閲覧ありがとうございます。学生ランナーは日々の生活を競技に傾け努力する一方で、一般の生徒よりも視野が狭く、競技以外に自分の可能性に向き合う時間を作れません。そんな閉鎖的な価値観から今後の社会で活かせる広い視野と経験とチャレンジをさせたいと思っています。ご賛同頂ける方ご支援ください。

プロジェクト本文

【閲覧ありがとうございます!】

私はランニングコーチであり、ランニングを通じたyoutuberとして全国各地でランニングセミナーを開催し、多くの方に怪我をしないためのランニングフォームのレクチャーを行っているトレーナーです。
名前を通称「たなー」といいます。
かつては箱根駅伝、そしてその先の夢も描いていましたが叶うことはなく、一度は心も体も壊し、社会的にも大きな出遅れを経験。様々な体験をしてきた中でこうなって欲しくないという願いから私ができることから学生たちに伝えたいことを体を張って実践しています。
今回はタイで行われる「アメイジングタイランドマラソン」を学生に招待しつつ、現地では駐在員の方々にご協力頂き、少しでもグローバルな視野で自分の好きなことと向き合い、今まで経験がいかに価値があることを知り、そして広い視野を持てるのかを経験して欲しいと願ってます。

なぜタイのマラソン大会に学生ランナーを連れて行きたいか?


私は趣味であり特技であり仕事であるマラソンを通じて様々な人と出会ってきました。日本国内だけでなく、20か国を超える国々で様々な方とコミュニケーションをする中で一つの不安が芽生えました。
これだけ多言語を扱えてコミュニケーション能力の高い若者たちが一つの言語しかほぼ使えない現状で、スマホ一つで可能性を掴めるかもしれないこの世の中で淘汰されないかと思ったからです。
現に出会ってきた子でバイリンガルで優秀な能力を有していました。しかし、お金や時間の問題で可能性をつかめない子もいた。日本の学生たちは時間も環境もお金もある子が多く、自分の好きなことに高校大学まで向き合える環境を持つ子が多い。
しかし、自分の将来のために学業やスポーツを組み込むのではなく、単位をとって大学を出るだけだったり、スポーツを青春と割り切って将来に活かすビジョンが足りないと感じる子が多い。中でも私自身の経験でもあるが、箱根駅伝を目指す選手は箱根駅伝出場のために学業を面倒に感じるものも多く、その多くが走ることだけに注力し、将来に活かせる視野やスキルの獲得に至らないことが多く感じています。同時に競技に没頭することでその時間を確保できないもしくは知らない可能性があります。でもそこに気づかずにいたら、インターネットで壁のないこのグローバル社会で淘汰され、存在価値がなくなるのではないかと思ったんです。
そんな学生ランナーの視野の狭さを知る機会として今回の企画を考えました。自分の好きなことに形を変えて向き合い、自分の知らない価値観を手に入れ、それを社会人として活かして欲しいし、ランニングで多くの方と出会い、縁が作れる可能性があるこの価値を知って欲しいと思っているのです。

僕はこのランニングの価値を視野を広く持って欲しいし、大事にして欲しいと思っています
本来楽しいもので箱根駅伝などに情熱を燃やしてやめたり、辛くてやめたりするものではなく、もっと可能性があるものなんです。そこに気がついて欲しい。その価値をわかって欲しい。

今回の企画を通じて少しでも多くの学生にその想いや願いが伝わることを祈っています。
本企画は動画内でも彼らがどのように感じたのかを発信していきます。

【今回連れていく学生メンバー】

麗澤大学4年生:河内宏太(かわうちこうた)
箱根駅伝予選会にてレギュラーメンバーとして本戦出場のために走るも本戦まであとわずかというところで予選敗退。今後は愛媛銀行でランナーとして継続していく。今回、初のフルマラソン。

立命館大学4年生:福島奈槻(ふくしまなつき)
2年前から立命館大学のマネジャーとしてチームを支える傍らで一度諦めた選手を種目を変えてチャレンジを再開し、サロマ100km7位と健闘。今後はウルトラを主戦にして競技継続。

【資金の使い道】

今回皆様にお願いするのは学生二人の渡航滞在費用となります。
※たなーは含まれていません
1月30日〜2月3日までの期間ツアー代金となるのですが、旅行会社にはすでに入金済み。約19万円の支払いをすでに私が決済を完了しました。現段階で私が全て負担することでこのプロジェクトが成立しなくても企画は続行します。
クラウドファンディングを使った理由は「長く継続するため」です。
今回、私が資金を出す形ですが、私が資金的にマイナスになっていることが継続できるわけはなく、可能なら今後大きく機会を作りたいし、若い世代や有望なアスリート候補に機会を作りたいのです。私のできなかった夢や経験を叶えて欲しいと思っています。
皆様の力をお借りする形になりますが、企画が少しでもご理解いただくことができ、多くの支援で彼らの将来を応援するきっかけを作り、この活動が来年も続けれることを願っています。

【リターンに関する連絡】

今回、いくつかのリターンを用意しましたが、継続性を意識したものを重視しているため
私がやれば済むというものではなく誰でも可能性を作れるようなスタンスを重視しています
3月に私が帰国後に改めてリターンを行うものもありますので、ご理解よろしくお願いします

【最後に】

皆さんは今、自分がしたかったことやりたかったことはありませんか?
立場上それがすぐに実行できない方も多くいると思います。僕は願ったこと・実現したかったことを自分の力を自信が持てず、諦めていました。でも私のようななんの結果のない人間でもだれかのためになる程度に成長できることができました。僕よりも才能がある人はたくさんいる。叶えたい想いも大きいはず。いま、自分ではできないチャレンジを誰かに託して応援してみませんか?
若い彼らの成長をみんなで応援してみませんか?どうぞよろしくお願いします。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/03/14 19:28

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2020/02/25 10:24

    ご支援を頂きました皆様こんにちは!現在タイのマラソンに向かったメンバーでリターンの商品を作成しています。慣れない作業で少し戸惑っていますが3月中にはお届けさせて頂きますのでよろしくおねがしいます。今しばらくお待ちくださると幸いです。たなー

  • 2020/02/03 12:27

    先ほど、パトロンになってくださった方々に向けてメールをお送りしました。数名、メール受信が出来ない設定か送れていない可能性があります。改めてご確認頂けると幸いです。学生2名無事に終わってなによりです。詳しいこと動画でご報告させて頂きます今回、多数のご支援頂きましたこと心より感謝しております

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください