昨年8月にカンボジアへ医療奉仕のボランティアへ行き、10月に里子の小学校をまわって絵の授業をしました。実費ではやりたいことに限りが出てきます。でも絵の授業が子供たちにとって夢や希望が与えられたということで、4月にも授業をして欲しいと声がかかってます。2週間医療奉仕と島の学校の授業をしたいです。

プロジェクト本文


こんにちは!絵描きのnanaです🐾

東京都出身の24歳です。


普段は動物の出てくる絵本や波の絵を描いたりしてます🎨

絵本は幼稚園や小学校へ寄贈しに行ったりもします📕✨

昨年はカンボジアの島へ医療奉仕のボランティアへ行って、そこの小学校にも絵本をプレゼントすることが出来ました。

このプロジェクトで実現したいこと

今回はカンボジアの里子の小学校を数件周り

絵の授業をしたり
文房具や歯ブラシを
寄贈したいです!⸜🌷︎⸝‍



プロジェクトをやろうと思った理由
これまでの活動

昨年、医療奉仕の中で

歯のない子供たちを沢山見ました。

甘いものや、水より単価の安い炭酸飲料が多くでまわってる中、

歯磨きの習慣はなく、みんな虫歯だらけでした。

歯磨きの大切さを教えるべく 自費で歯磨き講習に参加して、

小学校で 歯磨きに関する紙芝居を読みました。私が日本語、現地の大学生がクメール語で2回読み聞かせました。

日本で買った歯ブラシの配給をしました。これをしっかり出来ているか春にまたチェックしたいなと思いました!

何度か言わなければ!!

1度の声掛けじゃ習慣までいかないので😢

そして絵の授業の方は、親のいない里子たちが 

海外の里親たちに学費を送って貰って学校へ行ってるという事実を知って、

10月に1人でカンボジアへ向かいました。現地の方とアポをとって、みんなで里親に送る写真で 手に持つネームカードを作りました。

2校まわって、近所の小学生〜高校生200人ほど見ました。みんな楽しく自由に描いてました。その時はマーカー10色セットをとにかくたくさん持っていきました✎✏✐✑✒

資金の使い道

  200人分の文房具(授業で使えるボールペンセット、マーカーセットや定規セット)

寄付する歯ブラシや医療奉仕の中での必要なもの。 

島へのフェリー代、滞在2週間分の交通費、滞在の必要経費、活動費用

(プノンペン空港、クラチェ、タケオの間の交通費全て)


そして 17% は手数料

10%はリターン代となります。

リターンについて

・カンボジアでの活動、美しい景色をまとめた写真集・ポストカード・自作のイラスト・現地でのスケッチやドローイング

実施スケジュール

(4月後半)東京からプノンペンへ旅立ち

(4月後半の1週間)医療奉仕

(5月初め1週間)絵の授業

(5月半ば)日本へ帰国

最後に

カンボジアの歴史に残るポル・ポトの大虐殺から40年。未だに学業や仕事も充分に出来ず貧困に苦しんでる人々が沢山いました。寄り添って話を聞き、授業を通して夢や希望を与えたいです。そのために皆さんの力が必要です。

一緒に

カンボジアに活気を分け与えましょう!!


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください