はじめまして。こちらのページをご覧いただきありがとうございます。飼い主の平井と申します。
健康に見える猫の16%は心臓病と言われてる中、愛猫が肥大型心筋症という病を患いました。治療法がなく完治出来ず、投薬で進行を遅らせることができるものの、突然死の可能性もあるという恐ろしい病気です。

このプロジェクトで実現したいこと

まだ9歳の愛猫、まだまだ一緒に生きていきたいという思いがあります。心臓病の薬は数種類あり医療費も高額です。また酸素室を購入し、少しでも愛猫の心臓の負担を軽減してあげられたらと思っております。


プロジェクトをやろうと思ったきっかけ。

動物は保険が効かず、医療費が高額になります。また多頭飼いをしており正直負担が大きいのが事実です。しかしそのような理由で大切な愛猫の寿命を縮めてしまう訳にはいかないと思いプロジェクトをやろうと思いました。


資金の使い道

愛猫の医療費に使い、酸素室の購入を検討しております。

酸素濃縮器、酸素室、酸素濃度計 約30万円

毎月の医療費 約2万円


リターンについて


ささやかですが愛猫の写真集などお送りさせていただきます。


最後に

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合でも計画の実行及びリターンのお届けをします。



  • 2020/05/18 16:21

    ご支援くださった皆様方へ心より感謝申し上げます。本日は皆様にご報告があります。5/15(金)食欲が無く、おしっこも出ていなかったので急遽かかりつけの病院へ。心筋症の薬として出されていた利尿剤のせいで腎不全を起こしてしまっていました。点滴で身体に水分を入れてしまうと胸水が溜まってしまい悪循環にな...

  • 2020/03/12 19:25

    ご支援くださった皆様方へ心より感謝申し上げます。活動報告になります。本日定期検診で病院へ行って参りました。少し呼吸が早いのではないかということでレントゲンを撮ってもらったところ、やはり軽い肺水腫を起こしていました。心原性肺水腫といい、心臓病により心臓から全身に流れる血液量が低下し、心臓内に血液...

  • 2020/03/07 18:15

    ご支援くださった皆様方へ心より感謝申し上げます。活動報告になります。先日呼吸が早くなりかかりつけの病院へ連れて行った所、お薬の種類が増えてしまいました。元々薬を飲むのが得意な子ではなく、数種類の薬のうち苦い薬があるようで吐き出してしまうこともありますが毎朝毎晩頑張って投薬しています。もちろんの...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください