もう重いスキー板をかかえて運ぶ必要はありません!スキー板運びの負荷を軽減!スキー板を簡単に台車のように引きずり移動が可能!ポケットサイズで軽量コンパクト!

プロジェクト本文

Skiddi(スキーディ)は、スキー板を抱えることなく、軽快にスキー板を運ぶためのツールです。

スキー場でゲレンデに出るまでに、あなたは疲労感やフラストレーションを感じていませんか?
ゲレンデに向かうには、ホテルや駐車場、または駅からリフトまでスキー用品、さらにはお子様も肩に乗せ運ぶ必要があります。
歩きにくいスキーブーツを着用し移動することは、スキーを楽しむまでに非常に疲れ、危険も伴います。そんなスキーヤーために、私たちはスキー板を肩に乗せることなく運ぶためのデバイスを開発をしました。
このSkiddiは、使いやすく、子供も含め、あらゆる年齢層に適した小型のシンプルなデバイスです。

Skiddiはイタリア製のポケットサイズのデバイスで、スキー板を簡単かつ迅速に台車のように引きずり移動することができます。 

Skiddiは、100%MADE IN ITALY製品であり、生産チェーンのおかげで「ソーシャルグッド」社会的に貢献のある製品と呼ばれています。

これまでスキー板を運ぶ手段がありませんでした!

私たちSkiddiチームは、スイスまで車で2時間ほどのイタリアのブレーシャに拠点を置き、スキーが大好きなスタッフの経験から生まれたツールです。

自宅で3Dプリンターを使用して初期の基本的なプロトタイプの作業を開始し、機能的で審美的に魅力的なソリューションを実現してきました。 

4世代目のプロトタイプで、ようやく要求を完全に満たす設計に到着しました。
製造パートナーのおかげで、製品化され現在は海外の世界各国に流通しています。

スキーに固定する方法 

Skiddiなしでスキー板を持ち運ぶ際のリスク

●筋肉への肉体的疲労 。特に冷えた筋肉の場合、板が重たく感じ大変ですよね。
●氷の上で転んだり滑ったりして、あなたや周りの人を傷つけるかもしれません。
●全ての用具を保持するのが難しい (スキーに加えて、スキースティック、バッグなど)。
●スキーの制御不能な動きによる人または物への損傷。

これらの考えられるリスクを、Skiddiはトロリーのようにスキー板を運び、用具の負荷を軽減し、安全も確保します。

Skiddiは丸みのある形状で、ポケットやバックパックに簡単に保管でき、あらゆる路面状態(雪、氷、砂利)で使用できます。

Skiddiは3つのパーツで構成されています。

1-本体:主要部分
2-カバー:両面に取り付け
3-キャディ:2つの車輪が取り付けられています

パッケージ内容:
Skiddi本体×1
ツインチップ用拡張アクセサリー×1
防水ポーチ×1
取扱説明書

製品設計者でり、D-NAMIC社の代表を務める1983年生まれのSergio Pedolazziは、父親の職場で「小さなメーカー」として活動を開始し、すぐに技術と革新に大きな魅力を示しました。2012年、彼の研究中に習得した技術スキルとスキーへの情熱のおかげで、Skiddiのアイデアを思いつきました。最終的なプロトタイプは、オープンソースの3Dプリンターを使用して開発された数年後に行われ、製品の設計を定義できるようにしました。2014年、SergioはSkiddiの発明特許を取得し、DesignWinMakeで表彰されました。

Skiddiは、ソーシャルグッド+メイドインイタリー

こんにちは、私は開発者のセルジオです。スキーが大好きです!私は、身体的および社会的に不利な立場にあるスタッフを雇用している主要企業(メーカー)でSkiddiを生産することにしています。私たちの世代は製品の価値はもちろん、より社会的責任のある方法でビジネスを作っていく必要があると信じています。

プロジェクト実行者について
株式会社リスティックは、横浜市を拠点に2018年4月に開業した会社です。
開業前のイタリア企業でのビジネス経験を活かし、開業後は海外、おもにイタリアをメインに企業やアーティストのアジア・日本進出に伴う代理業務サポートを致しており、今回CAMPFIREを通して一人でも多くの方に「Skiddi」をご愛用頂きたく、日本正規輸入販売代理店としてプロジェクトを実施させて頂くことになりました。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

リスク&チャレンジ

このプロジェクトは、日本での製品安定提供を目指すための購買型クラウドファンディングの提案です。すでにこちらの製品は、海外での流通は始まっており、生産背景は完備されております。予想以上の方々からご支援があった場合、お届け時期が遅れる可能性もございますので、その点予めご考慮頂きご支援頂ければ幸いでございます。その際は、ご報告の上、入荷ロットに応じ、ご支援頂きました順に配送させて頂きますので、ご支援者様毎にお届け時期が異なります。また、並行輸入品が発生する可能性があります。個人輸入及び販路によっては防ぐことができない可能性がある点、ご了承願います。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください