■「こんなの欲しかった!」と思える新しい商品のご紹介

この商品名は「To-King(トーキング)」と言います。
意味としては、通常は「話すこと」で「Talking」という英語表記となりますが、当社として、少し面白く、そして、親しみを込めた造語で名前を決めたかったという想いから、この名前にしました。

デザインとしては、すぐに見て分かる通り、耳掛け式で、先端にはスピーカーが付いております。要は、あなたが話した言葉を本体が聞き取り、Bluetoothで繋がったスマートフォン経由で、そのスピーカーから、声が発信されます。

                 To-King 本体画像


使い方はすごく簡単。
商品を片耳にかけて、自分のスマートフォンとBluetoothで繋ぎ、アプリを開いて、あとは自分の思うように使うだけ。AI翻訳を使うなら、「翻訳」アプリを使用して頂ければ、OKです。

ただ、現在のAI通訳では、誰もが経験したことがあると思いますが、こちらの言葉をちゃんと聞き取って通訳してくれないことや、少し長文になると、対応しなかったりなど、ストレスを感じることも多いと思います。そこで、世の中には、色々な通訳アプリがありますが、例えば、「株式会社Oyraa(オイラ)」の24時間いつでも「ヒト」が通訳をしてくれるアプリ「Oyraa(オイラ)」を使用することで、そのストレスから解放されます。

「Oyraa」は24時間いつでも通訳者を呼び出すことが出来て、専門分野も選べます。しかも、費用についても、通話時間として、1分単位での課金になり、使った分だけ請求されて、初期費用も月額費用も不要です。

つまり簡単に「ヒト」を呼び出して、気軽に通訳をしてもらうことを実現するための商品が、「To-King」です。使用イメージも、小さな通訳者が、あたかも自分の肩の上に居るように、あなたのコミュニケーションを助けてくれます。

またそれ以外でも、通訳が出来る人が身近にいれば、通話アプリを使用して、通訳をしてもらうことも可能です。LINEやSkype、また電話など通話機能を使って、To-Kingをご利用下さい。



■「To-King」の大きな3つの特徴

大きなこだわりは、携帯性と使いやすさ、そして自然の会話に近づけることです。
またデザインとしても、シンプルになっており、小さなスピーカーからのワイヤーにて、自由に調整が可能です。

To-King」の特徴は大きく分けて、3つあります。

①簡単な使いやすさと高いポータビリティー性商品としては、ボタン一つで電源が入り、Bluetoothと繋がり、あとは音量ボタンにて調整を行なうなど、操作が簡単です。また、イヤホンのように片耳に掛けるだけで、手に持つ事なく、ハンズフリーで使う事が出来ます。つまり、商品自体も非常にコンパクトで、高いポータビリティー性を持っています。

②AI通訳だけではなく、簡単にヒトが通訳できるように、“ 繋げられる ” 商品ほとんどの翻訳機がAI通訳のみとなっている中、この「To-King」は簡単にヒトと繋げてくれます。よって、簡単にアプリで24時間繋がる通訳センターに繋ぎ、通訳者を呼び出して、快適で安心感が溢れるコミュニケーションが可能です。

③圧倒的な価格帯によるコストパフォーマンス
色々な通訳機が数万円以上する中、「To-King」は価格を4,980円で販売する予定です。また価格帯による品質を他社と比較しても、圧倒的なコストパフォーマンスだと自信を持って、オススメが出来る商品です。

この大きな3つの特徴を持ったのが、「To-King」です。



■製品情報・仕様


商品を使用するにあたって、耳掛け式が苦手であったり、片耳の装着では安定しないというヒトにも、安心してもらえるように、To-Kingのオリジナル・ヘッドバンドも付属しておりますので、頭部に装着して、気軽にご使用頂けますので、ご安心下さい。

                To-King ヘッドバンド画像




■リターンのご紹介

①「To-King」1個 4,980円 → 4,500円(消費税・送料込み)

②「To-King」2個セット 9,960円 → 8,500円(消費税・送料込み)

③「To-King」10個セット 49,800円 → 40,500円(消費税・送料込み)

④「To-King」20個セット 99,600円 → 80,000円(消費税・送料込み)



■Q&A

Q. スマートフォンがないと使えませんか?

A. 勿論、Bluetoothが繋げる商品でタブレットでも使用は可能ですが、ポータビリティー性を持つなら、スマートフォンをオススメしております。


Q. 通訳をしてもらうためには、必ず、通訳者アプリを使用しなくてはいけないですか?

A. いいえ。通訳が出来るなら、友達にでも依頼しましょう。電話で繋いだり、または通話が出来るアプリでも使用が出来ますので、通訳が可能なヒトを頼りましょう。勿論のこと、遠隔でも通訳が可能にできる商品です。

Q. オフラインでも使えますか?

A. 基本的にはオフラインでは通訳は使えませんが、オフラインでも使えるアプリがありましたら、可能かと思います。


Q. 充電はできますか?

A. 充電USBコードは同梱されておりますので、そちらをご使用下さい。


Q. 耳掛け式の装着が苦手で、よく外れてしまうのですか・・?

A. ご安心下さい。To-Kingはその問題に対して、解決できるように、ヘッドバンドを付属しております。そちらをご使用して頂ければ、耳掛け式が苦手な方でも、安心して使う事が出来ます。


Q. 海外でも使えますか?

A. 勿論、Wi-Fi環境があれば大丈夫です。スマートファンにて会話が出来る状態と同じで、通信が出来る状態でしたら、通訳も問題なく活用できます。


Q. 防水機能は付いていますか?

A. いいえ、防水仕様ではありませんので、予め、ご了承下さい。


Q. PSE認証/技適マークの取得については、どうなっていますか?

A. こちらについては、もう申請済みにて、2021年1月中には取得予定となっております。また、お届けする前は必ず取得してから送付を行ないますので、そちらについては、ご安心下さい。



■プロダクト誕生までのお話

DOKEでは、世の中で抱えているストレスの慣れから、本来、あるべき姿に近づけるような商品を創りたいと、常々、想っておりました。

その中で海外出張も増える中、自分自身の英語力とジェスチャーで何とかなるだろうと思い、現地に行くものの、実際は自分の英語が通じなかったり、現地の人に首を傾げられたり、散々な思いをしました。。

そこで、まず思い付いたのは、「そうだ!英会話を習おう!」と思い、色々な英会話教室を探しました。

しかし、当然のごとく、英会話を習うのには、費用も時間も奪われます。勿論、これを自己投資という人もいるでしょう。ただ、他にもしなくてはいけないこともあるし、プライベートだって、色々とあるのに、本当にちゃんと続けられるのか?という不安なイメージしかありませんでした。

そこで、ふとした考えに辿り着きました。

そもそも、自分が英語を覚えても、どのくらい使うんだろ?


確かに自分で勉強して、一人で思った通り、英語を話すことが出来れば、すごく理想ですが、ずっと海外に居る訳でも無い。そもそも、本当にそんなに英会話を使うような人生なのかな?結論、人生の中で英語を話す時間って、計算すると、どのくらいになるんだろう?英会話スクールに行って、多くのお金を払うぐらいなら、その時だけ、英会話ができるようなモノに費用を払った方が、それが一番、時間を含めて、費用対効果がイイんじゃない?と考えるようになりました。

それじゃ、どうする?

確かに世の中はAI翻訳機の流れが来ている。それを必要な時にだけ、使えばイイかも知れない。しかし、使ってみると、上手く伝わらないストレスもあるし、安心感も無い・・。


それじゃ、安心感って何?

すぐにイメージが出来たのは、英語が堪能な友人との海外旅行でした。アレは本当に安心できました。
それなら、そういうヒトを必要な時に、簡単に呼び出せるものがあれば、イイんじゃないか!!という発想から、毎日、試行錯誤の日々が始まり、開発に向けて、動き始めました。

正直、商品が完成するまで、色々な問題もあったし、何度も何度も否定も批判もされてきました。
その問題を忍耐強く、一つ、一つ、解決してきたことで、ようやく「To-King」が誕生しました。

「外国語を勉強しなくちゃいけない!」というストレスを抱えているなら、一度、コチラの「商品のコンセプト動画」をご覧下さい。その悩みを解決できる一つの方法になるかも知れません。




■株式会社DOKEの紹介

株式会社DOKEのビジョンは、「事業を通じて、世の中の価値観を変えること」です。
その中でも、「本来あるべき姿」を追求して、カタチがあるモノを創りたいという想いを、常々、抱えながら前進しております。

個人的な感情を踏まえて、自分の考えをクチにするのであれば、日々、「これはこういうモノで、これが普通だよ。」と理想ではない物事に、色々と感じているストレスを、そう簡単に肯定したくはありません。

だからこそ、少しでも「あるべき姿」に近づけるように、僕は株式会社DOKEという組織でありながら、チームで、色々な方向性から、世の中に新たな提案をしていきたいと考えております。

勿論、当社の提案するものが、全ての人達が当てはまるとは思っていません。
ただ、その中でも、何人かは、「そうそう、こういう商品が欲しかったんだ!!」と共感してくれる人がいると信じており、そういう人達のために、当社が存在している意義を見出しては、カタチにしていきたいと強く想っております。

この商品に留まらず、今後も色々な商品を作っていきたいと思っておりますので、会社の名前だけでも覚えといて頂ければ幸いです。

宜しくお願い致します。



■ 特定商取引法に関する記載

◯ 販売事業者名: 株式会社DOKE

◯ 事業者の所在地:〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西4−3−32−9F

◯ 事業者の連絡先:Tel: 06-6940-6555 メール: info@do-ke.jp
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。

◯ 商品の販売価格・役務の対価:各リターン記載のとおり

◯ 対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり

◯ 代金の支払時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した時点で、支援金の決済が行われます。All-in方式の場合は即時で決済されます。コンビニ払いは、コンビニエンスストアで所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。銀行振込(ペイジー払い)は、ATMまたはネットバンキングにて所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、Paypayは各決済画面により支払いが完了した時点で決済が行われます。

◯ 支払方法:クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い/PayPal/Paypay。お支払いの手数料に関して、コンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込ご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。

◯ 商品引渡しまたは役務提供の時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した場合のみ、支援金の決済が行われ、約定されたリターンを得る権利が発生します。なお、リターン毎の発送(履行)時期は各プロジェクトの記載・連絡に準じます。諸般の事情により遅延・遅配が生じる場合は、プロジェクトオーナーより記載・連絡されるものとします。

◯ キャンセル・返品: 利用規約記載のとおり、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください