プロジェクト本文

りんちゃんが我が家にやってきたのは平成23年12月です。

ひときわ目立つまだら模様、決して容姿は可愛いとは言えませんでしたが、

私達母娘には、1番元気でぴょんぴょん跳ねているこの子を連れて帰りたくなってしまいました。

しかし、元気は良いのですが、あまり懐いてくれず、一時はケージのお掃除も大変なくらい警戒されてしまい、

私も娘も少し距離をおくようになってしまいました。


しかし、ここ数年、りんちゃんも歳をとって、性格が穏やかになってきました。

体を撫でさせてくれたり、頬の当たりを撫でるとうっとりしたり、

ブラッシングも毎日してあげました。


ところが数ヶ月前、足を痛そうにするので病院へ行くと、なんと骨折!

しかも、足底潰瘍が出来ていました。

ケージ飼いのうさぎさんには、多いそうで、

家の床や、ケージの硬さで骨折や、あしに潰瘍ができてしまうらしいのです。

その後お薬を貰い落ち着いていましたが、

今度は私が一時期体をこわし、仕事を退職。

転職も失敗してしまう。

そんな事があり、家の事、りんちゃんの事もおろそかになってしまいました。

その後、体調と仕事が落ち着いて余裕ができた頃、気がついたのです。

りんちゃんがガリガリに痩せている!

しかも、歩けない!

ビックリして足を見てみると、無数の足底潰瘍が・・・

慌てて病院へ連れていきましたが、容易には治すことも出来ず、

体力と、年齢からしても治療が難しい。という結果。

私は悔やみました。なんて可哀想なことをしてしまったのだろう・・・と。


しかし、りんちゃんは、病院の先生も諦めかけているにもかかわらず、

一生懸命ごはんを食べ、

一生懸命生きようとしています。

私も、毎日2回仕事の前、帰ってから、薬を与え、

足を守るためケージを掃除します。

私の仕事は運転手で、労働時間が長いです。

お休みもとても取りづらく、家にいる時間が少ない。

娘も病気がちなので、家の全てを任せると疲れて寝込んでしまいます。

しかし、

りんちゃんが生きよう頑張っている限り、治療を続けたいです。

私達も頑張りたいです!

そして今通っている病院は、小動物専門ではありません。

遠いのですが、小動物専門の病院で、しっかり治療をしてくれる病院へ、りんちゃんを連れて行ってあげたいのですが、

我が家は母子家庭、その上自分自身体調崩してしまったため、仕事ができなかった時期もあり貯蓄がありません。

どうしたら・・・考え抜いて、今回こちらにお願いしてみようかと思いました。


このプロジェクトで実現したいこと

うさぎのりんちゃんを助けたいです。


プロジェクトをやろうと思った理由

りんちゃんは今、病気と闘っています!なのに、お金と、時間がなく、

助けてあげられません。


資金の使い道

りんちゃんの治療のためにかかるお金。

リターンについて

治療に全て使ってしまいます。御礼のメールしかお返しができません。

どうか、りんちゃんを助けるため、チカラをお貸しください。

無理なのは承知で、登録してみました。

藁にもすがるおもいです。


※募集方式について


本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

ご了承ください。

  • 2020/01/12 09:00

    りんちゃんが横たわってしまっています。時々頑張って起きてはくれますが、潰瘍が大きくなって腫れ上がり方が酷いです。ここだけではなく、ほとんどの足がこの様な状況です。目標達成するまで頑張ってくれることを願うばかりです。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください