目的実現のため、ネクストゴールとして「パトロン200人」を目指します!
12/29まで支援が可能です。引き続きよろしくお願いします!


(今季天皇杯vsヴィアティン三重)

●はじめに

はじめまして。2019年度関西学院大学サッカー部主将の竹本将太です。
関西学院大学は、近年では2015年に日本一になっており、僕も出場した昨年の天皇杯では2回戦でガンバ大阪を延長戦の末破り、ジャイアントキリングを成し遂げました。
今年度は最後の全国大会となるインカレへの出場が決まっています。

今回クラウドファンディンングをするのは、スペインでプロサッカー選手としての契約を目指すためです。


スペインでプロになる、という決断までには多くの挫折や葛藤がありました。
以前Twitter、noteにてその想いは発信させていただいていて、たくさんの共感のメッセージなどをもらってありがたく思います。
支援などに関係なく、進路選択など「これからをどう生きるか」「幸せとは何か」について書いています。
まだ読んでいない、という方はぜひご覧ください。

以降、今プロジェクトの目的になります。

竹本将太note「竹本将太のこれからの話」

お読みいただけましたか?ありがとうございます。


ーーー


高校時代、どれほど頑張っても超えられなかった壁がありました。
大学では、将来への漠然とした不安がどこまでも付き纏いました。

「それでも俺はサッカーがしたいのか?」

何度も何度も自問自答してきました。

それでも今この決断ができたのは、ブレないひとつの哲学があったからです。

竹本将太部員ブログ「いま、ここ」 (リンクは最後にまとめてあります)

前に進むには、過去と未来を捨てる勇気が必要でした。
だから、「いま、ここ」に全力で没頭できることをしよう。
「いま、ここ」を最大限に楽しめる生き方が僕の幸せの形だと気づきました。

だから就職の道を断ち、サッカーを続ける選択をしました。


(昨年度リーグ開幕戦勝利後)

僕にはこの挑戦を通して伝えたいことがあります。
それが「他人の幸せを生きない」「自分の幸せを生きる」ことです。

「他人の幸せを生きる」のはとても楽です。
簡単に周りの承認が得られます。大手に就職すればたくさんの人が褒めてくれます。しかし、他人に承認を求めだすと、終わりはありません。人生の終わりまで、「誰かに褒められたい」という欲求から逃れられません。

だから「自分の幸せを生きる」ことが大切です。
これは、人生をより善く生き、より大きな自分に出会うたった一つの方法です。

しかし、「自分の幸せを生きる」には勇気が必要です。
承認欲求から脱却する勇気。
過去と未来を捨てる勇気。

だから僕は捨てました。
内定という社会からの承認を。
挫折だらけの過去と、何も見えてこない不安な未来を。

自分のモノサシで測った幸せは「いま、ここを最大限に楽しめること」でした。

そして、それが「スペインでプロサッカー選手を目指す」という道です。
つまりこの挑戦は「自分の幸せを生きる」ことの幸せを、価値を体現する道です。


(今季関関戦ゴールセレブレーション)

『目的』
自分の幸せを生きる勇気を体現する

『目標』
①スペインでセグンダB(*1)以上のチームでプロ契約
②3年以内に欧州4大リーグ(*2)の1部に出場、5年以内にチャンピオンズリーグ(*3)出場
③成功までのストーリーを世の中に知ってもらう

①②1月にスペインへ渡り、セグンダB以上のチームに練習参加し、プロ契約を目指します。そこから挑戦がスタートします。

③「自分の幸せを生きる」とは何なのかを伝えていきます。
自分の幸せのモノサシで生きている人はいます。例えば本田圭佑選手など有名なスポーツ選手はその最たる例でしょう。
しかし、その生き方が「あの人だからできる」という認識になるのは結果しか見えないからです。もし彼らのストーリーを成功する以前から知っていれば見え方が変わります。

そのためにまずは今回のクラウドファンディングで認知を拡大します。
そしてYouTubeとTwitterによるリアルタイムでの活動報告をしていきます。
レベルの差を痛感したり、怪我をしたり、考え付かないような壁がたくさん待ち受けているでしょう。
それを脚色せずに包み隠さず伝えていきます。


(*1)セグンダディビシオンBは3部相当でバルサBやビジャレアルBなど。2部はセグンダディビシオン(リーガ・アデランテ)で香川選手のサラゴサなど。1部がプリメーラディビシオン(リーガBBVA/リーガエスパニョーラ)で乾選手のエイバルや、バルサ、レアル・マドリードなど。

(*2)スペイン、イングランド、イタリア、ドイツが世界最高峰のリーグとして知られている。Jリーグは世界リーグランキングで33位。

(*3)UEFA チャンピオンズリーグはヨーロッパのクラブチームで年間の王者を決める大会で、サッカー界で最も権威ある大会。



●資金と使い道

資金は契約までの期間の生活費や渡航費などに使わせていただきます。

・渡航費 往復 15万円
(往復なのは、契約後に必要な手続きをするために一時帰国するためです)

・宿泊費 15万円

・食費 5万円

・レンタカー、交通費 5万円

・医療費、その他生活費など 10万円

・手数料(CAMPFIRE掲載手数料12%、決済手数料5%)8万5千円

計58万5千円




●最後に

自分の幸せを生きる勇気。

いま、ここを全力で生きるということ。

才能、運命、縁、環境、社会。諦める理由はいくらでもありました。
しかし、続ける理由は一つしかありません。幸せに生きるためです。

竹本将太は、何があろうと絶対に信念を曲げません。

5年後、アンセムを聴きながら入場する日本人選手が竹本将太です。
共に夢を叶えましょう。


最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。
少しだけこいつに期待してみよう、そう思ってくだされば幸いです。

これからも応援よろしくお願いします。


アンセム:チャンピオンズリーグの選手入場の際流れる音楽


竹本将太をもっと知りたいという方は以下を参照ください

Twitterアカウント

竹本将太部員ブログ「いま、ここ」

竹本将太note「竹本将太のこれからの話」

竹本将太note「心理学に助けを求める」




(本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。)


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください