某傑作戦車アニメーションのスピンオフにて脚光を浴びた、九七式軽装甲車「テケ」を建造する計画です。 実車の70~80%サイズかつエンジン駆動で自走するモデルとし制作。 多少のデフォルメは入れますが、全鋼製でイベント・サバゲでの活躍を可能とする完成度を目指します。 本車で戦車は二台目と実績あり。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

この度は本計画をご覧頂きありがとうございます。
「皆で楽しめるモノ」、「皆の記憶に残るモノ」を作ろうと考え続けて早30余年。
前回の成功を受け、多くの方の後押しを受け再び計画をスタートする運びとなりました。
個人的な計画ながら、皆様には何卒ご協力頂けますと幸いです。
一緒に大洗の地を目指しましょう!

▼このプロジェクトで実現したいこと

「乗れる」「動く」「遊べる」戦車を作り
あんこう祭りを始めとしたイベントやサバゲ、ヒストリカルイベント等を盛り上げたいと思います。
何より、世界で一番最初にリアル「タンカスロン」をやってみたいというのが夢です。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

前回の「カミ車」のおかげで得た人の縁や、乗り込み触れた方々の笑顔や驚きの顔が忘れられず
また同じ様に、それ以上に自分の生み出したもので人に喜ばれたい。
もっと、色々な人々と巡り会いたい。
それが本計画のスタートです。男として生まれたからには、一角の「これだ!」と言える物を残したいのです。

▼これまでの活動

大学時代に「パンター」中戦車建造(未完成)
3年前に特二式内火艇「カミ」建造(下画像・完成)
昨年はSF装備「ODSTアーマー」制作(完成)
その他、金属布樹脂問わず色々なマテリアルにトライし、モノづくり中。

▼資金の使い道

主に、鋼材等資材や工具類の消耗品の購入に宛てます。
ベース車両は購入し自力輸送済み。
直近ではエンジン、履帯の購入を考えています。

▼リターンについて

資金的に厳しいですが、一定以上ご支援頂いた方には「メンバーズパッチ」やスマートフォンケース類。
完成式典無料招待。
また高額支援頂いた際には本州に限りますが「無料召喚権(時期応相談)」などの付与を考えております。

▼最後に

熱意と意欲を持て余し、しかし金銭的にそれを昇華できない。
そんな方は数多居られると思います。
しかしその中で敢えて、自分の計画に賛同頂けるという方は是非お力をお貸し下さい。
不退転の決意を持って、皆様のお力を「形」に変えてみせます。
場所もあります。ベースも有ります。あとは、皆さんのお力がカギです。
何卒、宜しくお願い申し上げます。

「写真提供:吉川和篤先生」
この場を借りて御礼申し上げます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください