「サーキットを走ってみたい、けど一人じゃ不安だしどうやって始めれば・・・」そんなお悩みをもつ方の為に「サーキットを思い切り走れるレンタカー」を運営したい、というプロジェクトです。

プロジェクト本文

▼はじめに・ご挨拶

はじめまして。「サーキットで思い切り走れるレンタカーを作りたい!」プロジェクトを立案した高原友希(たかはら ゆうき)です。普段はジムカーナ、タイムアタック、レースとたくさんのモータースポーツを楽しんでいます。
しかしながらモータースポーツというのは言葉から来る先入観からか、一般的にはなかなかスタートの壁が高い趣味のようです。そこで、誰でもモータースポーツを楽しんでもらえるよう、レンタカーでサーキットを走るというシステムを考えました。



▼私がこのスポーツを始めたきっかけ

私は子供の頃から車が好きで、免許を取ってすぐにワインディングや峠を走り始めました。それほど車好きでも、ちゃんとサーキットデビューしたのは免許を取って2年以上経ってからでした。当時は周りにはサーキットに詳しい先輩や友人がいて全て教えてもらいながらでしたが、初めてのサーキット走行はすごい緊張したのを覚えています。そんな経験も含め、下の課題につながります。


▼これまでの歩み・軌跡

私はモータースポーツ走行歴15年を超え、ジムカーナやタイムアタック、レースを自分で走る傍ら、イベントや走行会のオフィシャル(運営)として皆様のモータースポーツを支える活動も多く行っています。
その中で「興味があるけど不安で走れない人や、自分の車ではスポーツ走行はできないかな・・・という方に、どうしたら実際にスポーツ走行をする第一歩を踏み出してもらえるのか?」という課題には常に向き合ってきました。

その1つの答えとして、今回のサーキットを走れるレンタカーを提案します。



▼このプロジェクトで実現したいこと

タイトル通り「サーキットで思い切り走れるレンタカーを作りたい!」のです。

このレンタカーを使って、一人でも多くの人にサーキットデビュー、モータースポーツへの第一歩を踏み出してもらえるようにご協力していきたいです。

例えるならば、スキーやスノボを初めてする人はまず道具を借りて体験する方が多いのではないかと思います。更に言えばインストラクターについてもらい、滑り方を教えてもらう。

モータースポーツだって体験するには装備を借りて、インストラクターがいる。こんな環境があることが一番易しく始める方法ではないでしょうか。



▼資金の使い道・実施スケジュール

1)レンタカー用車両購入・導入メンテナンス費用

モータースポーツを楽しんでもらうという趣旨でFR(後輪駆動)のNBorNC型ロードスターの導入を想定しています。メンテナンスは一般に言うチューニングという形ではなく、スポーツカーとして本来の性能を引き出せるようにリフレッシュを行います。またオープンカーの為乗員保護のロールバーを装着します。

※ロードスターという車は初心者から上級者まで幅広くモータースポーツのベース車両として楽しめる車種として選定しました。

2)一部は運搬用積載車(ローダー)の購入費用に充てたいです。


○実施スケジュールについて

実施時期は2020年5~6月頃をスタートとして活動を始める予定です。予約制でご利用は平日、休日問わず対応可能です。

関東圏内がメインの活動拠点となりますが、ご依頼いただければ日本全国のサーキットで対応可能です。

未成年、免許未取得の方も条件付きでご利用可能です。

広報活動はwebサイトおよび、各サーキットへのチラシ、ポスター広告呼びかけからスタートして行きます。

Webサイト:http://detonator-jpn.com/



▼リターンのご紹介

ご支援いただいた皆様にオリジナルグッズ(キーホルダー)とご支援いただいた額相当(最高1万円まで)の実際のサーキットレンタカー割引券をご提供予定(活動開始後の2020年5月~6月頃に送付予定/有効期限2021年12月まで)

その他ご多数のご支援がいただければ感謝を込めて追加で何かできることを考えさせてください。


▼最後に

モータースポーツはとても楽しく、奥が深いスポーツです。

しかし最初にも語った通り、全てを1人でスタートするには壁の高いスポーツでもあります。

そんな中で、少しでも興味を持っていただいた方に第一歩を踏み出す手助けをすることに全力を傾けたい。

今後のモータースポーツ業界の未来の為にも、ぜひとも共感していただいた方にお力を貸していただれば幸いです。

※このプロジェクトは「All-or-Nothing 方式」で募集しておりますが、達成できなかった場合でも時期や詳細は違えどこれに近い形でプロジェクトを実現できればと思いますので、応援いただけると幸いです。

  • 2020/02/01 00:44

    申し訳ありませんが、リターンの設定方法を間違っておりました。現在キーホルダーと割引券からどちらかを選ぶようになってますが、正しくは両方受け取れます。1,500円~9,500円支援でキーホルダー+支援額相当の利用割引券10,000円以上支援はキーホルダー+10,000円の利用割引券となります。分...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください