毎日飲むコーヒーだから、その一杯を意味のあるものにしたい。地球の未来を守るためのコーヒーのあり方。毎月美味しいスペシャルティコーヒーがお手元に届く+支払った金額から自動的に環境保護や人道支援に使われる。コーヒーだからこそ可能な継続的な支援のあり方を実現したい。みなさま、ご支援よろしくお願いします。

プロジェクト本文

【chouette torréfacteur laboratoire ご挨拶】

初めまして。chouette torréfacteur laboratoire 代表の高山健二です。お店の名前が読めないとよく言われますが、「シュエット トレファクチュール ラボラトワール」と読みます。長いのでシュエットで覚えてください。(*以下、chouette)拙い文章ですが、ぜひ最後までお付き合い下さい。

私たちは、2017年に世田谷区豪徳寺でコーヒー店をオープンしました。最近では私たちが提唱する『低温焙煎』が、少しずつ受け入れられメディアにも取り上げて頂く機会が増えました。

焙煎の大会(SCAJ)にも出場させて頂き、2018年は7位・2019年は8位とまだ表彰を受けるまでは行きませんが、他では味わえない確かな味わいから着実にファンを増やしてまいりました。

そんな私ですが、もともとは料理人でした。

レストラン サンパウ(スペイン料理)

カンテサンス(フランス料理)

で、両店ともにオープニングメンバーとしてキッチンの中からレストラン業界に携わり、多くのことを学ばせて頂きました。特にカンテサンスでは、生産者や食材への配慮・最大限の美味しさの追求といった言葉では表現しきれないことの多くを学ぶ機会を頂きました。その頃はまだまだ若輩で、共に働いた諸先輩方は今もレストラン業界のトップを走り続けている方ばかりでした。


その後、私には小さい頃からの持病があり、レストランでの勤務を辞める事になります。そんな時に出会ったのがコーヒーでした。夜型のレストラン業態から朝型のコーヒーショップへのキャリアチェンジを果たし、Mercedes-Benz Connection(現 Mercedes me ) 1Fカフェでマネージャー兼バリスタとして勤務。その後、伊勢丹新宿店のジュースバーでマネージメントスキルを磨きながら、休みを利用して焙煎方法を確立していきました。

晴れて2017年に店舗をオープンさせ現在に至りますが、店舗をオープンさせてやりたかったことの1つが未だにかなえられていません。


それはコーヒーを通して行う環境保護や人道支援です。


同じようにコーヒーを通した支援のあり方は今までもありましたが、寄付金分の値段が高くなってしまったり、どうしても原価を下げるためにコーヒーのクオリティが維持できなかったり。


今回私たちは、企業利益を目的とせずハイクオリティな最先端のコーヒーをお客様に提供し、売上の25%を支援団体への寄付へ回す取り組みをします。

ネット上に新しい店舗を立ち上げ、商品を購入することが寄付へと繋がる継続的な支援のあり方を提案し、賛同いただける方をCAMPFIREを通して募集します。


みなさま、どうぞよろしくお願い致します。



【未来に繋がるコーヒーを】

美味しいコーヒーを提供し続ける事地球環境の保護は同意だと思います。

私が子供の頃、大人たちは温暖化や酸性雨といったことを教えてくれました。私は現在36歳ですが、子供の頃と比べてさらに温暖化が進んでいるのを感じ、料理人だった経験から環境の変化による食材の変化や生態系が崩れてきたことを知りました。


美しい地球を守り、未来に残すことが私たちの願いです。


2050年問題をご存知でしょうか?このままいくと2050年には、環境の変化によって美味しいコーヒーが飲めなくなるかもしれないのです。これは、コーヒーだけの問題ではありません。日本には豊かな食文化がありますが、これらは全て自然からの恩恵です。

ちょっと想像してみて下さい。

あなたの30年後には日本料理に代表される外国の方にも人気の「寿司」や「天ぷら」の豊富なネタが少なくなっていて、全てが完全養殖で人工的に作られている様子を。また、今の子供達が大人になりその子供たちが大きくなる頃には、歴史の本に記されている状態になっていて食べられないかもしれない事を。


chouetteでは、すでにTake outで使用されるプラスチックストローやカップを完全に廃止、コーヒーの抽出で頻繁に使用されるペーパーフィルターも有田焼から作られるセラフィルターへと移行しました。サスティナブルブレンドという商品を開発し、食品ロスの削減にもお客様と一緒に取り組んできました。


この度私たちは、【chouette blanche】というお店をネット上に立ち上げます。

コンセプトは「未来に繋がるコーヒー」

毎月商品が発送されるサブスクリプションサービスを取扱い、コーヒー豆は新しい品種や精製方法で作られた珍しいマイクロロットの物を厳選し完全におまかせとなります。毎月200g( 2,000円 税込/送料込)のコーヒー豆を月初にお届け予定で配送致します。お客様が購入されたコーヒー豆の代金の25%に当たる500円を寄付という形で継続的な支援に回す取り組みをします。



【その一杯のコーヒーが意味を持つ】

【chouette blanche】は、地球環境の保護や人道支援を、より高品質なコーヒーの生産から生み出すことを目的に立ち上げられました。何気なく毎日飲むコーヒーが、環境保護や大きな災害が起こった際の人道支援への寄付になる。
それが【chouette blanche】が提供するサービスです。地球の未来への投資に近いかもしれません。


売上の25%は寄付金として当てられ、残りはコーヒー農家や活動に関わる人々へ支払われます。

取り扱うコーヒー豆は、もちろんスペシャルティコーヒーです。


・生産者への対価

私たちが扱うスペシャルティコーヒーは、日本のコーヒー輸入量の約11%と確実に取扱量が増えてはいますが、まだまだ少ないと言えるでしょう。スペシャルティコーヒーは、優れた味わいから高値で取引されるので生産者への対価として十分な金額が支払われます。その一方で、よく目にする安価なコーヒーは、現地で安く買われたコーヒーで農家への十分な支払いが行われないのが現状です。スペシャルティコーヒーを飲むことは、コーヒー生産者を応援することに繋がるのです。


・食品ロスを無くす

コーヒー豆は生豆の状態であれば、保存が可能です。様々なコーヒーを楽しんで頂きたいですが、在庫があるのに違う豆を購入すると時間経過とともに品質の低下に繋がります。全てのコーヒー豆を使い切ることはサスティナブルな未来にも貢献しています。毎月違うコーヒー豆をお届け出来るように会員数を増やして、必要量を購入し新鮮なうちに使い切ることが美味しさの維持には重要です。ロスを無くしながら、どんどん新しいコーヒーをお客様にお届けしたいと考えます。


・コーヒーの現状を味わう

【chouette blanche】で扱うコーヒー豆はマイクロロットの珍しいコーヒー豆です。これは、コーヒーの今を知って欲しいという思いがあります。農作物であるコーヒーは、気候変動とともに生産地域が減少し、生産方法や品種改良にも工夫をして作られています。


寄付先(集まった寄付金を当分して寄付いたします。)

World Coffee Research
コーヒーに関する先端農業科学を、世界的規 模の協力体制の下で活用している世界で唯一の機関である。コーヒー部門の変革 を目的とした、世界のコーヒー産業による高度な農業研究開発への投資の実現に 尽力している。

unicef Japan(公益財団法人日本ユニセフ協会
すべての子どもの命と権利を守るため、最も支援の届きにくい子供たちを最優先に、約190の国や地域で活動しています。保健、栄養、水と衛生、教育、暴力や搾取からの保護、HIV、緊急支援、アドボカシーなどの支援活動を実施しています。

WWF Japan(世界自然保護基金)
自然の中に人間が存在するという自然観を取り入れ、人間が自然と調和して生きる未来を目指して活動しています。「生物多様性の保全」「環境負荷の削減」「資源の持続的な利用の促進」といった活動をしています。

日本赤十字社
主に日本国内における人道支援およびコミュニティサービスの慈善団体であり、政府の補助機関。


毎月の寄付状況は、ブログを通してご報告させて頂きます。



【chouette blancheを通して実現したいこと】

【chouette blanche】はコーヒーを通して、地球の未来のために寄付を集める事を目的としています。企業としての利益はほぼありませんが、ボランティアとは違いコーヒー豆をお客様にお届けするまでにかかる費用分は代金に含まれております。

最近のニュースからだと、オーストラリアでの大規模な火災が取り上げられています。こうした被災地にもコーヒーの代金から寄付として届けられます。

一時的な取り組みではなく継続的に支援を続けられる形を皆様にご提案する一方で、受け入れて頂けるのかが最大の疑問でした。


そこでCAMPFIREを利用して、賛否を問おうと思います。


今回の目標は、100名以上の継続的なご協力を募ります。
【chouette blanche】の活動にご賛同頂ける方からの応援をお待ちしております。



【リターンのご紹介】


2000円 TRIAL コーヒー豆 200g × 1回 + chouette コーヒー豆 サンプル50g×2種類

TRIAL 1ヶ月分200gのコーヒー豆をご提供。写真は、デザイン前のサンプル写真です。
chouetteのコーヒー豆(サンプル用として)を50g × 2種類を同封致します。

生豆情報はブログからご確認下さい。
Top of topのコーヒー豆をご用意しました。普通なら200g2000円では買えないレベルのハイクオリティなコーヒーです。特別な時間を過ごすのに相応しい1杯となるでしょう。

パッケージサンプル


4000円 コーヒー豆 200g × 2回 + chouette コーヒー豆 サンプル50g×4種類
コーヒー豆 200g × 2回(2ヶ月分)をご提供。継続される方には、こちらがお得です。
chouetteのコーヒー豆(サンプル用として)を50g × 4種類を同封致します。(1回の配送で2種類同封)

生豆情報はブログからご確認下さい。
支援数次第では、2回目のお届け分が別の豆になります。もしコーヒー豆が更新される場合はInstagramやブログ等でお知らせ致します。

Low temperature roasting


4000円 chouetteの低温焙煎コーヒー豆 100g × 4p/c
chouetteが厳選した店舗で取り扱うコーヒー4種類を100gずつご提供致します。コーヒー豆はお任せとなります。バランス良くお送り致します。

100g × 4種類 のコーヒー豆


5000円 chouetteロゴ入りバッグ + コーヒー豆 200g + 特製粒マスタード
2way オリジナルトートバッグ + 低温焙煎のコーヒー豆200g(コーヒー豆はお任せとなります。バランス良くお送り致します。) + お店で大人気のホットドッグに欠かせない粒マスタード

2way オリジナルロゴ トートバッグCoffee beans 200g

Moutarde en grains 粒マスタード


10000円 chouette 初心者向け焙煎セミナー
現在chouetteのシェアロースターを利用して、コーヒーイベントやショップの運営をされている方の多くが、こちらのセミナーから焙煎を開始しています。初心者向けに考えられた座学と実技を含む、3時間の焙煎セミナー。
日程は応相談。(通常11,000円)

Roast seminar


20000円 コーヒーケータリングサービス
コーヒーケータリングサービスします。
交通費は別となります。内容により原材料費を別で頂戴いたします。
日程や内容などのやりとりはメールにてやらせていただきます。お急ぎの場合は、CAMPFIREメッセージ機能にてご連絡ください。
※5月以降で日程調整をいたします。
※有効期限:2020年12月末(延長の場合は相談の上、決定)



50000円 コーヒーローストマスターコース(セミナー)
コーヒーローストマスターコース(9:00スタート 19:00を最終終了として満足行くまでお付き合いします。 休憩1時間)焙煎をより詳しく、理解を深めたい方向け。
日程は応相談。平日に限らせて頂きます。(通常55,000円)

Roast master course


*目標金額の達成だけでなく、継続的にコーヒー豆をご購入頂ける方(サブスクリプションサービス)の事前募集を大きな目的としております。リターン後、翌月からもご利用頂ける方からのご支援を切望致します。お客様のご都合で途中解約は可能ですが、その場合はご連絡下さい。

*サブスクリプションサービスへの参加には、リターン分をご提供後にオンラインストアから月々の決済が必要になります。
ご決済の旨を

みなさまに向けて
 ・Instagram
 ・オンラインストア内のブログ

お一人ずつ
 ・リターンご提供時(郵送の場合はお手紙を同封)
 ・メール

にてお知らせ致します。
ご支援金ご決済と一緒にフォロー下さいますようお願い申し上げます。
オンラインストアで1度ご購入頂けますと、翌月からは支払いが自動もしくは簡略化されます。

継続的なご支援を
よろしくお願いします。


【支援金の使い道・スケジュール】

今回の目標額は40万円です。

受け取れる額 = 325,200円
CAMPFIRE手数料 + 税 = 74,800円

集まりました支援金は、生豆の購入代金・資材梱包費・コーヒー豆保管費・広告費として使用します。

CAMPFIREの規約上、支援金は寄付等の譲渡に使用できません。ですので、もしも今回のプロジェクトが達成し支援金が目標金額を超えた場合は、リターンとして使用する費用を除いた余剰金の全てを義援金としてオーストラリアの大規模火災への寄付金と致します。


余剰金の寄付先 

Australian Red Cross(オーストラリア赤十字)
オーストラリア赤十字は、オーストラリアの人道支援およびコミュニティサービスの慈善団体であり、政府の補助機関。今回の森林火災による被災者に対する幅広い支援を行っています。

WIRES(オーストラリアの野生生物保護団体)
オーストラリア最大の野生生物保護団体で、30年以上に亘りニューサウスウェールズ州に生息する野生生物の保護、救護を行っており、活動のほとんどが2,500名以上のボランティアによって支えられています。今回の森林火災により住処や食べ物を失ったり、傷ついた野生生物の保護活動を行っています。


【chouette blanche】のオープンは4月1日を予定しております。コーヒー豆は、3月末日に発送予定です。



【最後に】

「何かしたい。」
ニュースを見てそう思っても、自分から行動をするのは勇気が必要ですし難しいことです。
私も同じです。一人ではできません。皆さんの力を貸してください。

企業で参加をご希望の場合は、企業名を公開したいと考えております。企業イメージアップにも繋がりますので、ご賛同頂ける企業様を同時募集いたします。
その場合は支援時に、御社名ホームページURLを備考欄でお伝え下さい。


サブスクリプションで1回にお届けする量はコーヒー豆200gです。基本は、豆のまま(ホールの状態)でのお届けとなります。
粉にしてお届けした方が、素早くコーヒーが飲めて便利です。ただし、その代わりに品質の低下や保管期限の短縮を招きます。

素材の美味しさを見た目も味わいもダイレクトに最大限に感じて頂きたい。
私たちがペーパーフィルターを使用しない事も同じですが、利便性ばかりに捉われず素材に寄り添う『もっと自然に、ありのままを感じて、自然の恩恵に感謝する。』そんな未来のコーヒーショップのあり方を常に考えています。

ご不便に感じることもあるかもしれません。
自然な形のコーヒー豆をそのままお届けしますことをご了承ください。
コーヒーの袋を開けた時の、コーヒー豆を粉にする時の、お湯を沸かして抽出する時の、そして出来上がったコーヒーの香りや味わいや熱を感じて欲しいです。


・「美味しいコーヒーを飲んで欲しい。」
・「コーヒーを通してエコな暮らしをして欲しい。」
・「環境に配慮したコーヒーのある毎日にして欲しい。」
e.t.c.
そんな想いもコーヒー豆と一緒にパッケージしてお届けいたします。


他のお店のコーヒーも飲みたいという方でも、無理なく使い切れる量を基本に考えています。お届けするコーヒー豆の量を増やす場合は20個まで支援数を増やせますので、必要量分をお願い致します。


店舗情報

chouette torréfacteur laboratoire

HP : https://torrefacteur-lab.tokyo/
詳細はホームページよりご確認下さい。

Instagram
Facebook


今回の生豆提供先
DCS様
世界中からコーヒー機器の輸入販売をされている会社です。生豆は、世界最高級の特製グリーンコーヒーの独立輸入および開発業者であるCafeImportsの正規代理店になります。

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/02/19 19:15

    皆様からの応援メッセージ プロジェクトが始まって2週間が過ぎました。あと一歩で50%というところまで来ましたね。皆様からのご支援・応援メッセージに元気を貰いながら日々コーヒーを焙煎しております。本当にありがとうございます。ご支援頂きました方々の情報はまだ私たちの元へ届いてはいないのですが、応援...

  • 2020/02/16 17:38

    コーヒー豆用のパッケージが完成しました  イメージやサンプルは、すでにInstagramやFacebookで公開しておりましたが、ようやっと完成しました。 今回の1番のポイントは、何と言っても「真空パッケージ」です。コーヒー豆のパッケージは、コーヒー豆から発生するガスを逃がすためのバルブを付け...

  • 2020/02/13 04:47

    目標金額の25%を達成 皆様の応援・ご支援のおかげで、残り41日で目標の25%を超えました。本当にありがとうございます。このプロジェクトをまだ知らない方も多いので、既にご支援頂いた方もCAMPFIREの記事やInstagramをシェアして頂けるととても嬉しいです。私たちもSNSを通じた拡散やメ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください