『和らしべ』プロジェクトを共同で進める代表の井元秀彰とエンジニアの長澤智也です。

国内外多数のブロックチェーンプロジェクトのアンバサダーや開発を努めてきた二人の経験から、規制等により国内の暗号資産・ブロックチェーンプロジェクトが抱える大きな問題を解決しつつも、暗号資産とEコマース(Amazonや楽天など)という2つの超巨大市場を融合させた将来性の非常に高い新しい市場を創出するプラットフォームを創ろうという取り組みです。


暗号資産でモノを簡単に買えるプラットフォームがあまりありません。暗号資産で好きなモノを買うためには一度法定通貨に換金する必要があり、その際に手数料や取引レートによる損失など余計な費用が発生します。また、取引所に未上場の通貨は換金することが困難なので当然モノを買うことは出来ず、使い道のない通貨が沢山あります。暗号資産が国内取引所に上場するためには非常にハードルの高い条件を揃えた上で審査を経て高額の費用が必要です。


和らしべは様々な暗号資産で直接モノを売買できるプラットフォームを構築しイーサリアム等の既に多様な用途で利用される通貨と共に、ALISARUKといった取引所未上場で有望なプロジェクトや強固なコミュニティにバックアップされた通貨にもモノの売買という実需に基づいた流動性を作り出します。暗号資産をギャンブル性の高い投機的なトレード媒体ではなく、モノの売買という健全な用途に使うことを促進し一般層への大規模な普及を推進します。


また、共に右肩上がりで国内市場規模約2兆円の暗号資産と約18兆円のEコマース産業の融合というのは非常に将来性の高い新しい市場でありながら、国内の厳格な暗号資産規制等により参入障壁が非常に高い業界です。和らしべが開発する個人確認や免許認証を簡略化するKYC技術、顧客資産の預かりを回避する技術等を標準化して後続プレイヤーに共有することにより、日本国内での暗号資産Eコマース業界の扉を開き市場拡大への貢献を目指します。



◎ 代理購入マッチング

暗号資産で効果的にモノを購入可能にするために、あらゆるモノが売られているアマゾンの商品をほしい物リストを介してお好きな暗号資産で購入可能にしました。アマゾンで商品が欲しい人と、ほしい物リストから代理購入する人をマッチングすることによってこれを実現しています。

◎ フリーマーケット

自分の手持ちの商品や不用品を売って暗号資産と交換したい人と暗号資産でモノが買いたい人をマッチングします。メルカリを複数の暗号資産で行うイメージです。

◎ 多通貨オークション

和らしべでは未上場通貨でも実需に即した暗号資産の健全な価格形成を支援します。円を含む多通貨で同時にオークションをするシステムで物々売買に基づいた価格情報を提供します。

◎ 不用品一括買い取り

古物商業界と連携してフリーマーケットで売れない不用品や個別に売るのが面倒な商品を免許を持った古物商が査定して一括で買い取るシステムです。他のサービスでは捌けない物品も和らしべで売ることができます。

スタートアップがトークン(暗号資産)を発行することによって事業に必要な備品を調達できる新たな起業スキームを提案し、投機性の低い実需に即したトークンの普及方法を支援します。プロジェクトに先駆けて実地した実証実験では1時間に100万円弱相当の備品調達に成功しました。

和らしべプロジェクトは2019年11月に発足されましたが、スピード感ある開発サイクルで既に基幹となる二つの技術(古物商SSI、スマートコントラクトエスクロー)とテストネット版(テスト用の暗号資産で取引)のプラットフォームを公開し、法規制を遵守しながら暗号資産を利用した物々売買を安全に実行する検証を重ねています。和らしべでは取引の安全性として以下の3つに重点を置いて開発しています。


◎ 顧客資産を一切預からずカストディ規制遵守

和らしべの取引方法はユーザー同士がお互いに直接送金する方式で、運営がユーザー資金を一切管理しません。既存の仮想通貨取引所のようなハッキングによる顧客資産紛失(通称GOX)のリスクがなく、また2020年に施行される暗号資産のカストディ規制も遵守したサービス運営方法です。

参考資料) 一般社団法人 日本仮想通貨ビジネス協会 『「暗号資産の管理」に係る意見書』


◎ 運営が調停可能なスマートコントラクトによるエスクロー

和らしべが独自に開発し、テスト環境で厳格に検証された多通貨で同時エスクローが可能なスマートコントラクトを用いて取引代金の授受をします。商品購入前に代金相当のトークンをスマートコントラクトにロックアップすることで取引の不正を防ぎます。スマートコントラクトで分散型(中央運営不在)に管理される資金は、スマートコントラクトに定義されたルールでしか動かせず、代金と商品の交換が不正リスクなく確実に実行されます。また、一方の取引相手が途中で取引を放棄した場合に他方が和らしべ運営にエスクローエージェントとして調停依頼の署名(スマートコントラクトで実行)をすることで、第三者の運営がロックアップを解除し返金または送金の判断をして取引を調停できる安全なエスクロー方式です。調停依頼前に運営に一切の資金の移動権限はなく、調停を依頼された場合のみ取引中の2つのアドレスどちらかに(運営自身のアドレスを含まない)返金または送金が可能です。


エスクロー = 資金を一時的に第三者に預託して取引の安全を担保すること

ロックアップ = 資金を移動できないように凍結すること


和らしべの介入なしの二者間エスクロー「正常に取引が成立する場合」


和らしべが調停するケース1「ロックアップ後に商品購入も返金も行われない場合」


和らしべが調停するケース2「商品到着後にロックアップした暗号資産の送金が行われない場合」


◎ 古物商許可証の認証とトークンを利用した独自の評価方式で信用を可視化

ブロックチェーンに基づいたより安全性と利便性の高いSSI(自己主権型アイデンティティ)という技術を用いて、古物商許可証の認証を行います。これによって許可証を掲示して取引をしている信用性の高いユーザーを可視化します。

また、WARASHIBEトークンを用いた独自のインセンティブ設計に基づく評価方式で、従来のEコマースサービスにあるような不正レビューによる問題の軽減を計り、より信用の置けるバイヤーとセラーを効果的に可視化していきます。


暗号資産古物商協会は独自の規制で世界から大きく遅れを取る日本の暗号資産業界に置いて、古物商という巨大産業と暗号資産を結びつける事で、日本市場の活性化と暗号資産の健全な普及を目指して和らしべ代表の井元が共同創始者兼理事として立ち上げた一般社団法人です。

参照) 暗号資産取扱古物商とは

暗号資産を介して古物を売買することは警察庁から公式に認められており、暗号資産古物商協会は警察庁や金融庁へのロビイング等を通して法規制を遵守した健全な形で新しい経済のイノベーションを起こしていく事を理念とする組織です。これは法規制が未整備のまま一般消費者保護を疎かにしてきた仮想通貨・暗号資産業界の過去を振り返るととても大切な事であり、和らしべでは暗号資産古物商協会と連携しながら、法の専門家の助言を基に健全な暗号資産の普及を目指します。

参照) 警察庁、古物商許可での「仮想通貨決済」を公式に認める

参照) 『日本で未上場仮想通貨が物と売買できる時代へ』暗号資産古物商協会が設立される

また、暗号資産古物商協会は既存の巨大な古物商業界、Eコマース業界、仮想通貨・暗号資産業界を関係省庁と連携して健全に繋ぐハブになっていく存在であると考えられ、法規制面等で和らしべを全面的にバックアップしていただけるのは心強いばかりです。和らしべと暗号資産古物商協会はKYC技術に関して正式に提携を結んでいます。

参照) 暗号資産古物商協会とWARASHIBEの業務提携に関するお知らせ


私達は「暗号資産で暮らしを和やかにする」というビジョンを掲げています。

法定通貨の経済圏では法定通貨であらゆる物を買う事が出来、多岐に渡るサービスを受ける事が可能です。しかし暗号資産は一部のサービスでしか使えず、私達の暮らしの基盤を支える事は出来ません。暗号資産で暮らしが成り立つからこそ、その上に法定通貨では不可能だった様々な経済活動の可能性が広がると考えています。

和らしべは暗号資産を暮らしの基盤にする為に法定通貨経済圏と暗号資産経済圏を繋ぎ和やかな経済活動を支援します。


私が暗号資産と出会ったのは2016年頃だったと記憶しています。その頃は仮想通貨交換所でビットコインやイーサリアムを売買して法定通貨と交換できる新しい通貨の誕生だと興奮していた事を今でも思い出します。

そこから新しいブロックチェーンテクノロジーを追い求めたり、プロダクトのICOに参加したり、自分のワインイベントでビットコインでワインをグラス売り販売するなど自分の生活圏に暗号資産やブロックチェーンが当たり前に存在している様な感覚になっていきました。そして2017年、現在の株式会社ALISのアンバサダーに選ばれ、ALISトークンを普及させるにはどうするか、どんな利用方法があるかなどALISコミュニティと共に考え実行してきました。

ここでのALISアンバサダーとユーザーとしての2つの経験が現在の「和らしべ」を立ち上げる原体験になっています。


① ALIS認定ショップALISTORE運営の経験

私はALISアンバサダーとしてALIS認定ショップALISTORE運営をしています。ALISTOREは暗号資産ALISとALIS公式Tシャツやボールペン、コミュニティデザインのマグカップなどのグッズと交換できるショップです。

ここでの学びはALISへ記事を書き、その対価として得たALISトークンでグッズを購入する方は多くおり、コンテンツが良ければ暗号資産でも物は売れるという事を学びました。

合計で108の商品が売れています。まだ認知度が低く、アクティブユーザー数も数百人しかいないプロダクトですが、ALISを手にした多くのユーザー様にご利用いただいています。

そしてこの様な行動がきっかけとなり暗号資産の代理購入は法定通貨経済圏との実需へ繋がり、また暗号資産を入手する手段とになり、本来のプロダクトベースのポテンシャルを下支え出来ると考え始めました。


② 暗号資産ALISを売買できる海外取引所が次々閉鎖した経験

暗号資産は取引所への取扱と取引所ハッキング暗号資産盗難の歴史と言っても過言ではありません。ALISも3つの海外取引所へ取扱いされておりましたが、その内1つはハッキング被害に合い倒産、もう一つも理由はわかりませんが閉鎖するとうアナウンスがありました。事実上詐欺紛いな海外取引所が残され、法定通貨への換金がほとんど出来ない状態です。


この様な事例はALISだけでなく、国内でも同様のハッキングに合い資産を失った方は多いはずです。そして現在国内取引所を巡る規制は改正資金決済法で厳しく規制され、ブロックチェーンスタートアップの新規参入を阻み、イノベーションを起こす種すら作れないのが現状だと認識しています。

暗号資産に夢を見た全ての人が少しでも報われる仕組みを再構築する必要性を感じ始めていました。


これらの経験で私が解決したい事は大きく下記の3つです。


・暗号資産と物の売買プラットフォームが少ない

・実需のない投機価格

・管理者依存の取引


和らしべは上記の3つを解決するために下記の3項目を実行します。

1. リアルタイムチャット機能付きEコマースと多通貨オークションで価格形成

2. 運営が顧客資産を管理せず、運営調停型エスクローで資金の移動を担保

3. SSIを使った許可証確認とトークンを使った信用の可視化


これらをエンジニアの長澤と共に実行し暗号資産で暮らしを和やかにしていきます。


日本暗号資産市場株式会社 代表取締役社長 岡部 典孝 氏よりなぜ暗号資産と物は直接取引できないのか? 暗号資産と物を直接交換したほうが効率的ではないか? この答えを探す為、私は暗号資産取扱古物商となりました。2019年8月のことです。 一番最初に仲間になってくれたのが和らしべCEOの井元さんでした。 井元さんのご縁で長澤さんもこの分野に飛び込んで頂き、爆速開発で実用的な取引プラットフォームができました。 最先端技術が満載なのにそれを感じさせないなめらかなプラットフォームになっているのはお二人の最先端の知見の結晶だと思います。 和らしべにより、物と暗号資産の取引がマニア向けの実証実験段階から誰でも使える実用段階に入りました。 日本暗号資産市場株式会社でも和らしべを活用して物と暗号資産の取引をなめらかにします。 皆様も是非一度和らしべをお試し下さい。


株式会社ALIS CEO 安 昌浩 氏より暗号資産によって世の中がよりオープンかつ便利になる一歩目を強烈に推し進めるプラットフォームです。


集まった資金は以下の用途に使用します。

◎ 3ヶ月〜6ヶ月分の開発費・活動費・運用経費・雑費

◎ 法人設立準備費用

◎ 資金調達活動費用


◎ クラウドファンディング期間 〜2020年1月31日まで

◎ 現在テストネット(テスト用暗号資産で取引)で公開されているプラットフォームの開発を推し進めメインネット環境(リアルな暗号資産で取引)に移行します

◎ WARASHIBEトークンの発行と備品調達ラウンドの実施

◎ 法人設立と本格事業拡大に向けた資金調達を実施


代表 井元 秀彰 (@datushachikujin

暗号資産古物商協会理事 / ALIS公式アンバサダー / PoL公式アンバサダー / PoliPoliアンバサダー

エンジニア 長澤 智也 (@ocrybit

Waves技術アンバサダー / Ocean Protocol アンバサダープログラム / ALIS公式アンバサダー / Yコンビネータースタートアップスクール修了2回 / Yahoo! Japan クリエイティブアワード特別賞(デジタルハリウッド賞) / サイバーエージェントベンチャーズStartup2010選定 / iKnow!ディベロッパーコンテストグランプリ(元MITメディアラボ所長・伊藤穣一さん審査員) / ベルリンCODE大学(休学中)


◎ ワラシベポイント(WP)引き換えクーポン (3千円〜100万円)

和らしべでは取引手数料5%を取引時にETH(イーサリアムの通貨Ether)か事前購入のポイントで支払う方式でサービスを運営していく予定です。今回は全てのリターンにこちらのワラシベポイントをクーポンという形で付けることにしました。支援の額によって割引額が変動してきます。クラウドファンディング期間終了後に登録されたEメールにクーポンコードと使い方を送付致します。

全てのリターンにこちらのWPと該当のリターンが付きます。リターンの受け取りを拒否しWPクーポンだけを受け取ることも可能です。

WPの割引額は以下の通りになります。

2千円支援 => 2000 WP (等価)

5千円支援 => 5500 WP (10%アップ)

1万円支援 => 12000 WP (20%アップ)

2万円支援 => 26000 WP (30%アップ)

3万円支援 => 42000 WP (40%アップ)

10万円支援 => 200000 WP (100%アップ)

25万円支援 => わらしべ長者券 (一年間手数料無料)

※ワラシベポイント(WP)は換金不可のサービス内でのみご利用可能なポイントです。暗号資産ではありません。


◎ 和らしべウェブサイト協賛者ページ掲載 

全てのリターンに和らしべウェブサイト協賛者ページにご指定のお名前とリンクの掲載権が付きます。


◎ サンクスレター&暗号資産入門ガイド (2千円) + 2000WP

和らしべを無条件で応援していただける方、お試しで使ってみたい方、どうぞよろしくお願い致します。3000WPの他に和らしべから心を込めたお礼のメールと暗号資産入門ガイドがおまけで付きます。入門ガイドには暗号資産に一切触れたことがない方でもALISやARUKといった無料サービスで暗号資産を手に入れて和らしべでお買い物をするまでの実用的なガイドが書かれています。これを機に是非暗号資産に入門してみてはいかがでしょうか。


◎ 世界で活躍できる起業家を目指すPDF (5千円) + 5500WP

世界を目指す人材育成・学びのコミュニティを構築を目指すALISCHOOLから起業家エンジニア歴15年の長澤執筆限定PDFを世界でソロファウンダーとしてスタートアップを立ち上げて戦うのに必要な4つのスキル、『英語・開発・起業・問題解決ハック力』に焦点を当てた内容で贈ります。和らしべの開発に用いている手法やブロックチェーン・スマートコントラクトの開発についても触れます。詳細はリターンの概要欄をご参照下さい。和らしべと共に世界で活躍できる起業家を目指しましょう!


◎ 和らしべミートアップ / 暗号資産古物商講習会参加券 (1万円) + 12000WP

2020年に開催予定の和らしべ / 暗号資産古物商講習会の参加権です。古物商許可証を取得して暗号資産古物商として活動することは非常に利益率のよいビジネスであり、古物商許可証取得からビジネス構築の実践方法、和らしべプラットフォームを活用したビジネスの拡大方法までをレクチャーします。暗号資産古物商ビジネスの基礎知識に関してはこちらの暗号資産古物商協会の解説記事をご参照下さい。

暗号資産古物商のビジネス(基本編)

暗号資産古物商のビジネス(応用編)


◎ エンジニア長澤と1時間テレカンファレンス (2万円) + 26000WP

現在ベルリン在住6年(ジョージア移住予定)。世界7ヶ国移住、4ヶ国語を操るエンジニアの長澤と1時間ビデオチャットができます。開発・スタートアップ・海外移住・語学の知見共有や自由人への道標などざっくばらんなトークができます。1時間のお話だけでなくお互いのメリットになるお付き合いができれば是非お願いしますので何かのきっかけになれば幸いです。


◎ 代表井元とランチ (大阪3万円 / 東京10万円) + 42000WP / 150000WP

国内複数ブロックチェーン企業のアンバサダーを努め業界の幅広い人脈と知見を持ち、暗号資産古物商協会の理事も務めている代表井元と大阪または東京で一対一のランチができます。暗号資産古物商ビジネスに興味のある方やこれからブロックチェーンビジネスを立ち上げようと思われている方は是非情報交換しましょう!


◎ 投げ銭機能付きブログSNS開発運用 (25万円) + 1年間手数料無料

エンジニア長澤が独自に開発し和らしべに併合予定のCMS(コンテントマネージメントシステム)を使用し暗号資産の投げ銭機能付きのブログSNSを、必要機能を応相談の上申し込み者のプロジェクトに合わせカスタマイズして立ち上げます(運用形態・運用費等は別途相談)。こちらのCMSを使ったシステムは海外ブロックチェーンプロジェクトVeChainの公式Dappsディレクトリにも掲載され、国内スタートアップにも使われています。EthreumWavesVeChainSteem、4つのブロックチェーンでの投げ銭に対応可能で和らしべでも一部同等の送金機能が実装されています。

支援申し込みの早い方から2月下旬から月に1件ずつ対応で限定5件とさせていただきます。将来的に和らしべが開発中の暗号資産Eコマース機能も一部搭載可能になる予定(時期は未定)です。

サンプルイメージとして以下の4つのウェブサービスを参照下さい。機能やデザインをカスタマイズして同等のものか必要に応じて機能拡張版(応相談)が立ち上げ可能です。

OCRYBIT VePress crypvo ALISCHOOL


暗号資産は2017年末から2018年初頭にかけて法規制が未整備の中、投機性の高い仮想通貨取引所を中心にバブル的な盛り上がりを見せ、結果として沢山の一般人が損をして不信感を得る結果になりました。しかし、暗号資産を支える画期的なブロックチェーン技術が既存の金融システムを刷新していくことは疑いようのない事実です。暗号資産がモノの売買という私達の経済基盤を支える新しい媒体として普及することで、法定通貨では不可能であった様々な形で経済活動の利便性が向上し、私達の暮らしがより和やかになって行きます。暗号資産古物商協会と密に連携し警察庁・金融庁と対話しながら正しい形でこれを確実に実現していきます。和らしべが目指す実需に基づいた健全な暗号資産の普及を是非ご支援下さい。どうぞよろしくお願い致します。

和らしべ公式ウェブサイト (https://warashibe.market)

◎ 開発中サンプル画面


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください