京都府綴喜郡井手町にある西福寺に所蔵されている貴重な仏画を後世に伝える為に修復したい。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして、京都府綴喜郡井手町にある西福寺と申します。西福寺は奈良時代から続く寺院です。町の小さなお寺ですが多数の仏像・仏画が伝わっています。長年、寺に伝わった仏画などを修復してきましたが、きちんと後世に伝える為には寺の収入だけではとても追いつかないのが現状です。この仏画は「秘密田夫愛染尊」といい、江戸時代の制作であり、神仏習合の時代に天照大神の本体の姿とされました。実際に神道灌頂によって使用されたもので、全国にもほとんど現存していないものです。皆さまの支援により、修復を行い後世に伝えると共に様々な機会で展示を行えればと思っております。

このプロジェクトで実現したいこと

文化財の修復を行う業者にて仏画の修復を依頼し、何百年先まで伝わるようにしたい。この事業が達成されることによって、全国の寺社に収められている貴重な宝物が、修復され人の目に触れるきっかけとなれればと思っております。仏画の修復は多額の費用がかかり、これまで寺の収入からなんとか修復を行っていましたが、とても追いつかず年々痛みが進行しています。その地域に何百年と伝わったものをなんとか後世に伝え、また修復したものを地域で公開することによって文化財を皆で守るという気持ちを共に持ちたいと思います。


資金の使い道

ご支援と寺からの修復資金を元に、文化財を修理する専門業者に修復を依頼し修復します。修復の過程をご報告させていただきます。

リターンについて

修復後の仏画のポストカード、写真入りの冊子をお送りいたします。

実施スケジュール

今年度中に修復を依頼し、来年度中に修復完了を予定しております。

最後に

皆さまのご支援により、有名でない寺でも何百年と守られてきた仏様が、この現代で修復を受けこの先何百年先の未来に伝えられていきます。全国に眠っている仏像・仏画が守られるきっかけになれればと思っております。


本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください