ボディポジティブムーブメントは「自分ありのままを受け入れ愛そう」という社会運動。近年そうした影響を受けリアルな女性の体型を考慮した商品開発や広告制作を行う企業が増えています。しかし時代の変化に喜びがある一方、私達の心には "ある違和感" がありました。4人の女性たちのリアルな生き方を今回、表現します

プロジェクト本文

『ボディポジティブ』が出来たから "私たちは" みんなに見えるようになったのか?

日本におけるボディポジティブ・ムーブメントの広がりは加速しています。
続々と有名ブランドが広告にプラスサイズモデルを起用し、
百貨店では大きいサイズ専門の販売フロアも増設。
多様性な選択が出来る社会の広がりに喜ぶ一方、私達には何かモヤモヤした気持ちがあります。


『ボディポジティブ・ムーブメントが出来たから、私達は今ここにいるの?』



『ボディポジティブ』という言葉が生まれる前に、 " 私たちは " どこにいるか知っていましたか?

百貨店で気軽に自分のサイズを買えるようになりました。

それじゃ、百貨店で気軽に買えなかった今までの私たちは、

どこで自分のサイズを買っていたか、皆さんは知っていますか?


ボディポジティブ・ムーブメントの後、私たちは体型の多様性の象徴として
時には持て囃され、時には議論の的となり、時には人に勇気を与える存在になっています。

しかし、私たちはボディポジティブ・ムーブメントが出来たから、誕生したのでしょうか。


違います。

私達は、もっと前から。
ずっとずっともっと前から。

社会の一員として存在していました。


ただ、今までの私たちは『透明人間』だったわけです。

百貨店で自分のサイズが買えるお店が少ない、
少し人と違うだけで生きづらさを感じていた私達を

長年、誰も気に留めなかった。


私達は、『ボディポジティブ』の象徴でも何でもありません。

ひとり、ひとりの "個人" に過ぎないのです。


私達は『ボディポジティブ』だから解放されているわけではありません。

ボディポジティブというムーブメントを社会のみんなと同じように
「時代は変わっていくんだなぁ、凄いね」と喜ぶ、ただの社会の一員に過ぎず、

その私たちが、ボディポジティブというムーブメントの枠に入れられていることの違和感を、
4人の女性たちのリアルな生き方として今回、写真で表現します。



2020年1月27日~
下北沢で写真展【ボディポジティブとかじゃない展】を開催します。

開催期間:2020年1月27日~2月3日 

入場:無料

▼場所

下北沢バロンデッセアートギャラリー

東京都世田谷区北沢2-30-11

3F


各スペースでは "それぞれの人生の窓" として写真が展示されています。



そして、今回出演する4人の窓を紹介します。

敢えて「自己紹介」は省いています。

どんな女性で、どんな『人生の窓』なのか
あなた自身の目で写真を見て、感じ取ってほしいと思います。

◇あんちゃん =オレンジの窓
自分を一言で表すとしたら?『ポジティブ主義』

◇エマちゃん =ピンクの窓
自分を一言で表すとしたら?『ありのままの私』

◇ソンミちゃん =すみれ色の窓
自分を一言で表すとしたら?『ガラスメンタルの北京ダック』

◇ドルちゃん =黄色の窓
自分を一言で表すとしたら?『つまらない私に用はない 』





今回、写真展を主宰する写真家の紹介です。


Poko【ぽっちゃり女性専門写真家】 = みどりの窓


2011年より自身のウェブサイト『トウキョウMINOLI堂』を運営。

2012年より【ぽっちゃり女性専門写真家】を名乗る。

好みのふくよかな女性をモデルに写真を撮る中で、彼女達の直面する偏見や差別を目の当たりにし、
「ぽっちゃり女性の魅力を広め、彼女達への偏見や差別と闘いたい」
「体型のせいで自尊心を持てずにいる人にも自分を愛して貰いたい」として活動。




資金の使い道のついて


集めた支援金に関して、全て、今回の写真展制作費として大切に使用させて頂きます。


〇会場費 15万円

〇写真プリント代 12万円

〇撮り下ろし撮影経費 16万円

〇設営費 2万円

〇ポスター、フライヤー、ポストカード制作費 2万円

〇オープンパーティー&クローズパーティー費 3万円



リターンについて

リターンでは、Poko【ぽっちゃり女性専門写真家】のポートレート撮影から
4人それぞれ今回だけの特別なリターンなど、たくさんご用意しております♪

ぜひ、ご覧ください。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、
個展は開催し、リターンをお届けします。


最後に

私達はこれからも、全ての人が、多様な幸せの選択が出来る社会を推進していきます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください