絵を描く事に自信はある。未来も見えた。絵をSNSに載せて運良くメディアに取り上げられて画家に転職!なんて事考えてたら何年かかる事か…僕にはそんな時間と余裕はない。1ヶ月強で済ませる!そのきっかけの掴み方を考案しました。成功した暁には参考にどうぞ。本文を必ず読んでください!

プロジェクト本文

〜はじめに・ご挨拶〜


はじめまして!

尚英と書きます。

↓ 動画再生時間 0:51


https://twitter.com/adikiri_jap

1回本気で芸術家を目指して活動しようと決意して動き出したばかりです。

独学です。

まだ作家として何も成し遂げてません。

学生時代は約12年間ボール追いかけてました。




•これまでの活動

【計3回 絵のコンテストに挑戦】

1回目(2019.5).佳作


賞状 ↓



2回目(2019.7).選外



3回目(2019.9).審査員特別賞

受賞インタビューも受けましたよ^_^


以上、これだけです。

これだけの奴が300万集めようとしてます^_^ 可笑しな話ですね。最後まで読んで頂ければ少しは理解が深まると思うので是非最後までお付き合いください。

ちなみに9月以降はというとこんな感じ ↓

つ、つらい。。。

ここから挽回します。このプラットフォーム上での活動報告以外にSNSでも進捗は逐一投稿する予定なので是非今後に注目してください。




・このプロジェクトで実現したいこと

①環境整美

まずは静かに集中できる場所にアトリエを借ります。環境を整えて画材を揃えて最低でも1年は仕事も娯楽も遮断し創作活動だけに専念します!

仕事は3月いっぱいで辞めます!当然収入はゼロの期間に突入です。

具体的に起こすアクションとして、まずは手当たり次第に絵のコンペ(=コンテスト)に出品する事から、と考えてます。


②鍛錬

主に受賞経歴と経験値を増やし、活躍の場と名前を広げる事によって「コネも美術学歴もゼロの無名の絵描きがやれた」という成功例を後に続く後輩に示していく算段です。


「絵は人に教わらなくてもやれる、コネも学歴も必要ない!いるのは己の感性と身ひとつ」って事を数年かけてお見せしましょう。

これで良いとこ見せられなかったらダサいな〜(独り言です。今、自分自身にプレッシャーかけてます笑)


③進捗を兼ねて個展開催

途中成果として2021年開催予定。また今回のリターンで描く絵もせっかくなので記念に展示したいと思っています!たくさん集まったらすごく映えそうなワクワクが止まらないです。

また、一緒に出品する作家さんも数名募集したいと思っています。その際の出展費用はすべて負担させて下さい。代わりに個展開催のノウハウを教えて頂きたいです。素人なので先輩がいてくれると心強いです。



・集まった資金の具体的な使い道って⁇

絵を描き始めて気付いたことが本格的なものを創ろうとしたら、お金以外に「時間もかかる!」という事です。


↓ 参考程度にザックリですが作成しました。



・僕が伝えたいこと(ココ重要)

今回のプロジェクトを実行に移すにあたって、<All-or-Nothing方式>申請を出した結果、「過去の事例から見ても、達成するのは難しい目標金額である」とアドバイスを頂きました。今の僕には1番強力な要素が欠如しているからです。それは「知名度」「影響力」。これがないのはクラウドファンディングにおいて致命的。

人はお金を出す時、「誰が」作ったのか、いわゆるブランドや信頼度を気にする傾向にあります。

大概の人はその「モノ」自体のクオリティを実はそれ程注意深く見極めていない。

知名度と影響力というのは長年の努力の積み重ねで得られるものとされています。「一万時間の法則」と呼ばれるヤツです。

その理屈を覆したい!

1ヶ月強で1万時間の壁を飛び越える!!


今や子どもの将来なりたい職業ランキング1位が【YouTuber】という時代です。

話を進めると、安定した職に生涯就ける保証など誰1人として約束されてない今の時代において、

「会社から与えられる仕事に頼らなくても、助け合いながら生きていける」


そのキッカケを与えてくれるのがクラウドファンディングの醍醐味❕って気がしませんか?

有名人が有名パワーを駆使して成功しても「自分もやれる!」とはなりづらいですよね?

有名パワーを持ってないTwitterフォロワー30人の僕が成功した場合ならどうですか?

それだけで多くの人に勇気を与えられると僕は考えています。「お金がないから」という理由で夢を諦めるのは「もう古い」と声を大にして言いたい。表現やものづくりに励んでる人を「自分とは関係ない世界の人」として見てるとしたら、時代と子ども達においてけぼりにされますよ。

この考察の解を証明できるかは皆さんの選択にかかっており、それが今回のプロジェクトの醍醐味でもあります。

いつの時代においても腐る事がないのが「人間性」、そしてもうひとつが「芸」に成せる素晴らしい点です。

この場で言うと「人間性」とはパトロンの皆様のご厚意による熱い支援、「芸」とは僕のリターンの質・量・覚悟が試されています。


•余談

ゴッホは生前全く売れませんでした。「いいもの=すぐ売れる」という訳ではないのが絵の世界ではよくあります。コレって絵の世界に限らず言えると思いませんか?

過去の経歴や数字、共感性や有名かどうかで何かを判断するのではなくて、純粋な目で作品を見てくれる人達と出会いたいし繋がりたい。

【良いものは良い!悪いものは悪い!】単純明快でその方が良くないですか?

子どもの頃は全員その感性を持っていた筈なんです!


ちなみに次回予告をしておくと、

【街の子ども◯◯人が審査員コンペ‼︎(仮)】を開催したいと思ってます^_^

勿論企画だけでなく出品者としても参加します

本当にいいものかどうかを選ぶのは大学の教授でも評論家でも一流アーティストでも

物足りない…

役不足だと思ってる。

ずっとやりたくて、誰よりも僕が楽しみで仕方ない!

ので、乞うご期待!!

つづく


「いいもの」が描けると自分では信じてます。「いいもの=すぐ売れる」世の中かどうか実際に確かめさせて下さい!

〜これは実績も知名度も何もない今だからこそできるチャンスと踏んでの挑戦〜

•リターンについて

数年後、作者が有名になってからお金にするもよし!転売OKとします!その為に今回原画だけでなく、リクエスト絵画とオリジナルアートのサイン箇所だけは敢えて一つ一つ直筆で付け加える事にしました。

作品『天命』の原画だけは売るつもりなかったので、「常識外れ」な価格設定にしました。

(僕はこれでも自信作なんで大特価だと思っ…)これが売れたら奇跡!一発逆転を一瞬で射程圏に持っていく狙いを込めての博打です!

これを買ってくれる先見の明ある優れた方に僕は敬意を表して、

僕の人生における《革命家》として、

生涯忘れず記憶に刻み込ませて頂きます。

貴方は僕の人生に革命を、そして僕はお返しにその絵を持ち続ける限り貴方の子の代、孫の代…と安定をもたらす活躍をする覚悟で精進して参る所存で御座います。


〜最後に〜
正直、絵を「仕事」にしたくはない。

絵は自分の内側から湧き出るメッセージを伝える為の『時代に囚われない万国共通の言霊』の様なものだと捉えてます。音楽や踊りも同様で古代から人々の暮らしを豊かにしてきたのが芸術です。

日本人は僕も含めてまだまだ海外の先進国に比べると美術に対する関心もレベルも低いです。描いた人の経歴や影響力、知名度や話題性ばっか気にして作品そのものの魅力を誰も観ようともしていないから…

長い下積み時代を経たり、大衆の共感性を生み出したり、苦しい思いをしなければ評価の対象にすらならない。そんな遠回りしてるから日本で偉大な芸術家が生まれない。才能がある人は日本にも沢山いる。観る側、いやこの国の教育に問題があるとすら思っている。僕の偏見ですけどね。

「お金目的で」とか、「こういうの描いて下さい」で絵を描く行為は技を鈍らせる枷にしかならない。それを芸術とは呼べない。ただのパフォーマンスビジネスだ。

少なくとも芸術に関しては、お金目的でやってても最高傑作と呼べるものは生み出せないと思ってる。

《何よりも純粋で崇高な行い》であるべきだ。

しかし今の社会は働いてお金を稼がなければ死ぬしかないようなシステムになってます。僕達は文明の発達によって完璧に自給自足で生き抜く知恵と術を学ぶその意欲すら失ってしまったからです。

とは言え、ここまで述べた事が殆どの人に響いてないだろうという事も理解してます。

だから軌道に乗るまではリクエストにも全力で応えるし、パフォーマンスビジネスも当面はやる事にしました!人に喜ばれる活動をして「お金を払いたい」と思われる事に専念する必要があるからです。

本当にやりたい真の「芸術」はその後発動させます。

(例えば、1つの作品に3年くらいかけてみたいです。これは結構、長年の憧れ。)


有名になった瞬間寄ってくるような人に時間を費やすくらいなら、無名で得体の知れない自分を初期から信用して応援してくれた人を大事にしておきたいと思うのは僕の価値観の中では当然の理です。

今回支援して頂ける特別な人達との差別化を図る為にも軌道に乗ってからは似顔絵とか特定の人へ向けたサービス絵画は二度とやりません!

今だけ限定。それが、僕なりに導き出したベストな誠意の見せ方です。だから厳しく長い目で見届けてほしい!


この挑戦は僕が芸術家を目指す物語

その《Episode.0》 です。

傍観者ではなく当事者として是非、参加して下さい! 

#100万円お年玉 はあげられないですが、活躍する姿を見せる事で恩返しをさせて下さい!


現時点で芸術家になった後、

ひとつの【ゴール】としているのが

貧困層を対象に

『全作品1円〜』&『転売OK!』作品展を

開催する事です

金額は買う人に自分で決めて貰います



例えば300万の絵があったとします。年収1200万の人と120万の人では?同じ価値と言えますかね…、重みが全然変わってきてしまう。

そうなると裕福でない人はいい作品に手を伸ばしづらい…

(『転売OK』って僕に利益ないですが、そこに拘る理由は金銭で苦しい思いしてる人が僕の作品を高値で換金する事で幸せになってくれるならその方が僕も気持ちいいし、必要以上にお金を稼ぐ事に対して全く魅力を感じない僕自身の性格がそうさせてるのだと思います。)

*勿論、正規の値段で買ってくれる方への配慮も考えて差別化と絵のスケールは調整するつもりです。

芸術作品は暮らしを豊かにできる力を秘めているからこそ平等に期待に応えられる機会を絵の分野で誰かが設けるべきだと思う。

未知の領域ですが、そこを開拓する実験台に僕を担わせてくれませんか?

その為にもまずは僕自身が売れなければ

話にならない。

すべて実現するには時間が意外とない!

これは同じ志を持つ作家(特に売れてない)にとっても大きな意味がある挑戦だと思うのですが、如何でしょうか。

【期限は3/31(火)迄】です!

温かい春の訪れとともに沢山の方々と繋がれると信じて、、、

↑ 2018.夏 安らかに永眠しました。

天国で見ててくれよ!!俺の猫ちゃん!


※募集方式

<All-or-Nothing方式>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトが成功したら、2021年の個展でお会いしましょう!

是非、情報共有や拡散だけでもしてくれたら嬉しいです。


ーおまけー

crowd funding 改め《cat cloud finding》



おしまい^_^


  • 2020/02/15 09:00

    何か僕に出来そうな事で、「こういうリターンがあったら欲しい!」という物があったら遠慮なくコメントしてください!実現可能な範囲で全力でお応えしますのでよろしくお願いします!やれる事は全てやり尽くします!僕はパトロンの皆様にリターンをお届けする為に最後まで絶対諦めないので見ててください!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください