットビジュアル


このプロジェクトに触れてくれてありがとうございます。ロックンロールバンド、THE JIVES(ザ・ジャイヴス)です
THE JIVES(ザ・ジャイヴス)- 日本で結成されたロックンロールバンド。50s/60sのビートグループから色濃く影響を受けたサウンドとGu/Voヤマダコウヘイの歌声、映画の登場人物のようなメンバーの風貌が話題を呼ぶ。

僕たちは2018年から「四部作リリース」という挑戦をしています。昨年2018年は第1弾と第2弾を、今年2019年8月には第3弾をリリースしました。そして2019年8月31日から同年12月21日まで第3弾のリリースツアーを展開し、そのリリースツアーファイナルの会場にて事前告知一切なしで第4弾を先行リリース。興奮と驚きのロックンロールバンドは前に進み続けます。

▼四部作まとめ
第1弾:CLAP CLUB (2018年6月、クラップ、赤)
第2弾:‪UNSTOP STOMP (2018年10月、ストンプ、緑)
第3弾:She Heard Out Usual Troubles (2019年8月、シャウト、青)
第4弾:Audrey(2019年12月、ダンス、白)

この四部作リリースをきっかけにTHE JIVESのことを知ってくれる方も少しずつ増えてきています。‬嬉しいことですし、もっともっとTHE JIVESを大きくしていきたいと強く感じています。THE JIVESの目標はフジロックだし武道館だし紅白歌合戦だしその先にある景色です。そのための四部作リリースです。


2018年4月に「4回やる」と言って始めたクラウドファンディングも、いよいよ四部作最後の企画となりました。四部作リリースという挑戦を通してハッキリと言葉に出来たTHE JIVESの目標。そして「THE JIVESがやりたい」という確かな思い。僕たちにとってこの四部作という挑戦はとても特別なものになっています。

2018年1月にドラムのナガシマタクロウが新メンバーとして加入して「今までと同じことをやっていても仕方ない」という思いに駆り立てられました。もうここにはいられない。バンドを続けていくならもっともっと沢山の人に届けていかなければいけないと強く思いました。

バンドを走らせ直すにあたって決めたことは2つ。
・楽曲をもっと磨く
・それを超えるSHOWをする
もっともっと沢山の人にTHE JIVESを届けるために、自分自身とそして自分の楽器と向き合う時間を選びました。その決意からもうすぐ2年が経とうとしています。

あの時感じた全てを昇華して、バンドと向き合い、自分自身と向き合い、ニューアルバム「Audrey」の制作にあたりました。THE JIVESとしてこの2年間やってきたことを全部出す。詰める。込める。そう思った時に、とある一つの思いが湧いて出てきました。


突然ですが「ボイジャーのゴールデンレコード」という言葉をご存知でしょうか?地球の文化や言葉を地球外つまり宇宙に届けるために制作されたというレコードで、中には地球で生まれた音楽・画像の情報が記録されているそうです。https://ja.wikipedia.org/wiki/ボイジャーのゴールデンレコード
WikiImagesによるPixabayからの画像

チャックベリーのジョニー・B.グッドも納められているというゴールデンレコード。地球が重ねてきた歴史を未来につなぐ、非常にビッグでミーニングフルな試みです。着想はそこにありました。
今後THE JIVESを語るにあたって、間違いなく外せないトピックになる四部作リリースへの挑戦。THE JIVESが一番THE JIVESと向き合った2年間。THE JIVESとしての自分に深く向き合った期間。この期間を僕らは忘れたくないし、あなたにも忘れて欲しくない。あなたがTHE JIVESを見てきたこの時間をぜひ未来に持っていって欲しいし、僕らが今後出会う人に四部作という挑戦を届けたい。

THE JIVESのゴールデンレコードをつくりたい。四部作を通して生まれた音や景色や感情や事実を色んな形で記録しておきたい。


ここまで読んでくださり、ありがとうございます。ロックンロールバンドTHE JIVESです。

四部作第1弾『CLAP CLUB』より「Muddle Me Tune」


四部作第1弾『UNSTOP STOMP』より「Slow」


四部作第3弾『She Heard Out Usual Troubles』より「Slum-blu」


四部作第3弾『She Heard Out Usual Troubles』より「Growth Pain」


四部作リリースに挑戦する中で発表してきたミュージック・ビデオを抜粋して掲載しました。第1弾から順番に観ていくと、その時々のバンド様子だったり、通してのバンドの変化もどことなく感じるかもしれません。THE JIVESの今は楽曲と共にあります。

四部作という挑戦を色んな形で残すにあたって、まずはその中で生まれた楽曲を収録した12インチのアナログレコードを作りたいです。

【四部作ゴールデンレコード】四部作リリースを通して、これまでに第1弾で7曲、第2弾で8曲、第3弾で4曲、第4弾で10曲と合計29曲を発表してきました。MVになった曲、SHOWの定番になった曲、THE JIVESのこれからを想像してしまうような曲…それぞれの曲にそれぞれの思いが込められています。その29曲を1枚のレコードに閉じ込めてみたいと思います。収録曲数は8曲予定。12インチのレコードに収めることができる分数とTHE JIVESの曲のおおよその分数から割り出した曲数です。しかし「29曲を8曲に厳選して四部作のベストレコードを作ろう!」とは言うものの、正直選べません。SHOWのセットリスト10曲を選ぶのすら悩むのに…。なので収録曲については投票も実施してみようかと思っています。投票方法はプロジェクト終了後にお知らせいたします。ぜひ、あなたの声も聞かせてください。投票結果が必ず収録曲に反映されるとは限らないですし多数決で決めるつもりもサラサラないですが、僕らとあなたの「この曲入れたい!!」という気持ちがぶつかり合う方がきっといいレコードになります。みんなで作りましょう。


そしてアナログレコードと同時に、今僕らはこんなものを作りたいと考えています。楽曲だけでなく、僕らが2年間で見てきたものや感じてきたものを形に残したい。


【四部作ゴールデンマガジン】2018年からTHE JIVESは色んな挑戦や経験をしました。初のリリースツアーやワンマンショウもそうですし、このクラウドファンディングもそうです。初めて訪れる場所でのSHOWや初のインストアライブ、 #ハーフタイムショー もありました。何かとホットなトピックが尽きないTHE JIVES。そんなTHE JIVESの軌跡をまとめ、これから紡いでいく未来を想像してしまうようなドキドキするバンドの"今"を一冊の雑誌という形にしたいです。四部作年表や2018年からの写真を集めた四部作フォトブック、メンバーへのインタビュー記事や制作過程の裏話集など…一冊の雑誌としてまとめたい記憶がたくさんあります。一冊丸ごとTHE JIVES特集のオリジナル・マガジン。きっと胸踊る試みになるはず。

【四部作ゴールデンビデオ】「THE JIVESと言えばミュージック・ビデオ」そんな言葉をもらったのは一度や二度じゃないほど、THE JIVESは映像作品が大好き。言葉や文字だけじゃ伝わらないものもあるから、四部作の軌跡は絶対に映像作品としても残したい。ライブ映像や舞台裏の映像、レコーディング風景、メンバー1人1人へのインタビューやありそうでなかった4人の"オフィシャル対談"など様々な角度から四部作を捉え、1本のDVDにしてお届けします。四部作を越えたTHE JIVESにはどんな景色が見えているのか?四部作を走らせ続けてきたTHE JIVESのメンバーは何を思うのか?バンドの未来をどう捉えているのか?メンバーの隠れた素顔やTHE JIVESというチームのリアルが生々しいほど描かれる、超重要・貴重映像となること必須のDVD作品。

【"俺なりの"ゴールデン・レコード】今回のクラウドファンディングで、THE JIVESとあなたの思いを声にしてぶつけ合って、選択と決断を重ねて収録曲を決定し、1枚のレコードをつくりたいと思っています。取捨の選択には当然"捨"が生まれます。「ゴールデン・レコードには入れられなかったけど、あの曲めちゃくちゃ好きなんだよなあ…」メンバーの中にもそんな思いが生まれると思います。当然「あの曲からこの曲の流れを実現させたかったなぁ」という思いも生まれるでしょう。せっかくなのでやりましょう。メンバー4人それぞれの"俺なりの"ゴールデン・レコードを作りたいです。形式は原則CD、決まりは「収録するのは四部作に関係するものだけ」この1つだけ。あとは各メンバーが自由に決めます。「なんでこの曲を選んだか?」を文章にして、それぞれのCDにそれぞれのメンバーのブックレットをお付けします。四部作を一緒に走らせて来たからこそ重なる思いと、一曲一曲全力で挑んだからこそ重ならないこだわり。THE JIVESメンバーの人となりを垣間見ることができる試みになるはずです。ヤマダ盤・ミヤグニ盤・タカミヤ盤・ナガシマ盤と名付け、CDの各種仕様もそれぞれに任せましょう。もしかしたら"CD"という枠も飛び出すかもしれません。「ゴールデン・レコードをつくる」に付随した、サブでありながらそれが現物として残るのは非常に興味深いプロジェクト。

【四部作もしもカセット】今回の"オマケ"的チャレンジ。近年再注目を浴びるカセットテープでの音源リリースに挑戦してみます。THE JIVESの四部作第1弾〜第4弾の曲がA面とB面にランダムに1曲ずつ、2曲だけ収録されたカセットテープとなります。テーマは「もしもあの曲がシングルカセット化したら…?」収録される2曲はランダムで、何が入っているかは開けるまで分かりません。四部作を色んな形で残したいから、音楽媒体にもこだわります。CD・アナログレコードときたらカセットテープもやりたくなります。


今回のクラウドファンディングで僕たちがつくりたいものは、上記の5つです。2018年に四部作の構想が浮かんでからもうすぐ2年。第1弾の「CLAP CLUB」の制作時から、いつも目の前に捕まえるべき旗がありました。その旗を掴んでから徐々に露わになっていくそれぞれの景色。どれもこれも見たことないものばかりで時に戸惑うほどでしたが、それを見ることができた時の興奮の方が何百倍も勝っていました。そして、今も前には4本目の旗が立っています。

四部作への挑戦は間違いなくTHE JIVESを大きく前進させ、大きく成長させています。第4弾「Audrey」が発表されたばかりのこのタイミングで言うのも気が早いですが、今後バンドにとって非常に意味をもつものになっています。そんな挑戦を僕たちは色んな形で残したい。僕たちが目標とするステージに行く道中にも携えておきたいです。なので僕たちは今回、上記のものに加えてこんなものも作りたいと思っています。

四部作ゴールデン・パッケージ】▼内容物
・四部作ゴールデンレコード
・四部作ゴールデンマガジン
・四部作ゴールデンビデオ
・"俺の四部作ベストアルバム"各メンバー分4枚
・もしもカセット3個

イメージはまさに"ボイジャーのゴールデンレコード"。THE JIVESの四部作という挑戦を色んな形で振り返られるようにと考えています。まるで現在を未来にもっていく"タイムカプセル"のような、データではなく現物としてワクワクするものにしたいです。THE JIVESが先導していくパレードがこれからも続いていくための、もっともっと大きくなっていくためのイカリになるようなパッケージ。セーブポイントのような地点。僕たちはそれを未来に持っていきたい。


ここまで読んでくれてありがとうございます。改めて、ロックンロールバンドTHE JIVES(ザ・ジャイヴス)です。四部作への挑戦を始めてから4回目となる今回のクラウドファンディング。

1回目は2018年3月30日から2018年4月28日の間挑戦しました。

https://camp-fire.jp/projects/view/68838
参加人数45人、合計329,500円が集まり見事成功。本当に嬉しかったです。

2回目は2018年9月1日から2018年9月26日までの挑戦。

https://camp-fire.jp/projects/view/94389
参加人数83人、合計471,000円が集まり見事成功!本当に本当にドキドキしました。

3回目となる挑戦は今年2019年6月12日から2019年6月26日の2週間。

https://camp-fire.jp/projects/view/151923
参加人数53人、263,500円。納得と現在地を噛み締めました。

そして今回、僕たちは「四部作という挑戦を様々な形で残したい」という #ゴールデンチャレンジ に挑戦します。

目標金額は100万円。この挑戦を通して集まった金額は、それぞれの作品の制作費や送付時の諸経費として「より良いもの、より楽しんでいただけるもの」をお届けするために大切に使わせていただきます。以下に目標金額に対する内訳も記載いたします。参加者数によって製造数が変わる事や各種制作費の変動がある可能性があるためあくまで概算となりますが、1円も無駄にせず、全て四部作を記録に残すために使わせていただきます。

▼目標金額に対する内訳
===========
■四部作ゴールデンレコードの制作費 約25%
 -レコードプレス諸費用
 -デザイン・パッケージ諸費用
■四部作ゴールデンマガジンの制作費 約20%
 -マガジン構成・編集諸費用
 -デザイン・パッケージ諸費用
■四部作ゴールデンビデオの制作費 約20%
 -映像収録/編集費用・映像音源編集諸費用
 -デザイン・パッケージ諸費用
■"俺の四部作ベストアルバム"の制作費 約15%
 -デザイン・パッケージ諸費用
■四部作もしもカセット制作費 約3%
 -録音・デザイン・パッケージ諸費用
■送料、手数料、雑費など諸経費 約17%



四部作第4弾の「Audrey」と共に始まった今回のプロジェクト。THE JIVESが2年間挑み続けてきたチャレンジを色んな形で残したいと考えています。フジロック、武道館、紅白。もっと沢山の人に知ってもらいたいし、もっと沢山の人に楽しんでもらいたい。もっとTHE JIVESを続けたいので頑張ります。ぜひ応援をよろしくお願いします!THE JIVESはみんなと一緒に大きくなっていきます。メンバーからも意気込みが届いています。

ヤマダ コウヘイ(Vo/Gu.)2019/8/31 at『She Heard Out Usual Troubles』Release Party -  photo by 創


ミヤグニ マサト(Ba.)2019/8/31 at『She Heard Out Usual Troubles』Release Party -  photo by 創


タカミヤ コウスケ(Gu.)2019/8/31 at『She Heard Out Usual Troubles』Release Party -  photo by 創


ナガシマ タクロウ(Drs.)2019/8/31 at『She Heard Out Usual Troubles』Release Party -  photo by 創


THE JIVESの #ゴールデンチャレンジ スタートです!


2019/8/31 at『She Heard Out Usual Troubles』Release Party -  photo by 創

THE JIVES / DIGEST MOVIE - "SHOUT" Release Party 2nd. Stage



Q.クラウドファンディングの支払いはどのような方法がありますか?
A.クレジットカード払い(VISA,JCB,MASTER,AMEX,Dinners)、コンビニ支払い、銀行振込(Payeasy)、携帯キャリア決済(docomo、au、ソフトバンク)、PayPal、Fami-Payが御座います。詳細はこちらをご覧下さい。(デビットカードはサポート外となります。)

Q.クレジットカードは分割での支払いは可能ですか?
A.CAMPFIREのシステム上、分割払いはできませんので分割をご希望の場合は支援後にカード会社様へお問い合わせをお願いいたします。

Q.コースを間違って買ってしまいました。キャンセル出来ますか?
A. サイトの仕様上、支援後のキャンセルやプランの変更はできません、よくご検討の上でのご購入をお勧め致します。また支援金に金額を上乗せをすることによるリターンの変更も不可となっております。

Q.クレジットに名前を載せたく無いのですがどうすればいいですか?
A.申し込みの際に備考欄に『掲載辞退』と記載頂ければお名前が載ることはありません。

Q.物販及び通販は実施するのでしょうか。
A.リターン品のCAMPFIRE以外での販売は現状予定しておりません。万が一販売する場合もクラウドファンディングで購入するより高価となる可能性があり在庫数も少数となるかもしれません。

Q:どうやったら支援出来るんですか?
A:こちらのCAMPFIRE様の手順ページをご確認ください。CAMPFIREの仕様などに関わる部分はこちらではお受けしておりませんのでCAMPFIRE様へお問い合わせをお願いいたします。

Q:別途の送料はかかりますか?
A:かかりません。支援金に含まれております。

Q:目標金額に達しなかった場合はどうなるんでしょうか?
A:All-in方式を採用しておりますので目標金額に満たない場合も、制作を実行しリターンをお届けいたします。

Q:支払い期限はありますか?
A:決済方法によって異なります、こちらをご確認下さい。コンビニ、銀行振込の場合は基本的に支援日より4日以内の支払いとなります、詳細な期限に関しては支援後CAMPFIREより送付されるメールに記載されておりますのでご確認下さい。支払い期限を超過した場合自動的にキャンセルとなります、キャンセルになった在庫は決済が出来ませんので、購入される場合は再支援をお願い致します。クレジットカード、各種携帯キャリア払い、PayPalに関しては支援者様のご契約内容により締め日が異なりますのでご自身でご確認頂きます様お願い致します。

Q:リターンの郵送は店止めなどの対応は可能でしょうか?
A:不可となります。一括してご登録頂いた住所への郵送となります。
(住所間違いにより期日までに受け取りが出来ない等のトラブルが起こっております。ご自身の住所の間違いがないか支援前と支援後に必ずご確認下さい。)

Q:記載するクレジット(お名前)を書き間違えたので変更して欲しいです。
A:『マイページ』の『支援したプロジェクト一覧』より支援者様ご自身で変更が可能です。ご不明点は直下のFAQをご参照の上、THE JIVESまでお問い合わせください。

Q:このプロジェクトに関する問い合わせ先を教えてください。
A:PCの場合は当プロジェクトページの上部に『メッセージで意見や質問を送る』欄から、スマートフォンの場合はページ下部にある『メッセージで意見や質問を送る』からお問い合わせいただきますようお願いいたします。(CAMPFIREのアカウントが必要です)

Q:支援後の連絡等はどこで行われますか?
A:CAMPFIREのメッセージ、もしくはメールにてやりとりとなります。プロジェクト期間内も新情報などアップデートする場合もありますので、必ず受信可能な状態にしておいてください。

その他、クラウドファンディングに関わるご質問につきましては、
CAMPFIREヘルプページをご覧ください。

https://help.camp-fire.jp/hc/ja


四部作第1弾時のプロジェクト第2弾時のプロジェクトにて好評を頂いた、CAMPFIRE限定スペシャルリターン「THE JIVESのVo/Gu.ヤマダコウヘイがあなたの為だけに楽曲を制作します。」が復活いたしました。

詳しくはリターン欄にて!


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください