◇はじめに

当ページをご覧くださりありがとうございます!

Instagramにて活動をしているyuki(ユキ)と申します。

東京都出身の27歳。ダウン症の兄がいます。

2016年頃、いつか写真展を開催することを目標に、障がい児・者をモデルに写真撮影と公開の活動を開始。

長く活動をお休みしていたのですが、2019年末から活動を再開しました。


◇このプロジェクトで実現したいこと

都内で1週間、入場料無料の写真展『はじめまして こんにちは』を開催。より多くの人に、障がい児・者の存在と、素顔を知って欲しいです!


◇プロジェクトをやろうと思った理由

私が、写真展を開催したい、そのために活動しようと思ったのは、写真に写る障がい児・者を見てもらうことで、『伝えたいこと』『感じてほしいこと』があったからです。


伝えたいこと

『障がい者、障がい者の家族だからって、不幸なわけじゃない』



私にはダウン症の兄がいます。知的障がいがあり、働くことや、ひとりで生きていくことは難しいけれど、兄がニコニコしているととても嬉しいし、自分が辛いときは甘えさせてもらう、大切なお兄ちゃんです(小さい頃は、意地悪をしたこともありましたけどね…笑)。

私自身はそう思っていたのですが、ある人に、「お兄ちゃんが障がい者で不幸だと思ったことはないの?」と聞かれたことがありました。

その人は、私と兄のことを幼い頃から知っている人だったので、私は、"私たちのことを長年見ている人でも、家族に障がい者がいることは不幸だと思われているのか…"と、大変ショックでした。

私は、お兄ちゃんが、私のお兄ちゃんでいてくれてよかったと思っています。そして、障がいを持つお子さんや兄弟姉妹に対し、同じ感情を抱いている家族は沢山いると思うのです。もちろん、大変なことはある。けれど、不幸じゃない。こんなに楽しい瞬間もあるよと、写真を通して伝えたいと思いました。


感じてほしいこと

『障がいの向こうの、

"その人自身"』

"障がい者"と聞いて、どんなイメージが浮かびますか?

純粋、優しい、かわいそう、こわい、大変そう、どう接したらいいかわからない…

色々なイメージがあると思います。ですが、そのイメージの向こうに、その人自身の素顔があると、私は思っています。

初対面の人と会う時は、相手が障がい者でなくとも、少なからず緊張しますよね。

そのうち段々と仲良くなって、打ち解けていきますよね。

障がい者との関わりも変わりはないと思っていて、

はじめは、障がいばかりに目がいって、困惑するかもしれません。

けれど、関わっていくうちに、その人自身のことが分かってきて、

"障がい者"から、"〇〇さん""〇〇ちゃん/くん"に変わる瞬間があります。

すると、その人の性格や、豊かな表情が見えてきます。

素直な子だな、頑張り屋さんだな、いじわるなタイプだな、甘えん坊さんだな、とか。

笑ってるな、ちょっと疲れてるな、あ、ふざけている!とか。笑

今回の写真展では、普段障がい者との関わりがない人たちに、私の写真を見ていく過程で、障がい者からひとりの人となる瞬間体感して欲しいのです。


◇障がい者と関わりのない人へ、より広く、より多くを目指して

健常者と障がい者と呼ばれる両者の間に壁を感じた時、私は、知ってもらえたら、関わってもらえたら、違う捉え方をしてもらえるのに…といつも考えます。

と同時に、いくら私たち家族や、自らの意思で障がい者に関わっている人がそう訴えかけても、元から興味がない人の意識をこちらに向けることは、とても難しいことだとも思うのです。

興味がない人、別世界だと思っている人、そんな世界があることすら知らない人の意識を、自然にこちらに向けてもらうにはどうしたらいいか。

考えた末、私は写真にたどり着きました。

写真には、見た人を惹きつける力、日常を特別な日のように映し出す力があると思います。その写真の力を借りて、何気なく私の写真を見た人が、「素敵な写真だな」と辿ってきてくれたなら…、そこを入り口に、色々な障がい者がいること、色々な表情をすることを、まずは知ってもらいたい。

写真を見る前と後で、障がい者が少しだけ身近な存在になり、街で見かけた時に、

「あの人も、あの写真で見たような表情をするのかな」

と思ってもらえたら、とても嬉しいです。

◇これまでの活動

Instagramにてモデルさんを募り、ご協力頂いた方のお写真を撮影、掲載しています。

公開しておりますので、宜しければこちらのリンクからご覧ください。

https://instagram.com/aty.kiyu?igshid=115jehtr4r92x

◇資金の使い道

・ギャラリーのレンタル料

・写真撮影の為の交通費

・展示品創作費

等に使用致します。

(予定より資金が集まった場合は、活動の継続費としての使用、また、今後ポストカードや写真集などを作れたらいいなと考えいるので、その為の試作費、活動費として、大切に使用させて頂きます。)

◇リターンについて

今回、あまり幅広いリターンをご用意出来ておりません。申し訳ありません。ですが、ご支援頂いた皆さまには、心を込めてメールやお礼状にてお返しをさせて頂きます。

◇実施スケジュール

2/25までクラウドファンディングを実施。

クラウドファンディングが成功し次第、展示会場を予約。制作活動、告知を進めていく。

3月末から5月の間で、都内の展示会場にて1週間写真展を開催(展示会場の空き状況により、時期がずれ込む場合もございます)。

◇最後に

最後までお読みいただきありがとうございました!

活動にご賛同頂けましたら、ぜひご支援を宜しくお願いいたします。

また、本プロジェクトの資金募集はAll-or-Nothing方式となっております。

目標金額に達しなければ、写真展の開催、リターンのお届けは白紙となってしまいます。

周りの方に「こういうクラウドファンディングをやっているよ」とお知らせ頂くだけでも大変力になりますので、拡散・シェア等してくださると幸いでございます。

それでは、何卒宜しくお願いいたします!

2020年1月 ___yuki


  • 2020/07/14 17:54

    こんにちは!みなさまにご支援いただきました写真展 はじめましてこんにちは-スペシャルニーズと子どもたち- が無事終了いたしましたことをお知らせします。感染者数の再びの増加に加え、悪天候な1週間ではありましたが、通りすがりの方、ギャラリー自体の常連さんなど、関係者以外の方にもご来場いただくことが...

  • 2020/07/01 21:12

    写真展いよいよ来週に!初めてのことでどきどきですが、体調万全に、最後まで駆け抜けたいと思います!さて、たくさんのご来場のご予約、ありがとうございました!平日に空きがあるので引き続きご予約を受け付けております。7月5日(日)までご予約を受け付けます。希望の日時を第3希望まで教えてください。締め切...

  • 2020/06/22 15:00

    写真展の開催が、約2週間後になりました!一時期はコロナのこともありどうなるかと思いましたが、いざ動き出すとあっという間です。どきどき。写真展は7月7日(火)から7月12日(日)までの、11:00〜15:00(最終日は14:00)となっております。感染拡大予防のため、時間が変更となっておりますの...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください