はじめに・ご挨拶

初めまして!小川と申します。34歳です。現在カンボジアに6年間ほど暮らしていてカンボジアのカンポット州という街に住んでいます。

カンボジアには有名なアンコールワット遺跡があるのは多くの人がご存じだと思いますが、それ以外にカンボジアという国を日本の方の多くはあまりご存じないと思います。なので少しカンボジアの事をご紹介させて頂きたいと思います。

カンボジアはタイとベトナムに挟まれた小さな国でタイ湾に面しており、一年を通して温暖な気候と、地震や台風、津波などの自然災害が一切無いという非常に珍しい国で、また日本の事を非常に愛してくれている新日国でもあります。

観光名所のアンコールワット遺跡は世界的にも有名です。


今まさに大きく変化しているカンボジア

アセアン加盟国の一つでもあり、今大きく発展を遂げている国で、アジアでもトップの経済成長を遂げている非常に勢いがある国でもあります。以前までのカンボジアのイメージは、アジアでも最貧国で、地雷が多く埋まっているなどのマイナスなイメージが強くありましたが、現在はそのマイナスなイメージを一気に変えて、カンボジアは経済発展とともに新しい時代を創ろうとしています。

カンボジアは今からたった40年程前に、ポルポト政権によってほとんどの国民が虐殺されるという凄惨な時代を送りました。少年少女で構成されるクメールルージュ軍による内戦によって、国にとって重要な人物である教育者や技術者、政治家などが全員殺されたのです。当時はただ眼鏡をかけているだけでも頭が良さそうだという理由で殺害されたと言われています。また産業や経済、歴史や文化等もボロボロに破壊されてしまいました。


そんな歴史もあり、現在カンボジアは新しい産業や雇用を創出することを強く推奨しています。特に観光業、農業、縫製業、教育、医療、また環境事業などは今後のカンボジアの発展にとって、とても有意義な事業だとされています。


アジアの発展と共に深刻化する海水汚染

話は変わりますが、現在カンボジアには生活排水や産業汚染水などを浄化する浄水施設が充実しておらず、多くの家庭から出る排水はそのまま川や海へと排水されています。


これはカンボジアの話だけではなくて、現在東アジア南アジアの国の85%の排水が未処理のまま海へと排出されています。


現在その排水によって、川の水や地下水、そして海水の水質汚染が懸念されています。アジアにある家庭の多くは下水道が設置されていない家が多く、生活排水は地下の土中に排水を浸透させる汚水浸透タンク形式の家が殆どです。そしてその汚水による土壌と地下水の汚染も懸念されています。田舎ではまだ多くの家庭が井戸水や池の水で生活しており、場所によっては慢性的にお腹を壊している子供や、皮膚病の人なども見受けられます。


発展による人口増加で家庭排水は大きく増加

アジアでは経済発展による人口増加によって、家庭から流れ出る生活排水の量は年々大きく増加しています。水の汚染は国民の食料でもある魚や命の源である飲み水をも汚染していってしまいます。

現在、人間は昔以上に病気にかかりやすくなっていたり、先天的障害を持って生まれてくる子供が増えています。それには食べ物や生活習慣など様々な原因が挙げられますが、私たちが毎日大量に使っている合成洗剤での水質汚染も大きく関わっていると思われます。


安価な合成洗剤は、毎年農薬の約2倍生産されて世界中で毎日消費されています。


生活排水で何が一番水質汚染の原因になっているかというと、先ほど言ったように安価な家庭用洗剤の使用が理由の一つに挙げられます。私たちは毎日家で食器を洗ったり、洗濯物をしたり、身体を洗ったりしますが、その洗剤の中に含まれる様々な化学薬品が家からそのまま外へ流れ出し、海や川の水を汚染している事まで考えて使っている人は少ないのでは無いでしょうか?


自然に優しい、天然の物だけで作る万能な天然洗剤


私たちが作る洗剤には自然や人体に有毒性のある薬品は一切使用せず、全て身体に入れても大丈夫な物だけで出来ています。

材料をあげると、ライム、コブミカンの葉、カンボジアの海からとれる塩、レモングラス、ターメリックなど、全てカンボジアで馴染みがある食材や、現地で手に入れられる物で構成されています。

ですので使った後の排水は自然界に対するダメージも少なく、なおかつ材料には薬効成分があるものが使われているので、肌にもとても優しい洗剤になっています。

食器洗いを初め、赤ちゃんの哺乳瓶を洗ったり、洗濯物などにも使用できます。

また使用している塩はカンポット州でとれた自然塩なので、使用後に海へと流しても環境への負担は少ないです。

洗剤を仕込んでいる様子


市販されている洗剤に含まれている成分をご存じですか?

合成洗剤には汚れを効率的に落とすために、界面活性剤以外にも様々な薬品が使用されています。


例えば漂白剤、香料、人口着色料、増粘剤、リン酸、塩素、蛍光増白剤、防腐剤、殺菌成分、抗菌剤、環境ホルモン等どれも自然界へも人体へもダメージが多い成分ばかりです。またこのような成分は自然に分解される事なく、永い間海底や土中などに蓄積されていきます。


一度洗剤の内容表を確認してみて下さい。聞いた事が無い様な成分が大量に書かれています。そして私たちはこの成分を、毎日気にせず川や海へと垂れ流しているのです。


人体への影響は?

確認されているだけでも人体への影響として言われているのは、肝臓機能の破壊、ガン、白血球赤血球の減少、失明、湿疹、精子の破壊、アトピーや奇形児の出産率の増加など様々です。

特に塩素という物質は殺菌剤として今は水道水に普通に添加されていますが、元々は人類で初めて使われたとされる化学兵器で、第一次世界大戦のときに使用されたとされています。しかしその塩素は漂白剤などに普通に添加されています。

もちろん人間の病気の原因というのは洗剤だけでは無いのですが、しかし洗剤に含まれる薬品は毎日使用する事によってゆっくりですが肌から確実に体内へと蓄積されていきます。

洗剤の汚染というのはプラスチック汚染等と違い、一見目に見えない為にあまり人々の関心を集めません。そして一回二回使ったくらいでは特に影響は出ません。しかし、安価な洗剤には本当に様々な有害物質が多量に含まれているのは事実です。毎日の生活の中で、有害物質は肌から少しづつ体内に蓄積されていくのです。


環境汚染問題は、もう見てみないふりが出来ない所に来ています。

地球環境問題が深刻化するにつれて、人間も非常に病気になりやすい身体になってきていると言われています。

ガンや精神疾患、アトピー性皮膚炎など昔はあまり聞かなかった様な病気が現代では良く耳にする様になりました。その原因の一つである地球の汚染問題は、これから生まれてくる子供たちの為にも私たちが解決させなければいけない大きな課題です。

自然界では海洋生物の個体数が激減したり、魚が大量に打ち上げられたりなどの自然現象が頻繁に多発しています。その原因は様々ですが、水質汚染が関わっている事は明白な事実でもあります。

また世界では水質汚染による生活用水の不足が非常に懸念されています。例えば中国では、川の水を初め地下水までも汚染されているので、国民は非常に高い水道代を支払わなくてはいけないし、それでも汚染水を使用しなければいけない状況です。また簡単には汚染されないとされていた深層地下水までもが汚染されているといわれていて、これを元に戻すのは何百年もかかる上、技術的にも非常に難しいと言われています。これは中国だけの問題ではなく、地球に住んでいる私達全員の問題です。


また同時にカフェを通じて、来てくれた方や地域の方などに、海山川のゴミ拾いボランティアの活動などを発信する場所を作ると共に、カンボジアの食材や名産などもカンボジアに来る方々に伝えていけたらと考えています。

工房&Caféですが、場所はカンボジアの海沿いの街、Kampot州で考えています。

カンポット州は外国人観光客からとても人気がある街の一つで、特に欧州から多くの観光客や移住者が訪れる場所でもあります。

場所は街中ではないのですが、中心街からも近くバイクで10分ほどの場所で、土地の総敷地面積は1600平方メートルあります。周りにはドリアン農園やマンゴー農園があり、またボコール山からも近くて自然豊かな最高の場所です。

(物件はこのオレンジ色の屋根がある場所です)

土地にはすでに高床式の建物があるのですが、その一階部分を改装して工房とキッチン部分にしたいと考えています。敷地が広いので庭を綺麗に整地して、そこに野菜を植えたり鶏を飼ったり、花を沢山植えてフラワーパークのようにしたいと考えています。お客さんはそこでゆっくりとコーヒーを飲めたり、アジアンチックな軽い軽食やケーキなどのスイーツを楽しめます。

敷地の木の下にはハンモックを付けて、揺られながらゆっくりと時間を楽しむ事が出来るようにしたいです。またカフェのなかで使用する洗剤は、工房で作った自然に優しい天然の洗剤です☆ 

お店には洗剤のレフィルステーションを設けて、家で使っている洗剤の空になった入れ物を店に持ってくれば、容器に洗剤を入れて持って帰ることも出来ます。プラスチックボトルの節約にもなり、誰でも気軽に環境活動に参加できます。


(土地の隣にある農家さんのドリアンの樹、シーズンには沢山のドリアンがなります。)


この近くには小さなゲストハウスやリゾートもあり、外国人観光客も多く訪れる場所です。

カンポットという街は小さいですが、街の近くにはカンボジアで一番大きい山であるボコール山がそびえ立ち、そして山からは大きな川が街に沿って流れています。

そして更に街から10分位いくと海があり、そこで穫れるカニが美味しい事で知られています。カンポットは名産が多く、山川海の全てが揃っているとても素敵な街です。

カンポットの海では昔から塩田で自然塩を作っていて、カンボジア国内の塩を賄っています。また世界的に見てカンポットは土壌がとても良いと言われていて、近辺では農業も盛んにおこなわれています。

特にカンポットで栽培されるカンポットペッパーは最高級の胡椒とされていて、普通の胡椒がテーブルワインだとすると、カンポットの胡椒はボルドーワインだと言われています。胡椒の栽培方法は完全無農薬のオーガニック栽培で厳格に栽培されていて、フランスなどでとても美味しいと評判です。胡椒は現地のレストランで手軽に食べる事が出来ます。また現地には胡椒農園見学ツアーなどもあります。

(カンポットの胡椒農園の様子)


現在カンポットは日本人には認知度が低いので、日本人観光客は少ないのですが、このプロジェクトができる事でカンポットの事をもっとたくさんの日本人に知っていただき、もっと多くの日本人観光客がカンポットに遊びに来るようになってほしいと思っています。また水質汚染やプラスチックゴミなど、環境問題への意識の変化につながっていければいいなと思っています。

プロジェクト成功の為に、是非皆さんの力を貸してください。


プロダクトのご紹介


天然洗剤の材料は界面活性剤以外は全て食べ物で出来ています。

使用方法は、食器洗い、手洗い、洗濯、車、ペット等、身体以外の様々な物へ使用することが可能です。

(村の子供たちに洗剤の作り方を教えています)

こだわり・特徴

商品のこだわりは、先ず余計な化学薬品を使用していない為に環境に優しいという事、使用する際の健康被害も無いという事です。また材料はカンボジアで穫れるライムやレモングラス、塩などを使用しています。


主な成分は全て私たちが食べられる物で出来ています。


また当プロジェクトはSDGsのコンセプトを多数取り入れたプロジェクトとなっています。

雇用による貧困の解消、洗剤による健康被害の削減、プロジェクトによる環境に対しての意識改革、働き甲斐のある仕事の創出、水汚染を減らし住み続けられる街づくり、海の豊かさを守る、化学薬品による井戸水の汚染を防ぐ、グローバルパートナーシップで洗剤による環境汚染を阻止する。 

このプロジェクトにはこのように沢山の思いが込められています。


プロダクト誕生までのお話

私がこのプロジェクトを立ち上げようと思ったのは、カンボジアでの川のゴミ拾いがきっかけでした。

カンボジアはゴミが道などに捨てられている事が多く、川や海などにも沢山のゴミが散乱しています。そのゴミを綺麗にしようと毎日ゴミ拾いをしていたのですが、毎日拾っても拾ってもゴミは毎日捨てられていくのできりがありません。

なにかいい方法が無いかと考えていると、ある日川辺に大量の洗剤の空きボトルが捨てられているのを目にしました。そのボトルは私も毎日家で使っていた安い家庭用洗剤で、カンボジアでは良く目にします。

そこで私はある事実に気づきました。


この洗剤の中身は全てこの川へと流れている。そしてそのまま海へと流れ出している。


気になった私は、洗剤が自然へ及ぼす環境への影響について、ネットなどで様々な文献を読みました。そしてその結果、私たちは知らない間に毎日毎日物凄い量の水を洗剤によって汚染してしまっている事に気づいたのです。そしてそれは現在、私たちの地球と健康を確実に脅かしています。

家庭から流れ出る汚染水による被害は、海の水の汚染だけではありません。汚染水は海洋上で太陽光によって蒸発し、雲へと変わります。そして最後には地上へと降り注ぎ、地球全体を汚染してしまいます。

現在カンボジアには十分な下水設備、浄水設備がありません。商業施設や家庭からの排水の多くは、そのまま川や海へと排水されます。そして今、カンボジアは経済発展と共に人口が増加しています。すぐ目の前の子供達の未来を想像した時に、このままでは綺麗な自然を残していけない。これからの子供たちの為に何かしないといけないと思ったのがきっかけでした。


そこから自分で色々と調べて、なんとか自分で化学薬品を使用しない環境に優しい洗剤を作り出すことが出来ました。1年半ほど自分でも使用していて、周りでも気に入って使ってくれている人がいます。

特に油汚れが良く落ちて、水切れも良く、何より洗い物の後の手荒れが一切しないという理由で、とても気に入って使ってくれています。

現在は地元のスポーツジム等から集めた使い終わったペットボトルを、洗ってリサイクルして使っています。もちろん資金調達が成功したらちゃんとしたパッケージを作って販売していく予定です。

またカンボジアには結構ゴミが落ちている事が多く、外国からの観光客から残念なコメントを聞くことが非常に多くあります。このプロジェクトを通して、水質汚染問題の解決とともに、プラスチックゴミ問題も解決していけたらいいなと思っています。

現在は私が住んでいる地元レストランと、近くの島などへ、小さくですが試験的に販売をしています。


リターンのご紹介

5000円以上をご支援して頂いた方へは、天然の洗剤と感謝のメッセージを贈らせて頂きます。

10000円以上をご支援して頂いた方には、写真とメッセージ、またカンボジアの名産のオーガニックの黒コショウ100gを贈らせて頂きます。

30000円以上をご支援して頂いた方には、感謝のメッセージと天然洗剤、カンボジア産オーガニック黒コショウ100gと、カンボジア(カンポット州)にいらした際には胡椒農園ツアーへご招待いたします。

KAMPOTの風景。自然が多く、欧州からの観光客に人気があります


製品情報・仕様

自然に優しい天然洗剤

350ml/ 500ml / 1000ml 

食器洗い用。野菜洗い、洗濯洗剤用。手洗い用。ペット用、ハウスクリーン等様々な物へ使用可能です。

特に油汚れに強く、洗い流しもサッとできますので、水の節約にも効果的です。

会社・チームの紹介

現在は私に人を雇える程の余裕がなく、私一人だけで動いていますが、資金調達ができたら工房、カフェを作って近所に住んでいる農家さんの方などを雇っていきたいと考えています。

私は飲食の経験があり、接客スキルや衛生管理スキル、調理スキルなどもカンボジアの人に伝えていけたらいいなと考えています。


Q&A

カンボジア語を喋れますかと聞かれる事があるのですが、私にはカンボジア人の嫁がいます。彼女が現地人とのコミュニケーションや通訳などをサポートしてくれます。

集めた資金の使い道は工房とお店の建設費、機材の購入、洗剤のパッケージとデザイン費などに使用させて頂きます。




このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください