《それは紛れもなく、気持ち悪い現実》 ミレニアム世代の若者4人が見る「夢」と「現実」を映すヒューマンサスペンス。物語の後半、理不尽な現実にあなたは目をそらさずにいられるか。 映画祭での受賞を目標に自主映画の制作に挑戦します!!制作費のご支援、プロジェクトの拡散をよろしくお願いします!!!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

初めまして!自主映画の制作をしています、Ry-Ann【リーアン】と申します。私はシナリオセンターで脚本を学びながら、映像制作団体に所属し脚本・演出という立場で映画を作っていました。今回、初監督・プロデュース作品を制作することとなりました。絶対に見た人を楽しませる作品、心に突き刺さる作品にします!

プロジェクトをやろうと思った理由

ーこれは私にとって「青春」でも「夢」でもないー

私は現在都内の大学に在学中の大学生です。映画作りをしたいと周りの大人に相談した時、よく言われるのが「青春だね!」「夢があっていいね!」等の言葉です。もちろん映画作りは20代という大事な時期に経験できるのはとても贅沢なことだと思っています。青春・夢など、青く若々しいもの思われるかもしれません。そして、現代の日本において私のように情熱をもって何かに取り組んでいる人が多いとは言えないこともわかっています。ですが、だからこそ自分のやりたいことをやり遂げるには《愚直に・一歩ずつ・現実を見て》進んでいかなければいけないと思っています。すべての情熱を掛けられるものを持っているだけで満足せずに先輩方の知恵と経験をお借りしながら、地に足をつけてプロジェクトを成功させたいです。この世界の先輩方の目の片隅に入り込めるように上映まで努力し続けたいと思います。

ー同じ目標を持つ同志の方たちの踏み台になるー

私にとってこの映画を作る大きなきっかけとなったのが実際に俳優として生活しようとしている役者さんたちとの交流です。それまで普通の大学生だった私にとって所属を持たず、やりたいことをやり続けるために活動している役者さんたちの生活にとても驚かされました。そして同時に私自身の映画作りに対する思考の生ぬるさを痛感しました。映画で食べていこうとしている同じ目標を持つ俳優さんに、まだ社会にも出ていない私ができることはいい脚本を書いてそれを全力で売り込むことだと思っています。今回の脚本も何回も話し合いを経て満足のいく形に持ってくることができました。「事務所がすべて」「配給会社がすべて」の今の日本の映画界に俳優さんたちが少しでも手を掛けられるような大きくて力強い踏み台になる覚悟でいます。

ー私に映画作りの楽しさを教えてくれた先輩方への感謝ー

昨年度、私は脚本・演出という立場で短編映画の制作にかかわりました。そこでは先輩方に映画制作の楽しさ・達成感を教えていただきました。その経験もあり、今度は自分が ”船長” として一つ大きな映画を作ろうと決意しました。今回のクラウドファンディングでの支援者を含めた関係者全員が楽しかったと思えるプロジェクトにしたいです。

ーそして…-

作った人・観た人全員が自信をもって薦められる、「一番観たい!と思える」映画の制作を目指します!

本映画のテーマ・あらすじ

テーマは
『気持ち悪い現実』
『どうしようもない理不尽さ』

あらすじ
 北条大学2年・映画研究部の松島大紀は先輩の有村竜之介と彼の卒業制作となるドキュメンタリーを作り始める。そこで出会ったのは俳優志望の青年・久我奏汰。
 竜之介は彼の俳優という職業に対する想いや彼のバックグラウンド、彼を支えた彼女・長月桜との関係を映像に収めていく。
そして大紀はお世話になった先輩の最後の作品を精力的に手伝った・・・。

だけじゃ無かった。

「僕、竜之介さんに出会うまで《人間嫌い》だったんですよ。自分以外の人に興味がなかったんです」

ドラマチックに進むドキュメンタリー制作。その中で、

…ある日を境に暴れだす狂気と心をむしばむ現実。

1つの物語と1つの事実の中で、
彼らの目には何が映ったのか…。

物語の後半へ向かい
加速する真実、
繰り広げられる理性と感情の攻防戦

ネタバレ厳禁!!!
目をそらしたくなるような
「気持ち悪い現実」
を描く
『マルチアングルヒューマンドラマ』

(脚本・監督 Ry-Ann、撮影 南靖比呂)


キャスト

松島大紀役 鈴木大也

 

【出演歴抜粋】

 2019年  早川監督「いる」

 2020年  舞台「シェイクスピア 間違いの喜劇」 主演・アンティフォラス役

         渡邊将志監督「タイムカプセル」



久我奏汰役 西塚郁哉

 【出演歴抜粋】

 2018年 

「アンナチュラル」7話  

 2019年   

「午前0時、キスしに来てよ」

「HIGH&LOW THEWROST」キドラ役

「終わった人」宮川真役



長月桜役 桜木聖茄

 

【出演歴】

 2019年  

Fil'm'ove 制作「ガールズ」本郷あかり役


有山竜之介役 宮田拓

【出演歴抜粋】

2018年

映画「real chic」

 2019年 

映画「ドッグデーズが終わる時」

  舞台「Monocles」

 2020年

 映画「そこに誰もいなくても」

               


このプロジェクトの目標

このプロジェクトの目標は

・映画祭での受賞

・劇場での上映

です。決して簡単な目標ではありません。しかし、キャスト・スタッフ全員が今回の映画制作を通してこの世界に自信をもっていられるような実績を作りたいと考えています。ほとんどのメンバーが駆け出しのチームですが”良い映画”であることに関係者個々の過去は関係ないと思っています。私たちの初めの一歩にご協力よろしくお願いします。



資金の使い道

ロケ地のレンタル・小道具の準備

キャスト・スタッフの報酬

上映会やフォトブック等リターンの制作

映画祭の出品



リターンについて


*新型コロナウイルス感染拡大防止による撮影延期のためお伝えしている時期にリターンの送付ができない状況になっています。しかし、映画は必ず完成させてリターンの制作・上映会の実施まで遂行します!応援・ご支援、よろしくお願いします!


①ランダムポストカード4枚(劇中&オフショット)の送付  

撮影:西荻ミナミ https://twitter.com/minami_nishiogi?s=20

          監督作品 http://www.utakoi.net/

②台本・脚本レプリカ送付

③フォトブック送付

撮影:西荻ミナミ

④サウンドトラックCD送付

制作:mi-on http://www.fouga.net/?fbclid=IwAR3F29NQ5cX2W2ZrXczu2pWPO42iCPDunmddopuMfrHep46gC5QjarN67h0

⑤本編 BRorDVD送付

⑥本編+特典 BRorDVD送付

⑦完成披露上映会ご招待

リターンでお送りするメディアに関して、今後使用していくための権利は本映画制作団体にあるものとします。



スケジュール

2020年2月~ 制作メンバー組織づくり、撮影準備・打ち合わせ

3月中旬~オーディション・リハーサル

3月下旬~撮影(現在撮影延期中)



最後に

初監督作品として自分の脚本に自信をもってスタッフ全員と力を合わせてプロジェクトを遂行し、キャストの演技としっかり向き合い、いい映画にします!

自分の経験と感性をすべてこの作品にぶつけたいと思います!ご支援よろしくお願いしますm(__)m!


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/05/22 18:07

    クラウドファンディング終了いたしました!2020年5月20日0時にクラウドファンディングを締め切りさせていただきました。達成には至りませんでしたが30人以上の方々にご協力いただくことができました!4月上旬から始めた撮影も新型コロナウイルス感染拡大防止のために延期してしまい、混乱が続く状況の中で...

  • 2020/05/17 21:17

    お久しぶりです!!クラウドファンディング残り三日を切りました!終盤に入り達成率が10パーセント・支援者が30人を突破しましたm(__)m!日頃の応援ありがとうございます。YouTubeチャンネルでインタビュー映像・予告編を公開しているのでそちらもチェックしてみてください!チャンネルはこちらから...

  • 2020/04/22 10:00

    「あなたのちょっとした"できること"を交換。」cocanというサービスでライターのみくりや佐代子さんにインタビューしていただきました(^^)/監督Ry-Annのこれまでと映画のこれから。是非読んでみてください!【↓インタビュー記事↓】こんにちは。ライターのみくりや佐代子です。今回は「それは紛れ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください