農家と消費者を繋ぎ町に点在した直売所を検索できるアプリを開発しております。~6-8月にリリースを目指して開発中~近隣のどこで新鮮野菜が購入できるの?農家さんのこだわりや安全性は?を直売所検索アプリ『Veggie』で探し、レビューで頑張る農家を応援!

プロジェクト本文

ご挨拶

 直売所検索アプリを開発しているveggie合同会社の代表をしている阿部と申します。プロジェクト自体は1月に活動し2020年4月1日に法人化致しました。
生産者と消費者を繋ぐ事業をしております。
2児の父で絵本の読み聞かせが趣味です。



実現したいこと

現在、新型コロナウィルスの影響もあり外出がしずらい環境にありますが、そんな中改めて地産地消の重要性は高まるばかりです。近隣の直売所では過去にないほどの行列を目にすることがあります。

東京都清瀬市内開発している直売所検索アプリで生産者同士を繋ぎ、消費者を繋ぎ、町の外食店を繋ぐコンパクト社会を実現したいと考えております。近隣の直売所がどこにあるのかアプリ内のMAPで検索したりJA共同直売所で見かける生産者をアプリ内で検索したり、お気に入りの農家に対して応援のレビューをすることも可能です。 

プロジェクトを立ち上げた背景

生産者の高齢化が進み、新規就農者が少ないことや年間10万人規模で農業従事者が減っている現状に危機感をもっておりました。消費者がもっと楽しみながら近隣の農家を、頑張る農家を応援したいと率直に感じたことがきっかけです。

これまでの活動

2020年1月に活動を始めました。仲間を募集し、WEBサイトを立上げました。以降、自治体へご紹介をしながら農家の方へのアプリ開発のヒヤリングを重ねております。そして4月上旬には東京都多摩エリアの複数の市に推薦を頂き東京都観光財団に企画書を申請をしております。
メンバーは開発や企画を含め現在5名の仲間とアプリの開発を行っております。

資金の使い道・実施スケジュール

使い道

・アプリ開発費用:2,000,000円
・リリース前後における広告費及び手数料:500,000円
合計2,500,000円
※今回の支援機は上記のうちの一部として使用させて頂きます。

実施スケジュール
2020年4月:既に直売所検索アプリの開発に着手:ロゴの確定/ブランドカラー確定
2020年5月:クラウドファンディング支援終了
2020年6月:直売所検索アプリβ版公開
2020年7月:SNS広告・リスティング広告、HP更新
2020年8月:直売所検索アプリ/iOS版・android版完成版リリース
2020年12月:リターン発送

アプリ『Veggie』詳細

『Veggie』は、もぎたて野菜を近隣のエリアで購入することを目的とした、スマートフォンで使用できるアプリです。

<料金体系>
一部機能を除き、生産者も消費者も無料で使用できます。
多くの方にご利用いただけるようにします。
(プレミアムプランは有償)

<アプリ『veggie』のこだわりポイント>
無料で使える!
多くの人にご利用いただきたいから・・・
より本格的にご使用頂ける方には有料版に移行し快適な地産地消生活をお楽しみいただければと思います。
②MAP機能で、かんたん検索
現在地から、最寄りの直売所が一覧表示され、地図機能に切り替えてルート検索することも可能
アプリだからすぐに手軽に使用することが可能です。
③生産者情報やこだわり・口コミを掲載
生産者はホームぺージやマーケティングツールとしての代用として、消費者は、レビューや☆マークを投稿してお気に入りの農家を応援することができます。
④農家同士のつながり、近隣のシェフとの繋がり
農家間でのフォロー、地域の個人商店とのやりとりが可能。
昼食・居酒屋でもぎたての枝豆が食べれたり!
⑤面倒な登録を最初にさせない
アプリを使用しようとした際、どんなアプリか分からないのに個人情報を登録するのは面倒です。
ユーザーのことを本気で考えた結果、本当に必要な時に登録を求めるレイアウトに設計しております。

最後に

アプリで多くの方々が地域でコミュニケーションをとり、コンパクトで安心できる社会を構築する一助になるお手伝いを。ご支援の程宜しくお願い致します!

直売所検索アプリの開発は第一歩になります。追加サービスでは農家とボランティアをマッチングしたりveggieの無人直売所の設置、無人直売所の在庫状況把握のカメラサービス、地域のみの流通サービス、QRコード決裁などの導入をすすめ、地元で雇用も生み出していく計画です。多くの人の声を取り入れ、コンパクト社会の実現に向け一緒にサービスをつくり上げていきたいと考えております。どうぞ宜しくお願い申し上げます!

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください