はじめに・ご挨拶

はじめまして。宮城県丸森町で季節料理店「わた福」を営む渡辺光彦と申します。

丸森町は東日本大震災の東京電力福島第一原発事故で観光や農産物が風評被害の大打撃を受けました。
当時、私は、仙台の和食店を中心にホテル、料理店で20年以上働いていました。
料理のコンクールで賞を取ったり、
料理長としてお店をやりくりしている内に、
自分のお店を持ちたいと思う様になりました。

そんな時、 地元の丸森町で空き店舗のお話を頂き、
長年続いた前のお店のオーナーから「丸森出身の方に使って欲しい」との事で、
意志を引き継いで原発事故で被害を受けた故郷丸森を盛り上げて行きたいと思い、
地元で初めて店を持つことになり、
町の皆さんと一緒に盛り上げながらお店を切り盛りして来ました。


このプロジェクトで実現したいこと

そんな最中、台風19号の影響で町は、河川の氾濫、山間部の土砂崩れ、
道路が崩れ落ちてなくなってしまい、断水が続きお店のキャンセルが相次ぎ、
大打撃を受けました。
この状態で、本当にやって行けるのか?
複雑な思いのそんな中、
地元の方々、支援団体の方々と、
ともに炊き出しをして避難所、被害の酷い
各自宅に直接回りました。

お互いに励ましあいながら、皆んなで乗り越えて10月末にようやく水が出て、
営業の再開へ向かい始めました。

お店の「売り」は季節料理です。
災害後、秋の味覚を扱う生産農家さんの自宅に回り、
特産品の自然薯、ヤーコン、キノコが奇跡的に無事でしたので、
諦めないでやれる事はやろうと取り組み始めました。


資金の使い道

お店の復興資金に致します。


リターンについて

自慢の季節料理を提供させていただきます。
3000円A ランチ券3枚(期限1年間、1000円を超える商品は追加代金を)
3000円B 応援コース(お礼メール)
1万円A ペアディナー券(4500円相当の季節料理をご提供)

最後に

今回の台風では、多くの人々から助けていただき、感謝の思いで一杯です。
ありがとうございます。

しかし、町内の事業者が経済的に復興するには、先ずは少しでも多くの方に、
丸森町にお越しいただくことが重要となります。
町内では、各地区で皆さんが頑張ってる姿がとても印象的で頼もしいく思えます。
丸森町は、以前のように水と緑が豊かな姿へと向かってます。

私も丸森町ならではの良さを感じていただける季節料理をご用意しておりますので、
皆さまのお越しを、お待ちしております。


  • 2019/12/26 01:40

    昨夜、東京から中央大学の学生ボランティアさんが来て筆甫地区の災害の復興支援に来て頂きました。皆さん、明るくて素直な子達で元気をもらえました。皆んなで丸森ポーズを心良くしてもらいました。夕食をわた福で食べて行かれ、あぶく荘に宿泊されて行き、明日は朝早くから仮設住宅のお手伝いなどをされます。本当に...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください