大阪で白磁作家として活動中の宮川浩一と申します。今年6月に京王百貨店で初めて東京での個展をさせて頂きました。3月12日~3月17日にも新宿京王百貨店で展示会となり、今後東京各所で作品発表の場が出来ればと思っております。つきまして今回新宿京王百貨店の展示会を成功させる為の援助をお願いしたく思います。

プロジェクト本文

大阪の白磁作家として活動中の宮川浩一(宮川陶苑)と申します。2020年3月12日~3月17日まで新宿京王百貨店にて個展を開催させて頂きます。東京での個展は今回2回目となりますが、まだまだ皆さまの前に作品を見て頂きたく思っております。その為、今回の個展を成功させ次のステップになるようご支援いただければと思っております。

資金の使い道としては作品写真(DM)代約5万円、DM 作成代 約10万円、DM 発送 宣伝費 約10万円、人件費 約5万円としています。

スケジュールとしては2月下旬には写真撮影を終わらせ お客様にDM を発送させていただきます。展示会では80点程の作品を発送し、期間中は私は毎日展示会場に在廊しています。これを皆さまとの良い出会になれば嬉しく思いますので宜しくお願い致します。

宮川浩一 陶歴

1978  大阪府吹田市生まれ

2001  備前焼作家に師事

2003  新美工芸会展初入選(以後入選1回)

2004  京都府立陶工高等技術専門校 修了            京都の茶陶に轆轤師として勤務

2007  大阪府吹田市にて開窯(宮川陶苑)

2009  第38回日本伝統工芸近畿展 初入選(以後入選6回)

2013  第59回吹田市展にて金賞受賞

その他

京王百貨店新宿店にて個展

梅田阪神百貨店二人展、東京日本橋高島屋二人展など

・日本工芸会研究会員


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください