Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

子供たちの無限の才能を早期に発掘して、育成する仕組みをつくりたい

現在の支援総額
0円
パトロン数
0人
募集終了まで残り
16日

現在0%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、2019/12/31 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

インターネット上で、子供たちの様々な作品や技能を専門家に見せて、きらりと光る才能を発掘して、専門家の適切な指導を受けて、才能を開花させるプラットフォームをつくりたい。

⬛︎はじめに・ご挨拶

株式会社S&Eと申します。


ICTを活用して、世の中の仕組みを少しでもよいものにしたいと思っており、今年の7月に法人を設立しました。


⬛︎このプロジェクトで実現したいこと



子供達は皆無限の可能性を持っています。


しかしその才能は、身近に才能を発掘できる人がいるかどうかによって発見されるか、また開花するかが、決まってくるものです。


例えば、両親や親戚、知り合いなどにその才能を理解できる人がいるかどうかによって、開花する才能もあれば、埋没してしまう才能もあります。


そこでこのプラットフォームで、2つの事を実現したいと思っています。


【1】まずは子供の才能を親や周りにいる人がなんでも自由にこのプラットフォームにあげて、それを各界の専門家に見てもらう事で、才能を発掘してもらうという事を実現するという事です。

【2】その才能が、大きな可能性がある場合、専門家の手によって、専門的な訓練や教育を施す事で、大きく開花していく事も可能にしたいと思っています。


この才能の発掘と育成をめざした子供の才能と専門家の知見のマッチングがこのプロジェクトで実現したい事です。


⬛︎プロジェクトをやろうと思った理由


育った環境や周りの人の影響で、見いだされないで終わる才能が、子供達にはたくさんあると感じます。


都会に育ち、身近に様々な専門家がいる場合は、見いだされたかもしれない才能が、それがないばかりに埋もれてしまう事は、非常に残念だと感じています。


それで、それらを発掘するプロジェクトを立ち上げたいと思いました。


こどもの才能を見つける事ができるかどうかは、かなりの程度近くに才能を見抜ける人がいるかどうかにかかっています。


その場合、都市と地方の差や、親族の差などに依存するのです。




しかし、子供の才能はどこでも無限である事を考えると、その差を埋めていきたいと思っています。その差ICTの活用で埋めていく事が課題であると考えています。


子供の才能なのかはわからないけれど、得意な点をこのサイトに投稿する事で、

広く専門家の目に触れさせることができます。


どんな地方の町で、親族や周りに専門家がいなくても、

このサイトを通じて専門家の目に触れさせることができるのです。


それによって、埋もれてしまう可能性のある才能を早期にみつけて、伸ばす事ができると考えています。



⬛︎資金の使い道

①現在仮運用しているサイト

http://18.220.132.151/talent_in_cube

ID  dsn  PW talent2019

の開発費用

②幅広くこのプロジェクトを理解してもらう為の広告宣伝費


⬛︎リターンについて

  1 3,000円  

サンクスレター

  2 10,000円  

サンクスレター・マッチングがされた子供達からのメッセージ集  

  3 30,000円 

サンクスレター・マッチングがされた子供達のメッセージ集・サイトへの名前掲載 

  4 50,000円  

サンクスレター・マッチングがされた子供達のメッセージ集・サイトへの名前掲載

成長した子供達の感謝動画

  5 100,000円  

サンクスレター・マッチングがされた子供達のメッセージ集・サイトへの名前掲載

成長した子供達の感謝動画・1年ごとの事業報告5年間

  6 150,000円(企業向け) 

サンクスレター・マッチングがされた子供達のメッセージ集・サイトへの名前掲載

成長した子供達の感謝動画・1年ごとの事業報告5年間・サイトへの広告権利

  


⬛︎実施スケジュール

2020/1 専門家募集、投稿サイトの宣伝  開発

2020/4 正式オープン



⬛︎最後に

すべての子供達に平等に才能発掘の機会と与えたいと思っています。

是非このプロジェクトに協力お願いします。



<All-or-Nothing方式の場合>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください