福岡中洲で15年、60年続いた老舗ジャズ店の6代目マスターとして、やってまいりましたが、突然な立ち退きと癌治療の為、やむなく昨年11月に閉店せざるを得ませんでした。1年に渡るリハビリ等やって再開店を目指してまいりましたが、年齢、健康、体力から残念せざるを得ませんでした。そこで、店にある大量のLPレコード、CD、関連本を広く販売する事業を立ち上げる計画をたてました。また、地元九州ジャズミュージシャンのCDなども販売し、福岡ジャズの発展に微力ながら貢献したい思いです。将来は、通販だけでなく実店舗の展開も、考えております。

店主  小串 洋一のプロフィール

1973年 九州大学経済学部卒業、学生時代は、福岡県のジャズ喫茶めぐりをしてジャズに没入ら。某損害保険会社に入社とともに上京。東京のライブハウス、ジャズ喫茶に足しげく通う。52歳の時、脱サラ氏、リバーサイド  の6代目マスターとなる。

1枚、1枚、レコード、CDなどを安価に好きな方々に提供し、ジャズファンの底上げに、尽力したい、そして自分自身の最後の仕事したい気持ちです。また、九州地元ミュージシャン制作のCDを積極的に販売し、下支えしていきたい。



資金は、当面の 

❶宣伝費に50万 

地元雑誌、新聞などへの掲載、ポスター

チラシの作成、配布

❷PC.印刷器などのハード設備の充実 

ホームページ作成、システム導入など

 に30万   

❸リターン費用  、クラウドファンデイング手数料 諸経費

    60万

❹仕入れ運転資金、出張買い付け、

    60万

計  200万目標

         


実施スケジュール

11月25日開始  1月25日終了

今年、古希70歳になりました、この歳で、新規事業は大変厳しいものがありますが、人生最後の挑戦です、皆様の熱いご支援をお願いする次第です。



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を必ず実行し、リターンをお届けします。既に立ち上げる準備はしています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください