日常生活において、私たちは重い荷物を持ち歩くことが多く、肩には大きな負担がかかっています。 私たちは30年余りにわたり、商品開発、試行錯誤を繰り返し、肩へのストレスを軽減できる3Dショルダーベルト「JFT」を開発しました。

プロジェクト本文

日常生活において、私たちは重い荷物を持ち歩くことが多く、

肩には大きな負担がかかっています。

 

私たちは30年余りにわたり、商品開発、試行錯誤を繰り返し、

肩へのストレスを軽減できる3Dショルダーベルト「JFT」を開発しました。

JFT反重力肩パッドは複数の立体エアセル、多重対流技術のラップアラウンド耐荷重方式で体型に合わせて形状が柔軟に変化し、荷重を分散させることができます。

9個1組の立体エアセルは、多重対流技術を利用し、ラップアラウンド耐荷重方式により、重力をかけると同時にエアセル同士の空気が均一に行き渡ります。

 

 

さらに垂直荷重だけでなく斜め方向、ねじれの荷重にも柔軟に形状を変化させ、優れた体圧分散性、荷重吸収力を発揮!

 

力を分散させることで、できる限りあなた肩の負担を減らします。

 

 

JFTの姉妹商品である3Dエアクッションですが、おかげさまで多くの方にご支援いただきました!引き続き皆様のお悩みを解消するため、同じ多重対流技術を利用したJFT肩反重力3D肩パッド2.0を開発しました。

 

JFT反重力肩パッドは3Dエアセル間に隙間があり、熱伝達を減らしてくれます!

一般的なショルダーベルトでは体との密着によって空気が逃げられず、蒸れて汗だくになってしまうこともあります。

そんな悩みも解消し、より快適にご利用いただけます!

 

【高い互換性】

JFTは汎用性が高く、ほとんどのショルダーベルトに対応します!

また装着はわずか数秒で非常に簡単ですので、多くのショルダーベルトに使いまわしすることが可能です。

 

 

【資料やPCなど、重い荷物を持ち歩くビジネスマン】

【抱っこ紐が手放せない、小さいお子様を持つご家庭】

【教科書やPCなど、たくさんの荷物を毎日持ち歩く学生】

【登山や旅行が好きなアウトドア派の方々】

【一眼レフなど重量感のあるカメラを持ち歩くカメラマン】

 

その他、重い荷物を携帯する方々に、「JFT」はきっとアナタの力になります!

 

 

 

そして、「JFT」は減圧だけではありません!!!

 

サイズは全部で4種類!

ほぼすべてのショルダーベルトでご利用いただけます!

■商品詳細 ( 特許出願中PCT/CN2016/83389 )

商品名 JFT反重力肩パッド2.0

重さ  Sサイズ 片側用1本入り 50g

    Mサイズ 片側用1本入り 65g

    Sサイズ 両側用2本入り 80g

    Mサイズ 両側用2本入り 135g

色   ブラック

材質  PU+ナイロン

実用新案出願中(権利者:JFT、出願国:中国など)出願2017-600085

 

■商品化の理由■

出張、通学、撮影、ゴルフ。。。


我々は日常生活で、重い荷物を長時間持ち歩くことがよくあり、知らぬ間にそれが習慣となっていて、実は体に大きな負担を与えていることを忘れてしまいがちになっています。


重い荷物から体にダメージを与え、肩への負担に悩まされる方も少なくないと思います。そのようなお悩みを持つ皆様に、我々はエアクッションの技術をアレンジし、肩の負担を軽減するショルダーパッドを開発しました。

 

■本プロジェクトについて■
本プロジェクトの全ての製品は、中国のfangaoleが製造し、日本国内での流通販売を日本正規販売店の株式会社デルエフが担います。

fangaole
中国に本拠地を置く、JFT肩パッド2.0の製造元。

株式会社デルエフ
JFT肩パッド2.0の日本正規販売店。まだ日本に流通していないが海外で評価が高く新しいブランドと総代理契約を結び、ビジネスを展開中。
 

 

■よくある質問■

Q.何キロの重量まで耐えられますか?
A.耐荷重80kgとなっています。

 

Q.洗えますか?
A. 中性洗剤を使い、手洗いできます。漂白剤や漂白剤入りの洗剤を使用すると、素材の変質・退色等が起こる可能性がある為、使用しないでください。

 

Q.他類似製品との差別化ポイント は?
A. 本製品には、ベルトのエアセルの表面に、滑り止めがついています。重い荷物を背負ったり肩にかけたりする際、ずり下がりも「重い」と感じてしまう要因の1つだと考えております。

  • 2020/03/10 18:21

    皆様のご支援のおかけで、目標金額を達成致しました!!ありがとうございます。https://camp-fire.jp/projects/view/232970通勤や通学などで重いカバンをお持ちになる方は多くいらっしゃると思います。そういう日常の中での負担の一つ、肩の負担を軽減する肩パットを少しで...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください