一緒に暮らしている猫のスラヤさんが、致死率ほぼ100パーセントと言われている、猫伝染性腹膜炎、いわゆるFIPに罹患しました。FIPに対する治療法が未だ少ない中、有効とされている薬がひとつあります。それが、治療薬として日本で承認されていない、MUTIANという薬です。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして、こんにちは。私は、猫のスラヤさんと一緒に暮らしている、高木と申します。

神奈川で、ケーキ屋さんで働きながら、スラヤさんとふたりで暮らしています。

今回、スラヤさんがFIPの診断を受けたことをきっかけに、このプロジェクトを立ち上げました。

このプロジェクトで実現したいこと

スラヤさんのかかっている病気、猫伝染性腹膜炎(以下FIP)には、現在日本では未承認の薬、MUTIANで高い効果が確認されています。ただこのMUTIAN、保険適用外かつ輸入品となるため、非常に高価なお薬です。

FIPは、非常に進行の早い病気で、突然容態が変化することもあります。まだまだ子猫のスラヤさんの、成長の手助けをしてはいただけないでしょうか。


プロジェクトをやろうと思った理由

まず病気について、お医者さんとの会話とインターネットで得た知識で、簡単にご説明致します。

FIPは、主に1〜3歳未満の子猫によく見られる病気です。コロナウイルスというウイルスが、突然変異によりFIPウイルスになり、熱、下痢、嘔吐、腹水、胸水がたまる、などの症状を起こします。                  

 このFIPですが、ウェットタイプとドライタイプの2種類に大別され、スラヤさんはこのウェットタイプにあたります。血管からタンパク質が漏れ、体液として溜まってくるのがウェットタイプの特徴です。

FIPは、ウイルスの出現から発症まで数週間、一度発症と確定すると、平均の生存日数は10日前後とされています。

今回、スラヤさんを病院に連れて行くきっかけになったのは、血尿を発見したためです。膀胱を調べるためのエコーで、下腹部に僅かに溜まる腹水を発見することができました。

その後の検査で、40度近い熱、血液検査では白血球数が異常に増えており、炎症マーカーが強く出ていることが判明しました。

蛋白分画、腹水の遺伝子検査でも、FIP陽性という結果でした。

初期段階でFIPの診断を受けることができたのは奇跡的です。

私はすぐにFIPについて調べ、そしてMUTIANという薬にたどり着きました。

そして日本では未承認であること、高価であること、そして素晴らしい効果があることも知りました。

もちろんリスクも考えられるでしょう、効き目が100パーセントあるとも限りません。ですがそれが、一緒に暮らしてきた猫のために、私ができるただ一つの方法であるなら、試したいと思いました。

そこで問題になるのが、お金です。

MUTIANは日本で、100mgの錠剤、1錠約2400円ほどで手に入れることができます。スラヤさんの症状と体重を考えると、1日300mgの服用が必要です。

そしてそれを最低でも約12週間(薬の効果が得られた場合、12週間後の血液検査の結果で投薬を終了することができるそうです。)続けると、約60万円強、の金額になります。そこに、血液検査、エコー、腹水検査、交通費、など、様々なお金がかかってきます。街のケーキ屋のお給料では、とてもぽんと出せるような金額ではありません。保険に入ってはいますが、1日の限度額が12000円と決まっており、MUTIANについては未承認の薬のため、保険適応外となっています。

少しの貯金と、毎月の収入でなんとかやりくりしていきたいのですが、もし、スラヤさんの治療を応援してくださる、手伝ってくださる方がいらっしゃったら、とてもとても助かります。

FIPについて調べていて、沢山の方が記録を残して下さっていたので、私は様々なFIPの症例を知りました。この金額の問題は大きく、FIPにかかってしまって助けたいのに、助けられない、期間も残されていない、治療施設も限られている。そんな中で対症療法を選び、闘病しながら看取っていった方もいらっしゃいました。

もしクラウドファウンディングで、協力者を集めることができたら。ひとりでもふたりでも、助けてくれる人がいる、そういう記録は、金額で治療に踏み切れない方の希望になるかもしれません。

また、MUTIANの情報にたどり着けず、もしくは病気の進行に間に合わず、愛猫を失ってしまった方、日本でもし、MUTIANが承認され、保険適用され、すぐ処方されるようになれば、どうでしょう。とても難しい話で、医者でもない、一般人が簡単に言える話ではないですが、MUTIANの服用で治った、という前例がひとつでも多く残すことができれば、今後の日本での承認へ繋げることができるのではないか、と考えます。

FIPは、ほんとうに突然、どんな猫でも起こり得ます。


資金の使い道

全てスラヤさんの治療費に充てさせていただきたいと思います。主に、MUTIANの購入費、病院への通院費、血液検査代、エコー検査代など、その都度写真でどのくらいの費用がかかったのか、お知らせしたいと思います。

もし、容態の変化等でスラヤさんへの治療が困難、不可能になった場合、「かながわペットのいのち基金」へ残額は全て寄付させていただきたいと思います。


リターンについて

スラヤさんのために、私が皆さまにお返しできることは何だろうかと考えました。

私は趣味をいくつかもっていて、そのうちのひとつが刺繍です。いろんなお花を、私がエコバッグやがまぐちに刺繍いたします。

昔作ったがまぐちです。りんどうです。

サイズ感はこちらを参考にして頂けたらと思います。※ケースは付きません

エコバッグは、雑誌が入るくらいのサイズを考えています。刺繍サイズはがまぐちとかわりません。

お値段の高いほうには、さらにスラヤさんを刺繍します。

※スラヤさんが入るのでお花は小さくなります、写真はかすみ草です。

ポーズやお花の柄などはお選びいただけません。しっぽはふわふわになっています。


私の時間を、リターンとして受け取っては貰えないでしょうか。手作業のものになり、本来の仕事もあるため、すぐにはお渡し出来ませんが、頑張って作らせていただきます。

こちらの発送は1月〜2月中を予定しております。

また、すごくかわいいスラヤさんをPhotozineと、ポストカードにしました。成長を手伝って頂いたお礼に、すくすく育つスラヤさんを見てもらいたいです。※こちらはInstagramで投稿した写真、ブリーダーさんよりお借りした写真が含まれます。

スラヤさんのために協力してくださったあなたに、感謝をこめたリターンを考えてみました。よろしくお願い致します。


最後に

ここまで読んで頂いて、ありがとうございます。

スラヤさんについて、最後に書きます。

スラヤさんは、私が初めて一緒に暮らす猫です。ずっとずっと猫と暮らしたくて、貯金をして、一人暮らしをして、仕事にも生活にも余裕がでてきて、さあいよいよ、と、お迎えしました。

来たばかりのスラヤさん

2018年4月16日生まれ、現在1歳7ヶ月の男の子です

いなば製品と海苔が大好きです。海苔はほんのひとかけらだけのお楽しみです。

苦手なことはドライヤーをかけられることと、爪切り。爪切りをされるときは、大人しくしてくれるのですが、絶対に切られている爪から目を外します。

子猫のころからお腹の調子がよいとは言えず、半年以上服薬と通院を続けていました。それでも年明け前に持ち直し、去勢手術も無事終えて、ここ最近は元気にすごしていたのですが、このような結果になってしまいました。

自分のエゴで飼い始めたのだから、ペットの面倒は自分で責任をとるべき。他人に手を貸してもらうなんて。そう考える方には、ほんとうに不快に思われるでしょう。申し訳ありません。

ただ、治してあげられるかもしれない可能性があるのだから、諦めたくないのです。

支援していただくのが難しくても、この病気について知っていただいて、今や、不治の病ではないことを伝えていただきたいです。

どうぞよろしくお願い致します。

Instagram


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2019/12/03 12:56

    こんにちは、高木です。もうすっかり寒くなってまいりました。スラヤさんは薬のおかげで安定しており、布団や座椅子で丸まったり、のびたりと、ゆっくり過ごしてくれています。CAMPFIREでのご支援が、目標金額の80%を達成しました!始めた当初は、頑張らないといけないと思いながらも、冷静には集まるわけ...

  • 2019/11/23 08:03

    こんにちは、高木です。大変遅くなりました、支出の報告を致します。添付資料について、あくまでも個人のプロジェクトのため、ご迷惑をおかけしないよう病院の名前等伏せることをご了承ください。▽11月2日血尿を出したためかかりつけ医へ(病院A)膀胱検査のためのエコーで腹水の発見。尿検査と血液検査、FIP...

  • 2019/11/21 00:29

    こんばんは、高木です。見てくださってありがとうございます。皆さまからの応援とご支援で、今日もスラヤさんにお薬をあげています。11月20日、投薬から2週間が経ちましたので、MUTIAN協力病院にて経過観察を行いました。まず、前回(投薬前)来院したときに採取した血液と、腹水のネココロナウィルス(F...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください