失敗から生まれた「阿波しじら織」が、日本の夏を快適にする!アイロンの必要がない?凹凸が魅力の生地!

プロジェクト本文

失敗から生まれた阿波しじら織が日本の夏を快適にする!

▼ご挨拶
みなさん、初めまして。CHI2ES代表の齋藤智恵です。
この度、「阿波しじら織が日本の夏を快適にする!」に興味を持ってくださりありがとうございます!
地域の魅力を発信するブランド『CHI2ES(ちーず)』を立ち上げるためにクラウドファンディングに挑戦します。

ー阿波しじら織の誕生ー
昔々、安政3年(1856年)花という娘が新しい織物を作ろうと日夜研究しておりました。
ある日花は、自家用の着料として織り上げたシャガ縞を戸外に干していたところ、夕立にあい、取り入れる間もなく濡らしてしまいました。
間もなく止んだ夕立のあとは、焼けつけるような夏の日差しでした。
夕方になり乾いた織物を取り上げてみると、布面のところどころに縮みがあるのを発見し、このことをヒントに試行錯誤を繰り返し阿波しじら織りが誕生しました。
長尾織布(昔の製作写真)

ー阿波しじら織の特徴
阿波しじら織の一番の魅力は「シボ」と呼ばれる凹凸です。
綿素材であるため吸湿性にも富み、シボによる独特なサラリとした着心地と清涼感は今のジメジメした湿気が多く暑い日本の夏に最適なんです。
また洗ったあとは、畳みジワ以外の気になるシワを伸ばして陰干したあとは、阿波しじら独特のシボを守るため、基本的にはアイロンは必要ありません!
(シワが気になる場合は当て布をして軽くかけてください。)

この点からも、阿波しじら織は忙しい現代人にピッタリなんです!!

【まとめ】阿波しじら織の魅力ポイント!!
・汗をかいても肌に張りつかない。
・基本的にはアイロンは必要がない。
・肌触りが良く、軽くて涼しい。
・独特の風合いと美しさ。

阿波しじら織拡大画像
ー立ち上げの背景ー
婦人服の仕立て屋で働いていた母親の影響を受けてファッションデザイナーを目指しました。
しかしそんな中、2011年3月11日(大学に進学する年)に東日本大震災が起こり、「何かできることはないか?」と考え大学の長期休暇を利用して岩手県・宮城県でボランティア活動に参加するようになりました。何度も東北で活動することによって東北のファンになりました。
そんな中、きっかけバス47という学生主体のボランティア活動の徳島県代表を務めることとなり、この活動を通して東北と徳島県架け橋になると決心をしました。東北の方に、徳島県のことを知ってもらうため、徳島県内の企業に呼びかけを行ったときに阿波しじら織と出会いました。
このブランドを立ち上げるきっかけになった「きっかけバス47」@気仙沼無事、プロジェクトを終えたあと徳島県の街おこしと関わるようになりました。そのことにより、徳島のさらなる魅力に気づくことができました。そして大学を卒業後、文化服装学院に進学し2年間ファッションに関するあらゆることを学びました。その中で2年目の時に、文化服装学院の目玉である文化祭ファッションショーの映像係YouTube長を務めることになりました。この経験がきっかけで卒業後には文化服装学院の教員として勤めましたが、ファッションデザイナーの夢が諦めれず1年で退職し、一度徳島県に戻ることを決心をしました。私のこれまでの経験からできるファッションデザイナーとはどういうものなのか模索している時、大学生時代一緒に東北支援活動をしていた仲間から結婚披露宴用カラードレスの制作依頼をいただきました。
制作したカラードレスこの経験から、私だからこそできるファッションでのあり方を作り出したいと強く想い「ファッション×地域の魅力発信×人と人を繋ぐ」ファッションブランドを立ち上げることを目指し、CHI2ESが誕生しました。


ーCHI2ES由来ー
・あだ名「ちー
・誕生日222
・ハッピーな印ピースサイン(2)!
・写真をとるときの掛け声「はい、ちーず
『みんなが笑顔になるブランド提案をしていきます』という想いから作られたブランドネームです。

ー叶えたい未来ー
「ファッション×人と人を繋ぐ×地域の魅力発信」
私の人生の中で、東日本大震災は大きな出来事です。
東日本大震災復興活動を通して『あたりまえ』の意味を考えるようになりました。
生活する中で外せない『衣・食・住』にこだわるようになりました。
その基盤には、いつだって人(相手)がいてその中で、たくさんの選択肢から私たちは選んでいます。だからこそ、こだわりをもって生きていくという選択を価値としてもっていただきたいんです。
その選択の先に守れるものがあるからです。
地域の魅力って、知ってるようで知るきっかけがなくって見逃していることが多いことを私は大学生時代痛感しました。
今の時代、どこに住むのも可能です。だからこそ、地元のモノにこだわってみたり旅で訪れた場所のモノを選んでみたりして欲しいです。
また、日本がこれまで生み出してきたものだからこそ今の私たちにあったものがあるのです。それをぜひ、自分の目で確かめる機会を増やしていきたいです。
日本の伝統・技術は私たちのモノなんです。

資金の使い道・実施スケジュール予定

◆商品の作成
◆オンラインストア開設
◆東京都・徳島県でのポップアップ・ストア(2020年6月,7月)

設備費:約15万円
制作費:約30万円
広報費:約15万円
CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料・返礼品:約30万円

ーリターンのご紹介ー

リターンには、阿波しじら織商品はもちろん!
徳島の美味しい魅力阿波畜産ブランド阿波尾鶏・阿波牛をご用意いたしました!

阿波しじら商品:長尾織布さんの阿波しじら織を使って1つずつ丁寧に真心込めて齋藤が制作をさせていただきます。
阿波尾鶏・阿波牛:ミシュランガイドの三ツ星に選ばれた日本料理店に納入している肉の西林さんのこだわり抜いたお肉を阿波しじら織の風呂敷で包みお送りさせていただきます。

長尾織布

肉の西林(厚生労働大臣表彰 商品衛生)

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/04/27 19:16

    支援してくださった、みなさま本当にありがとうございました*おかげさまで56名様より525,280円の支援をいただきました!『スタートはここから。』だと心を引き締めて前へと進んで行きます!みなさまから頂いた、想い・チャンスをより多くの方の笑顔へと繋げていけるよう頑張っていきますので、引き続きあた...

  • 2020/04/26 13:07

    わぁー、あと12時間ですね。このクラウドファンディングは、2019年11月からたくさんの方々のご協力を得てやっとできた挑戦です。力を貸してくださった方々本当にありがとうございます!真剣に向き合ってくださって…すごく愛を感じました。リリース後まさかの、新型コロナウィルス感染拡大。そして、深刻化し...

  • 2020/04/24 10:54

    あと、3日となりました*!ご支援くださった方々そして、応援の言葉をくださった方々本当にありがとうございます‼︎不透明な今の状況を考慮して、本プロジェクトの返礼である『しじら織工場見学/藍染体験』・ポップアップストアのご連絡です。『しじら織工場見学/藍染体験』ですが、7月を予定しておりますが、状...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください