住宅損害に於いて火災保険金では資金が足りない部分の補填と作業に際し不足している車両や道具や資材を調達する事を目的とします。

プロジェクト本文

プロジェクトリーダーの齋藤です。

各種保険の代理店業や住宅ローン診断士として金融媒介やそれに関連した設備設置及びリフォーム等を請け負い等、関係業者様と連携して行っております。


以前から自然災害での修繕は行っておりましたが、今年の2大台風での被害は大きく火災保険だけでの対応では再建できない事例も多く、施工に至る事が出来ない家も多々あります。

また迅速な対応も要求されるところです。

保険や行政対応を待つ事なく、それで資金が足りない場合の資金調達や対応するための機動力として利用させていただければと思います。


些細では御座いますが、プロジェクトに賛同していただいた方には御礼の記念タオル等での対応を考えております。


年明けの1月~3月まではここ数年も大雪での罹災も増えております。

それまでには安心して過ごして頂ける様にと考え、施工実施は12月中旬~1月下旬までと計画してます。資金内訳としては車両・道具の調達に120万円程度、あとは施工補填金となります。現在保険金だけでは施工不可能な案件が10件を超えております。リターンにつきましては1月末までにお手元にお届けする予定です。


寒い冬を迎えるにあたり仕込師でも多くの家庭に安心と団らんとお届出来るよう、ご協力お願いします。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください