プロジェクトをやろうと思った理由

精神障害を患う前からも、いつかは自分の店を持ちたいと思い地道に働いてきましたが、次第に仕事のストレスから浪費するようになり、給料だけでは足らず、何社も借金をし、最後には自己破産しました。

その間、仕事は長続きせず、転職を繰返していました。

さすがに自分でも情けなく思い、精神病院を訪れることにしました。

主治医から言われたことは、『その時にすでに患っていたようですね。』でした。

それから今でも通院しながら、新しい職場で働いています。

しかし、障害があることで肩身が狭く、十分な生活を送れるような給料を頂けてる訳ではないので、夢を諦めざるおえないのが実情です。

自分の店を持ちたい気持ちが強くなっている今、このような状況で開店資金を貸してくれるような所はなく、でも夢を諦めたくない、障害者でもやれるんだと勇気を与えたい。

動物をモチーフにした雑貨屋を開店したいです。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください