ネット通販利用者は、ここ近年劇的に拡大しております、しかし、ある方々(65歳以上高齢者)は、セキュリティ面での不安、端末操作の問題から殆ど利用されていない状況です。この度、そんな問題を払拭する、電話を使うよりも簡単・安全にネット通販を可能にする!革新的なサービスのプロジェクトを立ち上げました。

プロジェクト本文

電話を使うよりも簡単・安全にネット通販を可能にする!【革新的なサービス】


「ご挨拶・このプロジェクトで実現したいこと」
誰でも簡単に安全な環境でネット通販サービスを利用可能にする!

はじめまして、エイチティトレーディング代表の土屋肇です。
2017年より、自身のIT関連企業(主に総合商社系)で20年以上の勤務経験と貿易、販売、
企画の知識を活用し、現在急成長のEC市場を利活用したEC貿易物販事業を創業しました。
EC貿易物販事業をすすめている中で、ネット通販市場が劇的に拡大している一方で、
利用者が若者世代に偏っており、65歳以上の高齢者が著しく少ないことを知りました。
その理由は以下と考えております。


1)ネット通販に対するセキュリティ面での不安
2)利用端末の操作性に問題がある(複雑な端末操作)


一方、テレビショッピングやカタログショッピングの利用者は65歳以上の高齢者がメインで、若者世代の利用が著しく少ない状況と言われてます、上記の問題を解決できれば、買い物困窮者問題なども解決でき、高齢者のお買い物事情を少しでも変えることができるかもしれないと思い、自身の経験とスキル、そして過去の人脈を活用して検討して参りました。

そして、自身長年の情報セキュリティ関連の経験(20年以上)とEC事業のノウハウを活用し、先ずは安心して誰でもネット通販が利用できることを実現すべきシステム構築のプロジェクトを立案しました、更に自身の個人人脈でIOT関連メーカーの現在開発中の魔法のスイッチ「Control Cube」の開発プロジェクトにも携わり、誰でも簡単に安全な環境でネット通販サービスを利用可能にする!ことの挑戦を決断しました、この度は、誰でも安心して利用できる、セキュリティシステムの構築費用として150万円が必要です、また、特許出願も進めており、この出願費用の捻出も必要です。
本事業では、障害者施設との連係による福祉事業、そして環境問題も考慮したビジネスモデルを推進する予定です、皆様、どうかご支援のほどよろしくお願いいたします。

本事業のビジネスモデルは、「平成30年度第2次補正予算 小規模事業者持続化補助金」の採択を受けたビジネスです。



「プロジェクトの特徴1(セキュリティ面の不安を払拭)」
 先ずはネット通販に対するセキュリティ問題です。

高齢者の方々がネット通販を利用しない理由の一つ(煩わしい端末操作以外)として、利用面で様々な不安があることが調査機関等の調査結果であきらかです。


1.お金を騙し取られないか?
2.きちんと製品が届くのか?
3.顔が見えない人から物を買って大丈夫か?
4.個人情報が悪用されないか?
などの不安です。


我々の提供するネット通販利用では、この不安を払拭できる機能を有しております。
先ず、お買い物をする際に接続する我々のWebサーバは、強固なセキュリティ機能を有したサーバーとなっております、Webアプリケーションの脆弱性を突いた攻撃(最新の攻撃)からWebサイトを守るためのセキュリティ対策として※WAF(Web Application Firewall)を装備する仕様となっております、これにより、情報漏洩(個人情報漏洩)や悪意のあるハッキングからも保護される仕様となっております。
更に、販売店舗、販売製品についても、独自のフィルタリング機能(長年のネット通販業者のノウハウをシステム化したデータベース)により、日本国内の出品店舗で一定の評価基準(評価星の数)を満たした店舗の優良製品(上位ランキング)のみしか接続できないシステム仕様をご提供する予定です。
従い、上述で述べました様々な不安(詐欺的要素等)も払拭できる仕様となっております。
我々のWebサーバーを経由することで、誰でも簡単に安心できるマルチプラットホーム(Amazon、楽天など)のお買い物を楽しんでいただけるシステム仕様を予定しております。
※WAF(Web Application Firewall)とは、ウェブアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃からウェブアプリケーションを保護するセキュリティ対策の一つで、従来のファイアウォールなどでは防ぐことができない不正な攻撃からWebアプリケーションを防御するファイアウォールのこと


「プロジェクトの特徴2(操作性)」
次に簡単な操作性!
このネット通販サービスでは株式会社Mirror Lifeの「Conotrol Cube」をスイッチとして使用します!
※ご支援いただいた方へのリターンの一つとしてControl Cubeがあります!

魔法のリモコンスイッチ「Control Cube」とは「商標登録証登録第5787983号(Control Cube)」

手元のサイコロを転がすだけで、専用サイトが開くリモコン、それが「Control Cube」です。
通常インターネットで買い物をする場合、スマートフォンまたはパソコンから専用のサイトにアクセスする必要があります。しかし、高齢の方がインターネットで買い物をするには、そもそも、スマートフォン・パソコンを使用することへの難しさがありました。
「Control Cube」は、サイコロを転がすだけで、ECサイトなど、あらかじめ設定されているページが開くため、IT弱者といわれる高齢者の方々でも、電話を使うより簡単に、かつ上述(前項)で説明の通りのセキュリティ面も考慮された、安全に、ネット通販を実現することができます。

「プロジェクトの特徴3(環境問題を意識した製品仕様)」
Control Cubeは、環境問題を意識した製品仕様です!

現在、プラスチックによる環境破壊問題が全世界で騒がれており、様々な製品開発において、プラスチックの問題がついてまわります。Control Cubeの外装は、環境にやさしいエコ素材(強度の強いダンボール紙)を使用しております、このような環境問題にも配慮した製品設計をしております。
・ゴミの省スペース化
・プラスチックなどの原料を使用しないCO2削減
・軽量化による配送等にかかる燃料等の削減


「プロジェクトの特徴4(社会福祉に貢献)」
Control Cubeの製作は、社会福祉事業に貢献するビジネスモデル!

本プロジェクトをすすめている段階で、何か別の意味で社会貢献(社会福祉など)できるビジネスモデルも含め、同時に検討してきたところ、協力企業様が長年障害者施設の支援を行っていたことから障害者施設との繋がりできました。現在、Control Cubeの組み立ては、障害者施設の障害者の方々に作業していただくビジネスモデルとなっております、従い、Control Cubeの売上の一部は障害者の方々の収入となるビジネスモデルです。

今後は、障害者施設以外にも社会問題となっている高齢化に対応した、高齢者施設での製品組み立ても検討中です。

以下に、現在組み立て作業をお願いする予定の障害者施設を一例としてご紹介いたします。

NPO法人あおーら

〒357-0006

飯能市中山535-1


Control Cubeのその他拡張性について「その他の利用方法」
Mirror Lifeの長年取り組んできた、Iot関連の技術を踏襲した新世代のコントロールスイッチとなっております故、別途追加オプション(Mirror Life One)の必要は有りますが、スマートコントロールのスイッチや様々な産業用設備の機械・ロボットのリモコンスイッチとしても活用できる仕様となっております。次にSNS(Face book等)へのアクセス、AIスピーカーとの連係により様々なIot環境との連係が可能な製品仕様となっております。


今後の展望!
ストレスフリーな暮らしの実現へ!

今回の取り組みは、ネット通販環境に激震を起こすサービス事業であることと、新たなIOT社会の実現のための第一歩です、ネット通販環境は今後更なる発展が起こることが想定されますが、我々は更なる利便性向上と、IT弱者の方々がより簡単に!快適に!安心して利用できるワンストップサービスを展開して参ります。更にIOT関連においても、家庭内での設備やデバイス操作もワンストップで安心(セキュリティ面も加味した設計)してコントロールできるサービス提供を目指しております


必要経費(CF資金使途)

リターン

※反社会勢力の方からのご支援はお断りしております。

スケジュール(案)

協賛企業様(順不同)
・(株)Mirror Life   役割:ControlcubeならびにIot関連製品開発メーカー
・(株)サンコウ電子 役割:Controlcubeハード基盤開発製造

<All-or-Nothing方式の場合>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください