2020年3月4日~8日に千葉県館山市にて男女3&3・6人制バレーボール世界大会を開催します。日本発祥で世界初の男女比率が同数のバレーボール大会です。 選手、役員、審判、観戦者、応援者、地元の方一人でも多くの方に楽しんでもらえる大会を目指しています。 バレーボールの未来と千葉県の応援をお願いします!

プロジェクト本文


はじめに・ご挨拶

私たち日本混合バレーボール連盟は、2005年3月に発足しました。

『1人でも多くの人にバレーボールを楽しんでほしい』

この想いでスタートしました。
関東から始まった普及活動は日本全国に広がりました。現在は世界各地域に広げることを目指しています。共存、共栄、共生の時代を迎えている今日。グローバル化(国際化) ダイバーシティ(多様性) 少子高齢化、ロコモティブシンドロームなど様々な問題を解決する力を混合スポーツは秘めています。

混合バレーボールは性別、年齢、国籍、身長、地域を超越し、スポーツの持つ魅力を最大限に活かす要素があるとても楽しいスポーツです。

混合バレーボールの魅力

男性3名、女性3名が同じコートに入り、勝利を目指してチームメンバー全員で、1プレー・1ラリーを繋ぎます。国内大会はネットの高さは6人制バレーボールの女子の高さです。

混合スポーツは男性有利に思えますが、男性がありったけの力で打ったスパイクを、女性が軽々とレシーブするシーンや、男性の高いブロックを交わし、女性がサラッとアタックを決めるシーンは、実際によくある混合バレーボールの風景です。女性プレーヤーの活躍は、混合バレーボールの大きな魅力のひとつです。

男女3&3の同数だからこそ、戦略的な部分についても同性のみの場合に比べ格段に広がります。スパイクは男性中心、レシーブは女性中心と分業制のチームもありますが、多くの場合には前衛の女性選手がブロックに跳ぶのかレシーブのみにするのか、速攻に入るのは男性か女性か…。セッターを男性が行うか、女性が行うかなどなどポジション毎に戦略が変わります。またジャンプサーブ、バックアタックを禁止にしているため、一人のスーパーエースの攻撃力が限定されチーム一丸となって戦えるチームが勝利に近づきます。 相手チームの得点率の高いアタッカーを攻略するために自チームのフォーメーションを入れ替え、どのように攻略しチームを勝利に導くかなどなどなど…。戦略がとても大事なスポーツであることも大きな魅力の一つです。

また、混合オリジナルのルールと混合オリジナルのボールの開発により、ラリーの応酬が続きやすいのも魅力となっています。異性とともに戦うことで殺伐感がなくなり、相手への思いやりや敬意がうまれ、良い調和ができます。競技の枠を超え、心(思いやり)も育くめるスポーツです。

世界大会への想い

毎年ロシアでは「Nations Cup Volleyball mixed 4+2」として混合バレーボール世界大会を開催しています。男女比率は4:2です。4:2でのバレーボールも大変楽しいです。出場3年目で日本チームは優勝を果たしました。ロシアでの大会はわたしたちに大きな経験と勇気をもたらしました。

そして今度はわたしたちが団体設立からこだわり続けてきた3:3で、日本で世界大会を開催したい。

設立から15年間、様々なルールの工夫を行ってきました。
そんな中、生まれたTotal220大会。世界の平均寿命を2で割ると約36歳。36歳を6人集めると220歳。その年齢を元に、常にコートの中にいるメンバーの年齢が220歳以上でなければならない年齢制限の大会。20代のメンバーを入れたら50代のメンバーを入れなければチームが成り立たない…年齢を超えチームとしてバレーボールが楽しめる大会を作りました。世界大会では「侍(Samurai)」としてカテゴライズしています。

世界には高身長の方が大勢います。バレーボールは身長が優位に働きます。そんな優位性を取っ払って世界大会用にカテゴライズした185cm以下の大会「忍(Shinobi)」

特別な参加制限がない「Free」

3つのカテゴリを作った背景には、世界中の一人でも多くの人にバレーボールを楽しんでほしいという想いがあります。 

性別、年齢、国境の違いを越え、
・より多くの人にバレーボールを楽しんでもえるように
・バレーボールの魅力、素晴らしさをさらに高めるために
・混合バレーボールをさらに魅力溢れるスポーツにするために
本大会「The 1st 3&3 Mixed Volleyball World Cup」を開催します。

私がこのスポーツを始めたきっかけ

わたくし、代表の大江芳弘が初めてバレーボールと触れ合ったのは小学校のクラブ活動です。それ以来ずっとバレーボールと関わってきています。大会の素晴らしさを実感したのは、都立高校大会で優勝、個人賞を受賞したときです。この喜びが原点で、バレーボールの大会を今も開催し続けています。

大学卒業後に、地域、年齢に関係なく誰もが参加できる6人制バレーボール大会を主催するNPO法人『マグナムカップ』を創設しました。今度は男女で一緒に出れる大会を作ろうと、マグナムカップの付属大会としてはじめて混合バレーボールの大会を開催しました。同性のみのバレーボールも素晴らしいですが、男女混合のバレーボールはもっと素晴らしいと感じ、本格的に混合バレーボールの魅力を多くの人に伝えようと当団体を設立しました。

発足から多くの方々にご支援・ご協力・応援を頂き今日に至ります。皆様の感謝を胸に、ますます前進してまいります!!

世界大会概要

大会名称:The 1st 3&3 Mixed Volleyball World Cup
期間:2020年3月4日(水)~8日(日) ※大会期間は5日~8日
場所:千葉県立館山運動公園体育館
カテゴリ:Free 12チーム、忍 6チーム、侍 6チーム
スケジュール:4日 チーム集合、オープニングセレモニー/開会式
       5日 予選1日目
       6日 予選2日目
       7日 予選3日目
       8日 Free 準決勝及び決勝戦、忍・侍 決勝戦、閉会式
       ※各カテゴリの予選は午前、午後で振分け予定

ご支援の使い道

世界各国から参加される選手のホスピタリティに使わせていただきます。参加される選手たちは、交通費、フライトはもちろんのこと、滞在費についても全額自己負担をお願いしており、大会に関して審判・役員は一部自己負担で参加してくれています。

集まってくださった世界の仲間に、なるべく快適な来日・滞在日程を過ごしていただきたいと思っております。独立行政法人日本スポーツ振興センターのスポーツ振興基金の助成を受けて開催しますが、選手へ対するホスピタリティ部分には充当することができないため、その部分を募ります。

事後にはスポーツ振興振興センターへの報告分を含めまして情報公開をお約束します。


何卒よろしくお願いいたします。

NPO法人日本混合バレーボール連盟大江 芳弘

リターンのご紹介

本大会の記念Tシャツ、トレーナー、メダルなどオリジナルのリターンをご用意しています。関係者席(アリーナ)は迫力あるプレーを間近で観戦することができます。大会当日は、3カテゴリ(参加制限なしのFreeカテゴリ、身長185cm以下の忍カテゴリ、コート上の6人の年齢合計が220歳以上の侍カテゴリ)を同時開催します。3カテゴリ間は行き来自由なため、見たいタイミングで観戦席を移動されてOKです。当日観戦席+宿泊つきのリターンもあります!

また、開催地千葉県の応援のため、南房総の魅力が詰まった特産品や海産品の詰め合わせセットもご用意しています。千葉県の応援+ついでに世界大会も応援、でも構いません^^ 

リターン内容
▼3,000円
 大会記念メダル ※ご郵送
 大会記念メダル+関係者席(アリーナ) ※ご来場時にお渡しします
▼5,000円
 大会記念Tシャツ(ファイテン製品)
▼6,000円
 大会オリジナル試合球(新品)
▼7,000円
 大会記念ポロシャツ(ファイテン製品)
▼10,000円
 大会記念トレーナー(ファイテン製品)
 南房総 特産品 ジャムセット
 南房総 お酒+珍味セット
 南房総 特産品 お土産セット(梅)
 南房総 海産品 お土産セット(梅)
▼20,000円
 南房総 特産品 お土産セット(竹)
 南房総 海産品 お土産セット(竹)
▼30,000円
 南房総 特産品 お土産セット(松)
 南房総 海産品 お土産セット(松)
 世界大会観戦プラン 関係者席(アリーナ)+1泊朝食つき(選手、役員同等ホテル)+特産品(梅)
▼50,000円
 南房総 得々セット(特産品+海産品+ジャムセット+お酒珍味セット)
 世界大会観戦プラン 関係者席(アリーナ)+1泊朝食つき(海沿いのホテル)+特産品(梅)
▼100,000円
 世界大会観戦プラン 関係者席(アリーナ)+1泊2食つき(グレードアップホテル)+特産品(竹)

※上記以外にも近日公開予定です!

最後に

「世界に届け!混合バレーボールの魅力と価値!!」

1人でも多くの人に混合バレーボールの素晴らしさ・楽しさを知ってもらえるよう、スタッフ一同全力で取り組んでいます!ご支援いただけると幸いです!

何卒よろしくお願いいたします。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください