駒込に2020年2月にオープンするアナログゲームの店舗「駒込ガレージ」の内装を作るための資金を集めたいと思っています。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

みなさんこんにちわ、今回、駒込にあらたにアナログゲームのためのスペースをオープンしようと思っているpsyka(さいか)こと斎木創です。

46歳で、主な仕事としてはマジシャン、アミューズメントポーカーのサークル運営などを行っています。

このプロジェクトで実現したいこと

2020年2月に、JR駒込駅から徒歩1分という立地で、アナログゲームのためのスペース「駒込ガレージ(公式サイトはこちら」をスタートさせます。すでにスペースの契約をして12月末から荷物の搬入と設営を開始する状況です。JR駒込駅から徒歩1分(南北線駒込駅からも徒歩3分)とアクセスは抜群で、ビルの地下のスペースですが、完成すれば、色々なアナログゲームをプレイできる環境が作れるかなと思っています。

今回、資金がないので自分でDIYするつもりで準備を進めていますが、資材類などスタートまでの準備資金が足りないので、このような形でクラウドファンディングを実施し、皆様のご協力を仰ぎたいと考えています。

プロジェクトをやろうと思った理由

駒込ガレージはアナログゲームのためのイベントスペースとして運用したいと思っています。主に取り扱うのは2種類、マーダーミステリーゲームアミューズメントポーカーです。

マーダーミステリーゲームは最近にわかにブームになりつつある新ジャンルのゲームで、色々な表現がありますが簡単に言うと「物語の登場人物になって、その場で起きる事件に立ち向かう」ゲームです。元々は殺人事件が発生して、その登場人物になって犯人を探す(犯人役は逃げ切る)」ものが起源になっているため、マーダーミステリーゲームと呼ばれます。

このゲームが面白いのは、推理小説のように犯人を知ってしまう関係上「1つのシナリオを体験できるのは人生で1度だけ」という点です。このエモーショナルなゲームの虜になった私は、現在自分でもシナリオを制作していますし、おなじようにこのゲームを開催したい人たちに協力したいと考えました。そこでゲームスペースのコンテンツの一つとして取り扱っていきたいと考えています。

もうひとつはアミューズメントポーカーです。こちらは海外などで行われているポーカーゲームをお金をかけずに遊ぶものです。よく誤解されますが、お金をかけずともポーカーはゲームとして非常に面白く、こちらも全国的にプレイヤーが増えており、実は都内だけでも何十軒というお店があります(お店の形態は様々です。専門店、ゲームセンター、バーでの曲がり営業など)私は、このアミューズメントポーカーの営業を10年ほど運営しており、これからも安価で楽しめるアミューズメントポーカーを提供したいと思い、駒込ガレージのコンテンツにしたいと思っています。

自身の運営するコンテンツだけでなく、これらのゲームを開催したいと思っている人たちへの場所を作ってあげることが今回、駒込に新しいスペースを設ける理由です。

これまでの活動

現在、私は麻布十番でアミューズメントポーカー向けのレンタルスペースを運営しつつ、自身でポーカーサークル「GAPTOKYO」も運営しています。場所柄運営コストも高く、8年間続けてきたこのスペースを年内で閉鎖することになり、新たな場所として駒込に縁があり、場所をお借りすることができました。

ポーカーでの仕事に関してはこちらにコラムも書いていますのでご参照ください
(参考資料:マネ会「カジノがない日本で「ポーカー」に関わる不思議な仕事 ~お店経営とポーカーディーラー~」)

また、マーダーミステリーゲームのシナリオを鋭意製作しております(レーベル名はSWAN DIVE -twitterアカウント-)

他にも本業のひとつとしてプロマジシャンだったりします。こちらは活動は少なめですが。年に1回くらい一般のお客様相手にライブ・ショーを提供しています。

資金の使い道

今回、集めた資金は駒込ガレージの内装費に充てたいと考えています。現在以下の資材や機材の購入を予定しています。

1)フロアマット
2)壁紙・ペンキ類
3)木材(壁にゲーム棚およびカーテンレールを設置)
4)カーテン・カーテンレール
5)エアコン(18畳用)
6)椅子
7)モニタ

番号は優先順位です。今回は目標額に達していなくとも実施するAll-in方式なので調達額に応じて上から順番に購入する予定です。目標額に達していなくても実施しているものもあります。

現在、麻布十番で使用している機材類を持ち込むため、かなりコストが抑えられる予定です。集めた資金は内装に使用する予定です。今回、壁を塗り直して棚類をつけたあと、マーダーミステリーゲームの雰囲気を高めるために、部屋の奥を劇場風にできればと考えています。ポーカーのときも余計なものが見えないようにカーテンで隠すなどの工夫をこらしたいと思っています(絵心があればイメージを載せたいところなのですが)

目標額を超えた場合は、今回はほぼ諦めていますが業者さんに依頼して天井の照明類に手をかけたいと思っています。まずは、人が来れるスペースに仕上げるためになんとか5)までは実施したいです!

リターンについて

リターンできるものも少ないですが、開催していくコンテンツを生かして下記のような内容をご用意します。また、需要があるか分かりませんが、私のマジックショーもリターンの一部として用意いたしました。金額によって異なりますが、リターンは下記の通りです。

・ご協力への感謝のメール
・駒込ガレージ完成(2020/2予定)の進捗ブログ(CAMPFIRE内にて関係者のみ)
・ポーカー向け オープニングトーナメントへのご招待
・マーダーミステリーゲーム向け SWAN DIVE公演の参加チケット
・出張マーダーミステリーゲームサービス
・psykaマジックショー

実施スケジュール

2019年12月末から搬入作業を開始

2020年1月上旬に資材を購入し内装を手がけます

1月中旬に基本的な内装は完了させ、2月のオープンに向けて仮運用を開始します

2月1日にグランドオープン予定
ー記念ポーカートーナメントを2月1日と2日に開催します
ーマーダーミステリーゲームに関しては2月7日から開催予定です

最後に

すでに動いているプロジェクトです。変な話ですが資金が足りない場合もできる範囲で完成させ、以降は売上の中から少しずつ仕上げていこうとも思っていますが、マーダーミステリーゲームやアミューズメントポーカーというものを知って頂く良い機会だと思って、今回のクラウドファンディングを企画しました。

ちょっと変わった話ではありますが、もし興味を持っていただけたらご協力していただけると幸いです。どちらもまだまだマニアックなコンテンツだと思いますが、体験していただければ興味を持っていただけると自負しています。ぜひ!宜しくお願いいたします。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください