Jリーグ観戦するサポーターのためのフリーペーパー「柏でよりみちアディショナルタイムズ」の総集編の発行をします。また、'19年まで、まちづくり助成金で紙面印刷費と道路使用許可費用を賄って来ましたが、2020年度から申請条件から外れてしまい、活動継続のためにご支援をいただきたくプロジェクトを開始します。

プロジェクト本文

「柏でよりみちアディショナルタイムズ」とは?

「柏よりみちAT」は柏で行われるJリーグホーム戦の観戦にやってくるビジターサポーターにスタジアムまでの行き方や柏のグルメスポットを掲載したフリーペーパーを制作し、JR柏駅東口前で配っています。
配布開始はキックオフの4時間前から1時間前までの配布です。

------------
紙面は駅前で配布するため、他のチラシ配りと間違われないようにサッカーサポーター向けだとすぐわかるようにスタメン図が表面になっています。そして、柏市の外から来るサポーターは道路や店・バスやタクシーなど交通事情をご存知ないので、情報をまとめて役に立つ紙面を作ることにしました。自分たちが「アウェーに行った時に、調べたことや知らなくてこまったこと。教えてもらって嬉しかったこと」などの経験をもとに情報を組み立て、「どうやったら読んでくれるか?」などを試行錯誤して紙面が出来上がりました。

(情報は当時のものです)


(情報は当時のものです)

紙面はサッカー好きが読む内容・役に立つ情報で構成されています。

・対戦相手サポが考えたお気に入りのスタメン
・スタジアムまでの行き方マップ
・柏のグルメマップ
・スタジアム近くのバス停情報
・対戦相手の次のアウェー先スタジアム情報
・対戦相手の街でのスタグル/スタ街グルメの思い出コラム
・終電情報


「地元グルメをもっと知って」と「道順で迷う仲間を助けたい」という思いから始まった

柏駅周辺は都内有名店で働いていた腕のある料理人が地元で独立することが多く、「グルメの街」としての潜在力があります。こだわりのある店を知らずに、観戦に来たサポーターは東京都内に戻ってしまうことが多々ありました。このもったいない状況をなんとかしたいという気持ちがあり、日々くすぶっていました。

また、G大阪サポで地元に住む編集長は、年に一回しかこない仲間がスタジアムまで行く道のりで迷ってしまうし、美味しいお店を知らずにチェーン店などに入ってしまう現状がもったいなく、しかもスタジアムのビジター側のスタグル店が少なく、いつも激混みになってしまう状況を街のリソースでなんとかしたい、と思っていました。

この2つの課題をサポーターの立場で、外からやってくるサポーターに情報を届けて、解決して行きましょう、と数名のフリーランスクリエーター兼サポーターの創設者が立ち上がり、編集部ができました。
制作と配布にあたり、柏周辺に住む新潟サポや川崎サポなどにも協力をえて、「柏の外からやってくるサポーターに柏のグルメとスタジアムまでの道のりを伝えるフリーペーパー」が始まったのです。

編集長からの、心からのお願い!

行き当たりばったりで始まった私たちの活動も、すでに4季も続き、2020年には(できるなら)5季目となります。ここまでつづけてこられたのも、受け取ってくれたビジターサポーターさん、レイソルサポーターさんの笑顔と、そして柏のまちの皆さまの支援のおかげです。

また、サポフリぺ界の大先輩・甲府の「バス小瀬新聞」さんをはじめとして、フリぺサミットなどをとおして知り合った、全国各地のサポフリぺの編集部の方々との交流が拡がりつつあります。こうした、チームの壁を越えたサポーターのつながりって、日本のサッカー・Jリーグの特徴ともいえるのではないでしょうか? 試合は本気で応援するし、その時は勝ち負けにこだわっていいと思う。でも、スタジアムを出たらノーサイドです。せっかく訪れたその街を楽しんで行きたい、もらいたいって思いませんか?

地元の人に教えてもらったおいしい食べ物やお土産、いい景色、人との交流。遠征の楽しみはそこにもあります。Jリーグでも今、「アウェイツーリズム」を推進していますが、何より、サポーター個々の気持ちによるものが大きいのではないかと思います。ここ1~2年で、同じ想いを持ってはじめた活動が各地で立ち上がってきています。この流れをもっと大きく、そして、それぞれが長く続けられますように。そのためには今、私たちの活動をここで終わらせるわけにはいきません。どうぞ皆さま、ご支援のほど、心からお願い申し上げます。

これまでの活動と反響


[活動]
2016年から今年まで4シーズンの制作活動を終え、2020年は5シーズン目に入ります。各チームへの配布は反響や柏にやってくるサポーターの数を推測して、800枚から1200枚ほど配布をしてきました。ありがたいことに、TwitterやInstagramなどで感想や紙面を受け取ってもらったことを投稿していただき、感謝の言葉をいただいたこともありました。

[メディア]
TVやラジオ・雑誌・WEBメディアなどで取材していただき、サッカー番組の取材コーディネートと出演もした経験もさせていただきました。
過去メディア記録

日本各地のサポーターフリーペーパーとの交流が生まれた

私たちの活動が始まるより以前に、新潟や甲府、神戸、広島など全国のフリーペーパー制作グループがあることは知っていました。活動開始に際して、各フリーペーパーの編集部とはコンタクトを取らせてもらっていました。少しずつ交流を増やしていき、2018年には全国のサポーターが制作するフリーペーパー編集部が集まり会議を行う「Jサポフリーペーパーサミット」を開催しました。

ちなみに2020年1月に2回目の開催準備も進めています。

印刷費と道路使用許可でだけで年間30万円

[道路使用許可]
柏駅前のペデストリアンデッキ(柏ではダブルデッキと呼称)の上で活動するには、管理団体があり公的な支援を受けていました。その上で、道路使用許可の申請は欠かせません。この申請は¥2,200の申請料がかかり、管轄警察署へ申請と3営業日後の許可証受け取りをします。

[紙面印刷]
紙面は毎回800~1200枚を刷っていますが、8,000円ほどの印刷費がかかってきます。紙面は「A3両面モノクロ中織り」です。この印刷費も可能な限り安価に下げるために3週間前を締め切りとしています。それゆえに表面のスタメン図は、予想「ではなく」好きな・最強と思えるスタメンを書いてもらっています。当たらないスタメンとの定評はこのためです。


一回の制作と配布につき、印刷費と使用許可申請だけで10,000円前後の費用がかかります。紙面はJ1だと17試合、J2の時は21試合分の配布がありました。単純計算でJ1では17万、J2は21万かかります。また、多くのサポーターフリーペーパーは、自分のチームサポーター向けですが、私たちの紙面は主にビジターサポーター向けであります。このため、ビジターサポーターが素通りしてしまわないように、ウェルカムボードの印刷や雨の日の配布で紙面が濡れないようにビニール袋、配布ボランティアの熱中症防止用品などを購入しています。

---------------
・平均印刷費 @8000円
・ウェルカムボード印刷費 @2000円
・道路使用許可申請費 @2200円
・寄稿者返礼@2000円
・ボランティア補助品 @1000円 (経口補水液、ホッカイロなど熱中症・防寒対策)
1回配布費用合計 15,000円
一年間合計 : 255,000円
-----
その他の資料印刷費 年間20,000円
(補助金関係団体・市役所などへの資料)
その他の備品 年間30,000円
 (クリアフォルダ、セロハンテープ、養生テープ、マジックペン、保存用ファイル、etc)

合計     :305,000円
---------------

総集編の制作

活動開始から今年の活動終了まで、色々なご声援をいただいてきました。活動開始当初はまだ認知度が低く、「昔の紙面を見てみたい」や「用事で来れなかった時の紙面を読んでみたい」などの声をもらいました。なので、2016年から2019年までの紙面のまとめ版を制作することとしました。また、私たちがどのような想いで活動を開始したのか、活動をしている中でどのような出会いがあったか、これからどのような活動にしていきたいか、などの特装版の制作もします。

[総集編]
・2016年版
・2017年版
・2018年版
・2019年版

[特装版]
・なぜ活動を始めたのか
・活動を始めてから変わったこと
・活動を通じて、あった出会い
・掲載店のインタビュー(サポーターへのおもてなしで変わったこと)
-------
印刷費    :170,000円
送料     :50,000円
デザイン制作費:50,000円
合計     :270,000円
-------

目標金額 : 700,000円

(年間活動費) + (総集編製作費) = 575,000円
campfire手数料 : 12%
振り込み手数料 : 5%
(総合計) * 0.83 = 575,000円
総合計 = 692,771 <端数切り上げ>
目標金額:700,000円

最後に

この時代、Web版でスピーディに情報を公開することは容易ですが、「見てもらう」「読んでもらう」までの努力は大変なものです。まず、直接情報を届けることを重視したため、紙媒体での配布という選択をしました。その後、少しずつですが、Web媒体での情報掲載もしてきました。受けとったみなさんとの交流はTwitterを主に活用しています。しかし、可能な限り私たちは紙媒体での情報を届けることを継続したいと考えています。

その理由は、直接的な交流に勝るものはないからです。
配布活動をすることで、駅前で困っているサポーターが多いことを知りました。困っている人がいるその場その時に動けなければ意味がないからです。フリーペーパーはきっかけを作るツールであり、出会いをつなぎ留めるのはWebツール、という使い分けをしながら日本全国のサポーターと素晴らしいサッカーサポーター文化を築きたいからです。そのためきっかけとなるフリーペーパーは発行し続けたいと思っています。

フリーペーパーをもらって嬉しい。その想いを受け取って私たちも嬉しい。
素直にその循環を心地よく続けていきたいと思っています。

みなさんのお力添えをよろしくお願いします。

  • 2020/01/08 08:00

    アディショナルタイムズアーカイブから年度別の総集編を制作中!皆さま、令和2年になりました。昨年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。1月8日0時現在、パトロン122名様・支援金609,000円(87%)と、非常にたくさんの皆さまから支援いただいております。ありがと...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください