新型コロナウイルスの影響で開催できないのは「ごみ拾い」イベントも。継続的に活動を続けていくためには、「繋がり」と「活動資金」が必須、、、全国のごみ拾い団体のコンテストを【オンライン】で開催し、ごみ拾い団体の繋がりを強固にするとともに、コンテスト上位団体には活動資金として賞金を授与します。

プロジェクト本文

■はじめに・ご挨拶

こんにちは、NPO法人維新隊ユネスコクラブの宮下です!

普段は胸キュン!GOMI拾い運営事務局員として、新宿御苑でごみ拾いイベントの企画・運営を行っています。

この度、NPO法人維新隊ユネスコクラブは、5月23日~5月29日を「Japan Clean Week 2020」と定め、 

5月30日(ごみゼロの日)に向けて、

ごみ問題について考え、取り組む1週間にするイベントを企画致しました。


■Japan Clean Week 2020 を立ち上げた背景

私達は、胸キュン!GOMI拾いを2012年度から、現在までで49回開催しており、

延べ参加者数は約1900人に上ります。


継続的に活動を続ける中で、

各地で活動をするごみ拾い団体の繋がりを作ることができれば、

継続的な活動やより多くの人々への環境意識啓発のモチベーション維持につながり、

日本のごみ問題の解決の一助になるのではないかと考えました。

また、複数のごみ拾い団体の方と話をする中で、

当団体だけではなく、多くの団体が「資金繰り」で苦労しているという現実も知りました。


Japan Clean Week 2020 は当初、ごみ拾い団体の皆様との対面形式での開催を目指しておりましたが、

新型コロナウイルスの蔓延によりオフラインでのイベント開催を中止する決断を致しました。

他のごみ拾い団体の方々の、活動中止のお知らせを目にすることも非常に多くあったこの2か月でした。


安心してごみ拾いができるようになった時、

全国のごみ拾い団体が今まで以上に活発な活動ができるように、

そして、日本のごみ問題をより多くの人が考えることができるきっかけの提供をするために、

皆様のご支援を、どうぞよろしくお願いいたします!


イベント概要


■Japan Clean Week 2020 で実現したいこと

「Japan Clean Week 2020」では

☆SNS(Twitter、Instagram)を活用したごみ拾い団体のコンテストの開催

☆前環境大臣原田義昭氏をお迎えしたYouTube配信

を行い、

ごみ拾い団体の全国規模のネットワークづくりと継続的な活動のための資金獲得、

そして、より多くの人が「ごみ問題」に意識を向け、考えるきっかけを提供します!


■資金の使い道

皆様から頂いた資金のうち、

43万円をコンテストの賞金(1位:30万円、2位:10万円、3位:3万円)

達成された際の10万円+αは運営費と手数料として運営団体が使用させておいただきます。

●コンテストに応募された皆様へ

※お振込みはコンテストの集計が終わり約2週間程度でお振込みを行います。


■コンテストの詳細

イベント募集用


■リターンのご紹介

☆エコバック

☆お名前紹介

期間中のSNS更新で、ご支援いただいた方のお名前を紹介させていただきます。

☆スポンサー枠優先ご案内

Japan Clean Week は今年度を皮切りに、毎年開催する予定です。

来年度のスポンサー枠を優先でご案内致します。


■最後に

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コロナの影響で被害を受けているゴミ拾い団体の活動継続のため全力で資金調達頑張りますので、是非拡散のほどどうぞよろしくお願いいたします。

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。

目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください