2015年8月に移動販売として開業。2018年4月に移動販売と合わせて店舗をオープンさせた。海岸に打ち寄せられた貝殻たちを使い、島内では数少ない島オリジナルの装飾品等と古着物を使った和小物等を製造販売しています。来島する観光客に留まらず、日本国内や世界に島の良さを発信し、当店の売り上げを伸ばしたい。

プロジェクト本文

手作りおみやげの店「猫又堂」です。
初めての皆様、いつもご利用して頂いている皆様、アクセスして戴きありがとうございます。
私共は、東京都の伊豆諸島の一つである三宅島にて、島内で数少ない島オリジナルのアクセサリー等を手作りで製造販売している小さなお土産屋です。開業から5年が経ち、少しづつですが売上を伸ばしていますが、今後もっと売上を増やし、広く皆様に知って頂きたく、今回のプロジェクトに投稿いたしました。最後までお読みいただけたら幸いです。上の写真は、社長の「猫又」(写真中央の台の上に居るはずですが、写真嫌いの妖怪の為、写っておりません)を始め、先代の店長の猫「クロ」、現在の店長の猫「ハク」、代表・製作販売担当の妹の「佐和子」、経理・製作販売担当の私「弘志」で営んでおります。

東京都三宅島について東京から南に約180㎞の位置にあり、伊豆諸島の中で3番目に大きな島です。古来より幾度となく噴火を繰り返し、最近では2000年の噴火により全島民の島外避難となりました。約5年の歳月を島民は慣れない土地で過ごして、やっと帰島を果たしました。
三宅島は観光の島で、海では釣りやダイビング等が盛んで、隣の島に行き野生のイルカと泳いだりウォッチングが出来ます。陸上は、野鳥の宝庫でバードアイランドと呼ばれ、バードウォッチングが出来ます。また、噴火の跡があちらこちらで見られ、自然の驚異を感じる事が出来ます。
2005年の避難解除後、2000年の噴火以前と比べ、観光客も減っていたが、現在では徐々に回復してきている。

猫又堂とは
【気紛れな妖怪「猫又」が始めた小さなお土産の店】をコンセプトに開業しました。
2005年の避難解除後、島内のお土産店が少なくなり、また、島オリジナルの商品を扱う店が少ないので、当店は、島の海辺で拾い集めた貝殻たちを利用した手作りのお土産の店を2015年にオープンしました。当初は車での移動販売を中心に、島内のイベントに終点をして営業しておりました。その後、島の高校の文化祭で、ヒントを得て、商品作製の体験教室を開催したりもしました。2018年の4月には、常設の店舗も開店させ、現在は、店舗・車での移動販売・島内のイベントに出店し営業しております。

猫又堂の実情について
1、店舗場所及びアクセス

店舗の場所は、三宅島の北西に位置する伊ヶ谷地区内にあります。最寄りのバス停より徒歩約5分、島内循環道路より、伊ヶ谷林道を登り、道なりに行くと当店が見えてきます。
当店の営業時間は、10時から17時までとなり、不定休で営業してます。
現在の販売の規模は、店舗では畳一畳ほどのスペースで、車の移動販売では、後ろの荷台部分で営業しております。
※店舗
※移動販売車2、取り扱い商品
①波のプレゼントシリーズ
 海岸に打ち寄せられた貝殻等を閉じ込めたレジンアクセサリーを「波のプレゼント」シリーズとして販売
 しております。
・ストラップ
・キーホルダー
・ヘアゴム
・イヤリング
・ピアス・ブローチ
・その他
 ペンダント、ヘアピン、バレッタ、バックチャーム、マグネット、フォトスタンドも有ります。
 写真はほんの一例で、色んな形が有ります。
②和小物シリーズ
 島民の方から頂いた、古着物等を利用した和小物やトートバッグを製造販売しています。
・がま口
※がま口の柄は、他の色や柄が有ります。
・トートバッグ
※写真のトートバッグのサイズは、A4サイズの書類が入る大きさですが、他にも小さめのサイズも有ります。
・その他
 ポーチ、箱型ポーチ等が有り、色や柄が様々有ります。
③島型ステッカー
 島の形に切り抜いた耐水性のステッカーです。柄は島の名所の風景や野鳥、隣の島に生息している野生
 のイルカ等の写真を使用しています。全部で36種類有ります。
・風景写真
・野生のイルカ
・野鳥


【波のプレゼント】シリーズの作成工程

①レジン液にベースとなる色を混ぜる

②シリコンモールドに色づけしたレジン液を流しこみ固める

③配置する貝殻とパーツを選ぶ

④貝殻たちを配置するためレジン液を少量入れる

⑤貝殻たちを配置して固める

⑥シリコンモールドの縁いっぱいにレジン液を流しこみ固め完成


猫又堂の販路拡大、売り上げアップと来島観光客の集客アップにつながる活動にご支援願います!

ご支援頂いた資金の使用については、以下の事に使用したいと思います。
・店舗を開業したが、場所が分かりにくく、来店者が少ないので、店舗の場所案内用の看板を製作して設置
 したい。
・来島観光客の集客活動として、案内パンフレットやチラシを作製して配布したい。観光施設に置いて貰う
 だけで無く、積極的に観光客に配布していきたい。
 また、島民や島民宅に来る来島者向けに年賀状やかもめーるを使い、店の情報をアピールして行きたい。
・来島観光客のみならず、島に興味がある方に向けて、ホームページを作製してアピールを行い、ネット販
 売も開始したい。
・当店は、ハンドメイドの商品を扱っているので、島外で行われるイベント(デザインフェスタやハンドメ
 イドフェスタ等)に参加する事により、島の魅力や当店の商品をアピールし、来島観光客を増やす事に繋
 げて行きたい。その為のチラシやPOP等を作成し、イベント会場で配布したい。
・現在ある商品だけでなく、今後は新商品の開発も手掛けて行きたいと思っています。
以上の様な事を中心に、集客アップと売り上げアップに繋げて行きたいと思います。

資金の使用の詳細は以下の通りです。
・看板製作設置費用          :約100万円
・パンフレット、チラシ作製、配布手数料:約  15万円
・ホームページ開設、ネット環境整備費 :約  50万円
・島外イベント参加出店費等      :約200万円
・島内イベント用商品購入費等     :約  50万円
・商品用材料費、返礼品材料費     :約100万円
・新商品製作費            :約  20万円
・備品購入費、その他         :約  40万円
・人件費等              :約  50万円
以上の費用が必要です。その一部である500万円をご支援頂きたく、宜しくお願い致します。




このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください