宮崎県日向市にあるサバイバルゲームフィールド喜三郎の新たな設備 更衣室 休憩スペースを作り更なる快適空間を提供をしていきたいですまずは足りていない更衣室スペースにコンテナハウス等を 他にテーブル 椅子などを購入し 増加するお客様に快適なサバゲライフを提供へ

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶
喜三郎フィールド代表宮崎サチエ及び代理人うましです
アクセス頂きありがとうございます

オーナーの紹介

まずは喜三郎フィールドオーナー

宮崎サチエについてご紹介させていただきます

年齢77歳 宮崎県日向市在住

Twitterで銃を持った画像を投稿を皮切りに新聞やテレビに取り上げられ一躍有名人に、2017から所有する土地を開拓し喜三郎フィールドをオープンさせる

このプロジェクトで挑戦したいこと

現在 喜三郎フィールドを利用して頂いているゲーマーの増加、特に女性ゲーマーが増え、施設の利便性の向上を図っていかなければと痛感しておりますが、1日のゲーム代金が1500円程度と非常に安価であり、バリケードの補修や発電設備等に資金を使っていくとなかなか施設にお金を回す余裕がなくご協力をお願いしたいところです。

これまでの歩み・軌跡

これまでテレビ放送については、全国放送二回(珍百景、情報7days ) 、ローカル放送五回(相席食堂等)

また新聞、ネット取材等数々のメディア露出によりたくさんのお客様にご来場頂いております。


資金の使い道・実施スケジュール

まずはコンテナハウス等、更衣室に使える物(手数料17%を抜いた70万円程度)を一年以内を目安に購入し、椅子、テーブルを増やします

リターンのご紹介

特にサチエ氏のグッズ関連をリターンとしてご用意致します(2020カレンダーや、ゲーム優待券)


最後に

今まですでにたくさんの応援を頂いております。更なる応援は非常に心苦しいですが、宮崎県から送る九州サバイバルゲームの熱い風を贈ります。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください