私、ピン芸人・中山功太がMCとして365日生放送でお送りするお笑い番組を、2020年4月1日開始を目標にしています。様々なゲストをお迎えして、面白い番組を作ります。また、週一回深夜の生放送のラジオもお届けします。2340000円を第一ゴールと定め、達成した際は半年間から開始させていただきます。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

ピン芸人・中山功太と申します。毎日、面白いお笑い番組をお届けする事をご約束します。


このプロジェクトで実現したいこと

2020年、365日、毎日お笑い番組を生放送でお送りします。ゲストを招いて、最大限、皆様のご希望に沿った番組作りを目指します。週一回の生放送のラジオでは、一週間の放送を振り返った内容にしたいと考えています。

番組・ラジオ共に東京都内のスタジオをお借りし、観覧のお客様を入れ、ライブ形式で60分〜90分の生放送を考えています。放送時間は皆様のお仕事のご都合を考え、19時開始を予定しています。ゲストは吉本の芸人さん、吉本以外の芸人さん、アーティスト、一般企業の方、出演希望の方など、多岐に渡り考えています。

放送する媒体は、YouTube Live、ニコニコ生放送、配信アプリなど、可能な限り沢山の媒体で、スマホやパソコン、それをTVにつなげて大画面でも見ていただける様に考えています。

また、週に一度(日曜夜予定)のラジオ番組も60分から90分間で、YouTube Live、ニコニコ生放送、配信アプリ、など、を使い、沢山の方々に聴いていただける様な環境を作ります。こちらは基本的にはゲストなしで考えております。

ご希望であれば、ラジオの様子を撮影し、放送したいと考えています。

生放送のテレビ番組、ラジオ番組ともに、基本的にはアーカイブを残し、半永久的にご視聴いただける様に致します。お時間のご都合で、生放送の時間にご視聴いただけない皆様にも楽しんでいただけたらと思います。

第一ゴール 2,340,000円達成で半年間の毎日生放送と週一回のラジオ生放送
第二ゴール 3,510,000円達成で9ヶ月間の毎日生放送と週一回のラジオ生放送
第三ゴール 4,680,000円達成で1年間の毎日生放送と週一回のラジオ生放送

と、それぞれ設定し、放送する事をお約束します。


プロジェクトをやろうと思った理由

毎日、面白いお笑いがやりたくて、皆様にそれを観ていただきたいからです。

自分がテレビやラジオに出られていない現状を鑑みて、自分自身がテレビ・ラジオになろうと思いました。

これまでの活動

R-1ぐらんぷり2009優勝

歌ネタ王決定戦2015優勝

OKOWA2代目現王者


資金の使い道

1日1万円から

スタジオレンタル費用

カメラレンタル費用

(必要な際は)ガンマイク・ピンマイクレンタル費用

作家さんへのギャランティ
ゲストの芸人さんへのギャランティ

に、使用したいです。

私、中山功太のギャランティは、ゼロで考えています。



リターンについて
・スタジオ観覧ご招待(東京都内・日により大阪市内)
・スマホやパソコンへの未公開映像データの提供

・スマホやパソコンへの未公開音声データの提供

・ご希望であれば出演権

・企業様であれば最大限の宣伝をさせていただきます。


実施スケジュール
2020年4月1日から半年間、もしくは9ヶ月間、最長1年間、
最長で2021年3月31日終了
*2年目に入ることも見越しています。
最後に
1日1万円で作家さんやゲストの方にギャランティを支払える様、本気でやります。僕の収入は絶対にゼロかマイナスになります。生活費はネット配信による収入で何とかまかわなせていただきたいと考えています。芸人人生をかけたラストチャレンジだと思っています。皆様、どうかお力を貸して下さい。
  • 2020/03/18 13:01

    プロジェクトを広めて下さった皆様、パトロンになって下さった皆様、最高のパイロット版を作って下さったスタジオGOCCOさん、ゲストで出て下さったチャンス大城さん、皆様、本当にありがとうございます。4月1日から毎日番組を配信する事が出来ます。全力で頑張ります。誤って投稿出来ておらず、ご挨拶が遅くな...

  • 2020/03/11 16:00

    この度、YouTube、中山功太チャンネルに、番組のプロトタイプをアップさせていただきました。皆様、是非ご覧下さい。残り少ない日数ではありますが、諦めずにチャレンジしたいと思います。ご支援いただいた皆様、本当にありがとうございます!https://youtu.be/NjTShNGRKlA上記の...

  • 2020/01/23 09:00

    皆様、本当にありがとうございます。この度、新たなリターンを追加させていただきました。審査が通れば、反映されると思います。厳しい道のりで、なおかつ期日が迫っている状態ではありますが、皆様のお気持ちを無下にしない様、必ず成功させます。また、近々、ゲストを招いて番組の本番を想定した、プロトタイプの映...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください