海外の移住先として注目度急上昇中の国【ジョージア(旧グルジア)】を含むコーカサス地域には日系のヘアサロンが1件もありません。生活インフラとして残る課題はヘアサロンの存在です。シンプルなヘアサロンではなく、コワーキングスペースとワインバーが併設する複合型施設をつくります。

プロジェクト本文


----------------------------------


【目次】

このプロジェクトを通して実現したいこと

いま、ジョージアがアツい

ご挨拶・自己紹介

なぜジョージアで美容室をやるのか?

ジョージアの美容室で何をやるのか?

リターンの紹介

実施スケジュール

最後に


----------------------------------


このプロジェクトでは、ジョージア初の日系美容室の開業に向けご支援を募ります。

美容室は複合施設としてコワーキングスペースとワインバーの併設を予定しており、地元民や移住者、旅人の情報拠点となることを目指します。

移住者は日本の品質で身だしなみを整えることができ、薬剤の放置時間やシャンプー上がりにジョージア伝統のワインを愉しむこともできます。

コワーキングスペースには世界中からノマドワーカーが集まり、場所にとらわれない働き方を体現する空間となります。

美容室が通常営業していない夜間には、地元民や移住者、旅人がワインを言い訳に交流し、情報交換をしたり新たな出会いが創造される場になります。

そのような一風変わった美容室は、実際にモデルとして東京に実在する空間なのです。

ぼくが過去にシェアサロン運営を経験した場でもあり、あまりにも素敵なビジネスモデルなのですが、保健所や関係法規の面でBAR部分が叶いませんでした。

しかしビジネス環境の異なるジョージアならば痒いところに手が届きます。

"本文中ではプロジェクト推奨者の方々からのお寄せいただいたコメントも掲載しています。"

ジョージア(旧グルジア)は、いま最も注目されている海外移住地です。

どれくらい注目されているかと言いますと、以下のぼくのSNS投稿が8,260,000人(ジョージア国民人口の2倍以上)に閲覧されている実績はトレンドの参考になるでしょう。

そんな影響もあってか、移住者が爆増しています。

ジョージアはビザなし滞在可能日数が1年、法人設立が1日で可能であり、世界銀行のビジネス環境ランキングでは世界7位と好成績。

永住権の取得ハードルも他国に比べてとても低いです。

しかし、ジョージアの魅力は制度や物価などの表面的な情報にはとどまりません。

ジョージア人の「お客様は神様からの贈り物」という根底の思想から生じる圧倒的な優しさや、陸の交易地として歴史を辿ってきたことにより形成された独自の文化など、その深い魅了された多くの旅人が旅を辞める地でもあります。


観光客数も10年で6倍増、2019年11月は前年同月比7.2%増加しています。

ジョージアのリゾート地バトゥミでは建設ラッシュが始まっており、世界中から多額の投資が集まっています。

今後、旅行者をはじめとし、移住者はさらに増加していくことでしょう。


多くの移住者で盛り上がる一方で、ジョージアを含むコーカサス地域には日系のヘアサロンが1件もありません・・・。

日本人経営のゲストハウスやバー、寿司やラーメンもある環境の中、日本人の快適な生活インフラとして残る課題はヘアサロンの存在です。

ご紹介が遅れました、ジョージア在住者のKOHです。サムゲタンを食べています。

現在はジョージアの首都トビリシで出張型で美容業をしている26才の美容師です。

美容業以外にもデジタルノマドとして上場企業運営のメディアや旅業界最大手のメディアなど、多数メディアにジョージア情報を記事寄稿しており、自身でもジョージア情報のメディアを運営しています。


- 経歴 -


中学校を卒業した翌月から業界大手のヘアサロンで修行を積み、日本最年少でスタイリスト(お客様の施術担当者)になりました。


2011年の東日本大震災以降は、WORLD SCISSOR'Sというボランティアチームで、福島県会津若松市の仮設住宅に7年間継続して毎シーズン訪問し、美容のお手伝いをさせていただきました。

2015年の東北豪雨に伴う鬼怒川河川氾濫時や、2016年の熊本地震でも現地の避難所で美容のお手伝いをしました。団体は現在も都内の児童養護施設で活動中です。

中学校の総合の授業において美容を通じたボランティアの意味について講演させていただいたこともあります。


21歳でフリーランスに転向してからは、旅をしながら世界8ヶ国で現地の地元民や日本人在住者などの髪を切らせていただきました。

タイのバックパッカーの聖地と呼ばれるカオサン通りの路上から、インドの砂漠の街ジャイサルメール城塞の屋上、フィリピンのセブ島近海の海上など、陸海空いろんなところで髪を切ってきました。

そんな経験からぼくは気づいたのです。

「髪はできれば美容室で切ったほうがいい」

ということに。


- 取材掲載メディア -


ありがたいことに、美容師としての活動やジョージア移住者、リモートワーカーなどの多面的性ながら、全てのカテゴリにおいて取材をしていただきました。


以下は過去に取材していただいたメディア記事です。

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

謎の暇人美容師・KOHさんって何者!? 複数の肩書きをもつ男のワーク&ライフ - re-quest/QJ NAVI

カット料金”54000円”「Lily代表 柳本剛」 X カット料金”0円”「Hair&Art KOE代表 KOH」の会食をレポート - POOL MAGAZINE

人生に疲れたら夢のような生活をこの国で。ジョージアが最高だった。 - BuzzFeed

給料はいらない。 斜め上いく「くつざわ」の成長が、ただ楽しいだけ。 - キャリアハック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年は元SMAPの中居正弘さんが出演する「新・日本男児と中居(日本テレビ)」からも出演オファーをいただきました。

紙媒体では一番有名な美容業界誌でも取り上げていただきました。



“予約用LINE@の登録者は300人超”

いままでに世界を旅した19ヶ国の中でたくさんの移住者に出会いましたが、最も日系美容室に困っていると感じた地域がジョージアだったのです。

妥協して韓国系や中華系の美容室に行くにしても、それすらありません。

日本含む東アジアと欧米の髪は全く異なるので、現地の美容室に行くことはテニス部に野球をしてもらうくらいの差があります。


そんな環境の中、この国に日本出身の美容師はぼくしかいないのです。

老若男女、身だしなみは心を整える意味でもとても大切です。

昭和の初めから日本の美容業界をリードし、多くの美容師を育て上げた山野愛子氏は関東大震災を経験し、倒壊した家屋から出てきた女性が手鏡を持った姿を見て

“どんな時にも美しくありたい”

という女性の心理に触れ、美容の大切さに気付いたと伝えられています。

現代ではその心理は女性に限らず男性にもあるものです。


自分の最適な地を探しもとめ移住した地で、美容をないがしろにすることは決して妥協できることではありません。

世界のこの地に必要なもの、そして自分にしかできないと言う思いからこのプロジェクトを立ち上げました!



冒頭の「実現したいこと」では、コワーキングスペースとワインバーが併設した美容室とご説明しました。

以下では空間に複合する3つの要素について具体的な施策をご説明します。


 - 美容室 -

ジョージア初の日系美容室ではカットをはじめ、カラー・パーマ・縮毛矯正などは日本の薬剤を使用して施術します。

外国製品の質が劣るからではなく、日本人の髪を前提として開発されているものなので、相性として身体に対する薬剤の安全性を担保することができます。

日本からさらなる技術者(美容師)の誘致も視野に入れており、日本の不条理な労働環境で離職率90%とう美容業界に、新たな選択肢を与えるキッカケを目指します。


- コワーキングスペース -

ジョージアのコワーキングスペースは件数が少なく、価格相場は1デスクの月間利用料が3万円ほどであり、物価に対して決して安くはなく、やや高額の傾向にあります。

これはデジタルノマドに人気の地としては、あまりいい環境とは言えません。

国際色豊かなクリエイター同士の交流と空気の循環性を目的とし、相場よりも安価なデスク利用を提供することで、相乗効果としてビジネス環境をより快適なものにします。


- ワインバー -

「なぜ美容室にワインバー?」という疑問もあるかもしれません。

実はジョージアはワイン発祥の地であり、8000年の歴史があります。

伝統製法のクヴェルリ製法は2015年にユネスコ無形文化遺産に登録されており、各家庭が自家製ワインを造っています。

ワインはジョージアそのものであり、日本人含め外国人の集まる空間で現地の最重要文化を愉しんでいただくことでジョージアの魅力をさらに感じることができるでしょう。



ジョージアどころかコーカサス初の日系ヘアサロン。

いま注目の集まるこの地に、また新たな風が吹くことでしょう。


もし興味を持っていただけましたら、ご支援のほどよろしくお願いいたします!

<本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。>

  • 2020/02/21 08:00

    ある日、アパートに訪問者が現れました。全身は黒色で覆われ緑の瞳を持つ客人は、窓からやってきたのです。トビリシの住宅街には人懐っこい野良猫や野良犬がたくさんいて、地元民が動物をよく世話することから気性の荒い動物はほとんど見かけることはありません。完全に共存しているのです。野良犬が道ばたでお腹を見...

  • 2020/02/20 08:00

    おはようございます。KOHです。クラウドファンディングのプロジェクトページは1万PVを突破し、パトロン数30人、支援額は40万円を突破しました!たくさんの方々の応援によって達成が見えてきました。本記事公開時点で終了まで残り一週間となります。必ずしも達成しますので引き続き応援のほどよろしくお願い...

  • 2020/02/17 08:00

    おはようございます。KOHです。「支援者限定コミュニティ(LINEオープンチャット)」が含まれるリターンをご支援いただいた方にはCAMPFIERのメッセージよりURLをお送りしていますのでご確認をお願いいたします。ところでしれっと更新が止まりがちな毎日の進捗報告ですが、投稿されない日は酔っ払っ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください