新宮市は外国人に大人気の観光地、熊野地方にあります。3/9に展示&アーティストトークを実施します。事前にクジラの歌の録音をリサーチし、ギャラリー合わせた作品を展示します。また、現地で数日間リサーチし、滞在制作の可能性を探ります。アーティストが地域に滞在して制作することの魅力をお伝えします。

プロジェクト本文

▼アーティストの渋田薫です。ご覧いただきありがとうございます。

新宮市、ギャラリー中村さまのご協力により、滞在リサーチ、個展・トークイベントの開催が決まりました。

紀の国トレイナート2019への参加がきっかけで展示させていただくことになりました。

椿駅『universal i』
トレイナート2019

作品、活動に興味を持っていただけたら期待に全力で応えます。
ご支援の程、よろしくお願いいたします。

▼渋田薫 略歴

St.SONIC 2019アーティスト(1980年生まれ/北海道出身/京都拠点) 2003年 Kanebo Make-up Institute, 2000年 Pan Make-up School 卒業クラシック曲をベースに、複数の音楽や自然音を表現するビジュアルアートに取り組んでいる。
北海道の自然と共にのびのびと育ち、少年自衛官、メイクアップアーティスト、植物店、料理人などの職を経て作品制作を開始する。
2018年にバルセロナ芸術文化センターEsproncedaのオープンコールにより、滞在制作プロジェクトに参加。
サンタモニカ美術館、ロシア国立現代アートセンターNCCA、Artist's Point Meghalaya など世界各地のアーティストインレジデンスで制作発表、ライブパフォーマンスを行っている。
国内では京都Re:Search in 和束への参加、リーガロイヤルホテル京都でのパフォーマンス、現地の音楽家とコラボレーションした壁画制作などの活動をしている。
http://instagram.com/shibuta_arts


新宮市の魅力

熊野地方
ガイジン・ポットで外国人が行くべき観光地no.1

ゴトビキ岩

熊野速玉大社

美しい海

▼個展・トークイベント開催 

展示期間 3/9・10

場所 ギャラリー中村

https://www.facebook.com/GalleryNakamura/?ref=bookmarks

作品は和歌山県新宮市駅前のギャラリー中村で発表させていただきます。

トーク『これまでの滞在制作プロジェクトの紹介、アーティストが地域プロジェクト関わる魅力について』 

トーク①過去に滞在したアーティストインレジデンスを紹介します。ギャラリー代表と共にアーティストが地域に滞在して制作することの魅力をお話します。

©TRA-TRAVEL 

トーク②リサーチ成果発表『クジラの歌』

アート作品への可能性

展示①『Pathetique』
中村ギャラリー和室に合わせ、ベートーベンの悲愴ソナタをテーマに制作します。作品としては2楽章のみを取り上げ、絵画とインスタレーションでくつろぎを表現します。もともと旅館をされていたこともあり、建物にはそんな空気が漂っていました。TRA TRAVEL gallery で発表した絵画を更に描き込みます。

イメージ絵画

Pathetique  (2012-2020)   岩絵の具、オイル、テンペラ、アクリル M20号

展示②『ゴルトベルグ変奏曲』


展示③クジラの歌

鯨が見られる地域です。クジラの歌に注目しています。ロジャー・ペイン博士のクジラの歌の録音をリサーチ。
キャンバス絵画、音のオブジェクトに緊張感を与え、ギャラリー和室に設置します。ピアノを表現した絵画①、不眠症のために作曲されたゴルトベルグ変奏曲を表現した②との融合の可能性を探ります。

過去参考資料

SEA BACH バルセロナ芸術文化センター2018

過去作品 Earth Concerto no.3 yagi colors
過去作品 コスドノヒカリ

展示④バルセロナ芸術文化センターSavina Tarsitano によるクラシック音楽作品の講評

Savina Tarsitano(Espronceda Center of Arts and Culture)イタリア人アーティスト/キュレーター/アートスペース運営者(1970年生まれ/スペイン・バロセロナ拠点)

第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ美術展出品作家、Michelangelo Pistoletto and Cittadellarteリバースプロジェクトの大使、11th Arte Laguna Prizeの審査員を務めるなど多岐に活躍されています。
Espronceda :http://www.espronceda.net/ 


▼これまでの作品
Music collage performance

St.SONIC ロシア国立現代アートセンター

バルセロナ芸術センターEspronceda

サンタモニカ美術館

リーガロイヤルホテル京都ライブコラージュパフォーマンス

Ecosystem picasso pupils 所蔵

Joy 200×100cm


▼近年の活動 今後の予定
アーティストインレジデンス
2020 5月 『Sea Ballade』Baltic Gallery of Contemporary Arts, ポーランド
8月 『ゴルトベルグ変奏曲』 バルセロナ芸術文化センターEspronceda
10月 『feel maccha』茶エンナーレ, 掛川
12月~ ASP Curatorial Program, インドネシア
2019 10月 『Eine kleine nachtmusik』Lake Studios Berlin, ベルリン
8月 京都 Re-search 2019
8月 『Todd's Delight』紀の国トレイナート,和歌山
7月 『St.SONIC』ロシア国立現代アートセンターNCCA, サンクトペテルブルク
3月 『Astro』Cassis Artist Residency, フランス
2018   12月『Sarod birds』Chander Haat Residency, コルカタ

11月『Peh Khaw』Artist's Point Meghalaya, アッサム

8月『Earth Concerto no.4"mediterranean" バルセロナ芸術文化センターEspronceda 

展示・パフォーマンス
2020
4/1-4/29 swapfiets Artist of month, Berlin
4/19 『Air』Freie evangelische Gemeinde, Berlin
2019
10/2-10 京都の力 リーガロイヤルホテル京都
9/13 - 24 Kronos Art Festival, バルセロナ・サンタモニカ美術館
9/5 - 8 アートフェアアジア福岡
5/25 Art Lover Ground #13 バルセロナ芸術文化センターEspronceda
419 - 5/4 『線的迷宮』Uspace gallery, 台北
5/5 Performing Arts Festival Berlin 2018 , Lake studios berlin
2018 アジアデザインコンペティション、プノンペン

▼資金の使い道  
必要とする資金 59000円 
内訳
絵画制作費  10000円
インスタレーション設営費 10000円 (クリップライト、メディアプレーヤー購入)
作品搬送費 6000円
宣伝費 10000円
交通費 16000円
オープニングパーティー諸費用 7000円

クラウドファンディング手数料 10030円
税 802円 

※不足分は自己資金で補い企画を実施します。

▼リターンについて
展示の絵画もあります。新作絵画、コラージュを中心にご用意しております。

制作依頼もおすすめです。

▼最後に
海外ではベルリンでの中心に活動しステップアップを目指します。
ベルリン~パリ~ロンドン~ニューヨーク
経験を積み重ねながら、まずは画家としてニューヨークでの個展を目指しています。

国内でも地域アートの壁画や滞在制作で経験を積みながら腕を磨いております。関西を中心にアートプロジェクトを企画する事が増えました。じっくりと日本語でリサーチして作品を生み出すことに、とてもやりがいを感じております。

日本にアートプロジェクト事業で還元しつつアーティストとして最高峰を目指します。

ご支援の程、よろしくお願いいたします。

※掲載の写真、動画、情報は使用許可を得ています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください