神村学園淡路島の高校生"いつでも、誰でも、無料で"使えるグラウンドを作る。サッカーを通じて人間教育という当校の理念の元、ゼロから何かを作ったという成功体験を通し、次世代のリーダーになり得る人材を育成。作ったグラウンドは地域の皆様の交流の場として、淡路島のプラットフォームとしての役割を。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

私達、神村学園淡路島は兵庫県・淡路島を拠点に活動している
本気でプロサッカー選手を目指す高校生が集まる通信制の高校です。

            神村学園淡路島1年生 主将 白倉

このプロジェクトで挑戦したいこと

まず1つ目の目的は
淡路島内には、佐野運動公園やアスパ五色などの素晴らしいグラウンドはありますが
使用するにあたりどうしてもお金が発生してしまいます。
その為、地域の子供達がサッカーボールを蹴りたい!となると
どうしても小学校のグラウンドや空き地、公園など土の環境になってしまっているのが現状です。
子供1人の為にお金を払って、
わざわざグラウンドを1面借りる親御さんも少ないでしょう。

ただ将来プロサッカー選手になると土のグラウンドでサッカーなんてことは、
"まずありえません"。

土と芝(人工芝)のピッチだと、
どうしてもボールの軌道やタッチの感覚など違いが出てきます。

小さい年齢からそういうピッチを体験している子供と、していない子供
どちらの環境が日本の未来を担う将来の才能を磨き上げるに適しているかは明白です。

そういった現状を踏まえて、

"我々高校生も含め利用料がかからない人工芝のピッチで思う存分、
ボールを蹴れる環境を作りたい"

というのが目的です。

もう1つの目的は

"我々神村学園淡路島の生徒が今回の地域に貢献する活動を通じて、
全国の高校生達に同年代でここまでできるんだぞという事を示したい"
です。

全国の高校生、ただ漠然と高校生活を送っていませんか?

"目的もなく、家から近いしなんとなく進学しただけの高校だから、、"
"親から勧められて入学した高校だから、、、"
"必死に受験勉強してなんとか受かっただけの高校だから、、、"

といった理由で毎日ダラダラと過ごしている高校生。

その高校に入学したキッカケはそうかもしれませんが、入学してからどう日々を過ごすかは自分次第です。みんなと同じ勉強をして、同じ時間の使い方をしていて大丈夫ですか?

これからは学歴ではなく"人"が評価される時代になるでしょう。

君はどういう人なの?何をしてきたの?何ができるの?他の人とどう違うの?
この問いに困る高校生は多いはずです。
大卒資格欲しいし、なんとなく行った方が就職に有利だし〜で入学した大学を卒業する前、
就職活動をする時になって考えればいいや〜ではなく

もう高校生の段階で1人の"人"として個性を育みましょう。
何をしたら世の為、人の為になるのか考えて行動しましょう。

我々の活動が知れ渡り刺激を受け、地域に国に貢献できることはないか考え行動する同年代の高校生が沢山出てくれば、もっともっと日本は元気になっていくのではないでしょうか!

"やらないだけで、やろうと思えば何だって出来る"

という事を我々から発信していきます。


以上の目的達成に向けて、ご賛同ご協力頂ける支援者の皆様をお待ちしております。


              神村学園淡路島1年生 山﨑

資金の使い道・実施スケジュール


《備品代  500万円》

※土地と人工芝は支援者の方からお借りします。
フットサルコート。ベンチ設置等の余裕を持ってコート全体サイズ  46✖︎27

(内訳)

・ゴールネット※高さ 2m ✖︎ 幅3m 奥行き上80cm.奥行き下100cm (1万円)

・防球ネット (60万円)

・フェンス ※配管用パイプ、セメント、砂利、土、砕石 (50万円)

・山砂 (30万円)

・木材 (未定)

・防草シート (20万円)

・照明代 ※工事費込 (250万円)

・その他 ※釘等  (20万円)


《実施スケジュール》



〜安全面を配慮の上、可能な限り全ての過程を高校生が、指導を受けながら実際に作業〜

[2020年]
1月上旬 クラウドファンディング終了

2月上旬 芝刈り機で周りの雑草を刈る

2月下旬 耕運機で土地を耕し、山砂を入れて地盤を作る
      転圧機で固めて平らにする

3月上旬 周りを囲うポールを設置 [倒れないようにコンクリートを流し込み根巻きをする]   
     防球ネットをポールに取り付ける
                照明を設置

3月下旬 防草シートを敷き詰める  [防草シート止め釘で固定]
      人工芝を敷き詰める    [U字釘で固定]
                サッカーゴール、ベンチ、テーブル制作

4月上旬 グラウンド完成
      随時リターン開始


リターンのご紹介

・高校生からの御礼のメッセージ送付

・高校生からの御礼のメッセージ動画を送付

・グラウンド完成発表会にご招待し、支援者同士が繋がれる機会を提供

・SNSでご紹介(個人様 or 企業様) 

・個人名 or 企業名(ロゴ)をグラウンドに掲載 

 ・練習試合ユニフォームにロゴ掲載 


本プロジェクトはAll-In方式で実施します。
目標金額を達成しなくても資金を受け取れ、必ず計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください