使用者の用途に応じてバックパック、ブリーフケース、スリングスタイル、メッセンジャースタイルに変更可能な「HACKPACK(ハックパック)」。これがあれば、わざわざ用途別にバックを準備する必要がありません。

プロジェクト本文

HACKPACK(ハックパック)とは、4つのスタイルを使い分けることで、
瞬時に多様なシチュエーションに対応することができるマルチバッグです。


皆さんは、会社/学校に行くとき、お出かけするとき、旅行に行くときに
それぞれのシーンに合わせてバッグを使い分けていませんか?

バッグを使い分けるの面倒じゃありませんか?

中身を入れ替えるときに、必要なものを入れ替え忘れたりすることもあります。

また、シーンに合わせたバッグを揃えるとそれだけお金もかかってしまいます。


HACKPACK(ハックパック)は主に4つのスタイルに変更可能です。

ご自身の用途に合わせて最適なスタイルを使いこなしてください。


Mode 1:ブリーフケース

ブリーフケースとして使用するとき、HACKPACKは倒れることなく自立します。
ですので、飛行機の機内でもシート下にピッタリ収まり、
転倒を心配することなく、安心して移動できます。

また、ブリーフケースとして使用するときに取っ手を必要としない場合は、
内部に収納できますので、目に付かず、スタイリッシュな外観をキープします。
取っ手が必要な時は、すぐにつかんで引っ張り出すだけで簡単に引き出せます。


Mode 2:メッセンジャー

メッセンジャーモードで使用する場合、オーバーショルダーストラップを
取り付けるだけ。

HACKPACKには、2つの金属製ジャンプリングが付いており、
ショルダーストラップを簡単に取り付け/取り外しできます。

また、ショルダーストラップは、肩にかかる部分にクッションが入っているので、
快適に使用することができます。


Mode 3:バックパック

バッグ背部に隠されたポケットには、2つのバックパックストラップが隠されており、
瞬く間にバックパックへと変更できます。

人間工学に基づいて湾曲し、最高の快適さを提供するように考えられています。


Mode 4:スリング

バックパックストラップを1つだけ使用し、それを反対側のジャンプリングに
取り付けるだけで、簡単にスリングのように使用できます。

スリングは、混雑したバスや地下鉄での両手の自由を確保します。


その他:エアポートトラベル

バックパックストラップを対のジャンプリングに取り付けることで、
スーツケースの上に置くことができます。

HACKPACKは横に落ちたり、ひっくり返ったりする心配はありません。


HACKPACKには随所にこだわりを詰め込んでいます。

1. エクスパンダ―ジッパー

HACKPACKには、収納スペースをおよそ2倍にできる360°の拡張ジッパーを
付けました。拡張ジッパーを使えば、荷物を無理やり詰め込む必要はなくなります。


2.ラップトップストレージ

HACKPACKは、1つのバックに複数のラップトップとiPadを収納できます。
専用の収納スペースには、最大15インチのラップトップを収納することができます。
スエードの生地は危機を傷から保護し、簡単に掃除することが可能です。


3.隠しキーチェーンクリップ

HACKPACKのフロントジッパーには隠しキーチェーンを付けました。
これで、鍵の紛失はなくなり、必要な時に簡単に取り出すことができます。


4.カーゴネット

HACKPACK内部には、アイテムを圧縮、かつ、固定するカーゴネットを
付けています。


5.大口の開口部

ラップトップを収納部は大きく開けることができます。
簡単に取り出すことが可能であり、衣類や紙を簡単に収納できます。


6.ジャンプリング

メッセンジャーモード、バックパックモードの時に使用するジャンプリングは、
必要としていないときには布のフラップの後ろに隠れています。

これは、HACKPACKのシンプルなデザインを崩さないようにするためです。


外装は耐久性のある黒とグレーのナイロン素材で、清潔な見た目を保ち、
摩耗や破損にも耐えられます。

チャック、ジャンプリング類はブロンズ仕上げ。


HACKPACKが様々なシチュエーションに問題なく対応することを確認するために、いくつかの品質試験を実施しました。

1.衝撃試験

ハンドル付きバックは、突然の力に耐える必要があることがよくあります。
例えば、バッグを素早く持ち上げる場合は、ハンドルを突然引っ張っても
バッグが破れないことを確認します。

(テスト)
HACKPACKに約11kg(25ポンド)の重りを乗せ、高さ1mのバックパックの
スタラップテスト用バーから落としました。
(結果)
合格:損傷の兆候はありません。


2.疲労試験

バッグの持ち運びにハンドルが重要であるように、他の部品は輸送中に内容物を
保持することを目的としています。バッグとスーツケースのテストには、
バッグの留め具の耐久性も確認します。

(テスト)
HACKPACKを数か月ノンストップで持ち運び、できるだけ多くのモノを詰め込み
ました。
(結果)
合格:損傷の兆候はありません。


3.落下試験

バッグやスーツケースの一部の試験は、旅行中に経験する大まかな取り扱いを
シミュレーションすることを目的としています。
特に、空港やホテルで積み下ろされる際には乱雑に取り扱われます。

(テスト)
HACKPACKに25kg(56ポンド)の重りをつけて、1mの高さから落としました。
1面だけの試験ではなくHACKPACK 6面すべてで試験しました。
(結果)
合格:損傷の兆候はありません。


日本の皆さん、はじめまして!

私たちは兄弟でカリフォルニア州シリコンバレーでHackpackを造り始めました。

Hackpackは様々なシチュエーションで使用できるバックがあればいいなという思いで造りました。

日本の皆様にもきっと気に入ってもらえるはずです!

ぜひHackpackを広めるためにご支援をよろしくお願いします。


Q:HACKPACKってなんですか?

A:HACKPACKとは1つのバッグで4つのスタイルを使い分けることのできるマルチバッグです。

Q:4つのスタイルとはどういったものですか?

A:ブリーフケース、メッセンジャー、バックパック、スリングの4スタイルです。

Q:保証はつきますか?

A:商品を納品させていただいた段階で欠陥があった場合、メーカ保証の対象として無償で交換させていただきます。万が一、商品に不備があった場合にはご連絡の程お願いします。
商品到着から30日以内であれば無償交換させていただきます。
なお、お客様ご都合による返品につきましては、対応いたしかねますので、ご了承ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください