三重県下初のサーキットロックフェスとして開催する「ワオ!シグナル サーキット」ライブハウスが"ほぼ"なくツアーバンドも訪れない三重県の県庁所在地「津市」の大門エリアにて、音楽が鳴る場所を作り、継続し、街・人・文化を盛り上げようというプロジェクトです。何卒、応援宜しくお願い致します!

プロジェクト本文

【はじめに・ご挨拶】

三重県津市で昨年立ち上がりました

音楽フェスプロジェクト【ワオ!シグナル】と申します。

音楽やカルチャーを通じて街や人を元気にしたいという想いで

イベントの運営を行っております。

前回HP→https://wowsignal815.themedia.jp/


○イベント詳細

三重県初!周遊型サーキットフェス

『Wow!signal circuit』ーワオ!シグナル サーキットー

全国各地から総勢約50組以上のバンド、ミュージシャンが集結!

流行にとらわれない良質なライブミュージックを提供!

・開催日程

「春回」2020年5月10日(日)

「秋回」2020年10月25日(日)

・開催場所

「三重県津市大門」のエリアの飲食店、ライブバー、公園、お寺の境内など

複数会場にて開催。


・5/10出演予定アーティスト(例)

鈴木実貴子ズ


SOSITE


6eyes



イベントフライヤー

【このプロジェクトで実現したいこと】

三重県の県庁所在地でありながらライブハウスがなくツアーバンドのが来ない街「津市」。

その津市の中心街である「大門」はかつての繁栄を失い地元の人もあまり足を運ばないシャッター街と化してしまっています。

そんな街で周遊型の音楽フェス「サーキットフェス」を年2回の開催/継続をし、音楽のチカラで少し淋しい街に人を呼び

街自体、それに関わる人、そこから生まれる文化をこのプロジェクトを通じて元気にしたい!

中心街の公園

【このプロジェクトやろうと思った理由】

この「三重県津市」には大学や専門学校などが多数存在し若者が多くいる街でもあります。

しかしながら、その若者たちがサブカルチャーやアート・音楽などに触れるためには
都市部に出向くというのが主となり、新たなムーブメントが生まれない街となる未来が見えています。

そのような現状にジレンマを抱える地元の若者やミュージシャンの存在
また、人が集まらないことに危機感を感じている地元の様々なお店の実状を知り、

「県庁所在地、津市」をどうにかしたい!
同じような問題を抱える地方のモデルを作りたい!
そして文化の中心点を少しでも地方の街にズラしたい!

と強く思う仲間が集まりこのプロジェクトが立ち上がりました。

大門商店街

【資金の使い道】

頂戴いたしました資金に関しまして
全て当イベントの運営または継続に関わる費用に
(ゲスト出演料、会場費、各技術者の手配等)のみ使用させていただきます。


当イベントは一般的なサーキットフェスと比較しチケットの価格設定を低めにさせていただき、
来場に際してのハードルが高くないイベント作りを心掛けております。


一般チケットの売上だけでは賄えない部分の補填
そしてご来場者様にとって安全で安心して楽しめる環境づくりのため
資金を使用いたします。

昨年開催時の様子

【リターンについて】

クラウドファンディング限定グッズや各種特典をご用意しております。

○Tシャツなどのグッズ付きなどの発送に関して

■「5月10日に会場にご来場される方」
会場本部ブースにてリターン品の受け渡しをさせていただきます。

■「5月10日にご来場されない方」
開催日以降順次発送させていただきます。


【最後に】

都市に負けない音楽イベントを作り前代未聞の街で開催し、
人が集まり、文化で地域を元気にするきっかけ作りを行い続けてまいります。

うしろだても資金力もない中で、街と音楽への『想い』と
地方の未来をすこしでも変えたいという気持ちでを持って運営をさせていただきます。

ひとりひとりがこのイベントの協力者です。

あなたの手によって素晴らしい一日が作られます!

応援よろしく何卒よろしくお願いいたします!

日本三大観音のひとつ「津観音」

【当イベントの新型肺炎に関する対応について】

新型肺炎の情勢を鑑みまして当イベントは感染拡大の徹底をして参ります。

各会場への手指消毒剤の設置、定期的な会場の換気、噴霧器による空間の除菌
またマスク着用の積極的な推奨、受付での非接触体温計での体温測定などを行います。

新型肺炎の情勢により万一、2020年5月10日の開催が困難となった場合には
年内に延期日を必ず設定し、開催の遂行をさせていただきます。

現状の収束を祈りつつ、文化が途絶えてしまわぬよう運営一同、尽力いたしますので
引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください