記録映画などを最終的に作りたくてここに投稿させて頂きました。 映像で残しておけば、後々まで残る世界があります。記録として思い出を閉じ込めたい、そんな感じで始めました。極楽遊楽

プロジェクト本文

皆様初めまして、ユーチューバーやってます極楽遊楽と申します。

先行してユーチューブで初めてみましたが、動画アップにも時間がかなりかかる事がわかりました。

その為アーカイブとして映像を記録し、編集で作品として切り出した方が効率が良いと考えました。

そうなると莫大な資金が必要となるので、ここを使わせて頂きたいと思ったのです。

基本的には今現在国や県、市によって管理保護されている場所はまだ大丈夫でしょうか?

寺社仏閣も檀家さんや氏子さんによって支えられている限り、大丈夫でしょう。

でわグレーゾーンはどうでしょうか?その周辺とか個人さんの土地に(正確には食い込んでたりはみ出したりした土地がかなり実在します)因みに両隣とか前後に大きな建物が建っている所も存在します。

2年前に訪れた時には無かった大きな看板(広告用)が立ってたり、檀家さんや氏子さんの減少によって維持出来なくなり墓地を残して廃寺になる所も。

看板が立ってたのは境界ではなくお隣の土地だそうで、最初は窓くらいの大きさだと聞いていたらしいのですが…出来上がったら縦1.8m横3mの堂々たるものだった。

お隣の土地なので揉めるのを嫌がって何も言わなかった(言えなかった)そうです。

そういう事は景観などにはもっと多いようです。

逆に平城京のように真ん中に近鉄特急が走ってると、私は見てて楽しいと思いました。

奈良にはリニアモーターカーって看板が大きく掲げられていますが、どこにレールがひかれるのか気になります。

京都は在来線の隣に新幹線ホームが並んで出来てます。

景観はやはり京都と同じまではいかなくても、変わってゆくものだと思います。

京都も奈良もそこには人々が居て生活があります。

人の住みにくい町ではダメだと思うのと、今の子供達が住める環境を残しておかないと思わぬ過疎化に繋がりかねません。

そんな事を見たり聞いたりしてふと思ったのです、昔の写真を手に持って探して歩く。

テレビ番組でこんなシーンありますよね?

それが確実に残ると、何年何十年経っても残るとなればどういう事であれ嬉しくないですか?

見られなくなる物・風景・景観、最近奈良と京都に行ってよく思います。

嵐山の景観は年々とまでは言わなくても、久しぶりに行くと変わってる部分があるのがわかります。

住んでおられる方やその方の考えも尊重しなければですが、お父さんの代にはこんな事なかったと話を聞く機会がありました。

細い道の曲がり角にあるお家なのですが、以前はすれ違い(一方通行ではない)を快諾されていて助かっていたのです。

が、一切敷地に入るなと(今は看板無くなってます)木製の看板が8ヶ月間ありました。

個人のお宅なので当然の事なのですが、やはり皆さんの説得に応じられて撤去されたそうです。

それのどこに景観が関係あるのか?そのお家は1階建ての平屋造りで趣のあるお家でした。

季節ごとにプランターにお花が咲いていて、道の手前から綺麗だなと思っていました。

今は何もありません、それが普通なのかもしれません。

先日久しぶりにその辺りを散策しましたが、お母様がおられたのでお話させて頂きました。

ご主人は生花を育てて販売されてたようで、その発育を見る為のプランターだったそうです。

花の種はバラつきがあるそうで、それを記録されておられたようで拝見して感動しました。

たった何ミリかの違いで花の大きさや咲き方まで違うのを、初めてしりました。

今はそのビデオがご主人との良い思い出だそうです。

そんな些細な事かもですが、それって大切な事だと思うのです。

個人の記録や個人宅の並びなどで景観はずいぶん変わります。

奈良や京都の方達は大変だなとよく思っていましたから、これからも出来る限り撮り続けていきたいです。

広島にも半年住んでた事があり、やはりご近所のお家が建て替えられると心配なさってる町内会の方がおられました。

大きな建築会社なら3Dモデルをつかって、実際の見た目を見せてくれたりします。

そういう物が無ければ、出来あっがてみなければわかりません。

何度もお話されてましたが、個人のお宅なので「こうしろ」「ああしろ」は間違ってると思いました。

それだけその町内の雰囲気が好きなんだなとも思いました。

日本はその単位でみるととてつもなく広いです、自分だけでは撮り切れないと会社にしたいと思ってます。

後に続いてくれるよう、ちっぽけな事でしょうが精一杯やってみたいのです。

撮影機材一式(カメラ本体と周辺機器プラス三脚とレンズです)で¥4,131,744-

保管場所はとりあえず自宅に設定します。

取材経費(奈良・京都・滋賀・岐阜予定)¥1,200,000-

合計¥5,331,744-になります。

¥906,397-が手数料などです。

私がやりたいのは、クローズアップされない所も含めて残していきたいのです。

映像はその人にとって特別な物になりますから、記録を残すのは次代(お子さんやお孫さんに)に繋がる大切な事だと思います。

大げさな言い方になりますが、映像だから残せる世界があるのです。

なお御支援頂いた方には無料券なども配布させて頂きます、交通費などは応相談になりますが基本撮影は無料ですので些細な事でもお気軽に。

冠婚葬祭などの利用も可能ですが、業者さんのおられる所には関与出来ませんのでよろしくご理解いただけますよう。

本当にどうぞ宜しくお願い致します。

最後になりましたが、一応極楽遊楽はARMY名義のユーチューブチャンネルです。

実際このプロジェクトが稼働した時には、株式会社として適切な名前を募集しますのでよろしくお願いいたします。

極楽遊楽はそのまま残ります、小ネタもやってますので見て頂ければ幸いです。

ありがとうございました。

スケジュール

4月末から機材購入準備並びに交渉に入ります。

入金次第購入に向かい、機材のチェック終わり次第撮影に開始します。(最初は京都嵐山の知人宅の裏山です)

そこの撮影がてら渡月橋から嵐山を回ってきたいと考えてます、1か所向かってその都度材料を創る感じになります。

今年5月に会社として起業したいと考えております、HPも新設致します。

年内は映像集めに徹しようと思っています。

来年以降の制作状況などは、HP掲示などで御報告が出来ると思います。

最終的には皆様に引換券を使って頂けるだけでも、映像が残る事に繋がると考えます。

記録は後の時代に、大きな財産を残せると信じます。















このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください